きまま_103
先輩社員との体験談について話そうと思います。

僕は当時、まだ会社に入って1年のフレッシュマンでした。

何とか仕事も覚えて先輩たちとも仲良くしていた時のエロ話です。


ゴールデンウィークを使って旅行に行こう、と25歳の男性先輩からの話がありました。

僕は断る理由も無くオーケーを出したのですが、その時に他に参加するメンバーが女性の先輩二人です。

どちらも23歳。



男女混合の旅行に緊張と楽しみが混合していたことを覚えています。


元々その男女の先輩たちは仲が良くて、女性の先輩のうちの一人は男性先輩のことを好きなんだろうなと内心思っていたのです。


まあ旅行中に二人が何かありそうかなと変な妄想もしながら当日。

男性先輩の車で現地のホテルまで行きました。




旅館の手続きなどは先輩たちでやってくれたので、僕はついていってお金さえ払えばいいらしいです。

部屋は二つ取っていたので、男と女に別れてチェックインしました。


「あのさー、4時から1時間の貸切風呂も予約したからさ、あとでそれ行くぞ!」
男性先輩からの一言。

当時の僕は何も考えていませんでしたが、今思えば男二人で貸切風呂って…怪しいですよね。


当時はもちろんその先輩を「ホモじゃないか」なんて考えていませんでした。




そして4時になり、先輩が貸切風呂に向かいます。

しかし先輩は忘れ物をしたという事で部屋に戻りました。

「わりー、すぐ行くから先に風呂入っててくれ!」 
「わかりましたー」

僕はその時貸切風呂が初めてで、ちょっと楽しい気分になっていたのです。

こんな贅沢な露天風呂が貸切とは!興奮気味です。


そこに先輩がお風呂に到着、扉を開けて入ってきた先輩に一言。

「お疲れです…え!!?」
そこにいたのは女性の先輩の一人、ミユキでした。

「え、え?ミユキさん?なんで??」
「なんでって。

貸し切り風呂だし」

僕は困惑です。

見た瞬間にタオルで上半身を隠しながら来たから違和感がありましたが、そんなことになるとは。


ミユキは体もモデルのように整っていて、普段は髪をアップにして色っぽさのある人ですが、髪を下すと本当にお姉さまという感じでした。

「と、と、というか、先輩は?」
「あー、今頃二人でイチャついてるんじゃない?」

よく状況が飲みこめないまま、ミユキはタオルをとって湯船に入る僕に身を寄せてきました。

「こうなることを待っていたんだ、私」
無防備な僕の股間の近くに手を置くと、ミユキは耳元で囁いてきました。

そしておもむろに僕に抱き付きキスをしてきます。

 
「この旅行は私たち二人のためのものだから…」

ミユキは舌と同じくらい体を絡ませてきます。

キスと同時に手では僕のカチカチのムスコをしごいてきて、僕は完全に身を任せるしかありませんでした。

「ミユキさん…先輩に見られたら…」
「もう…来るわけないじゃない。

私たちがこんなことしてるの知ってるから大丈夫よ」

僕は気持ちよくなりながらも状況が分かってきました。

ただそれでも僕は真面目でミユキに逆らうことはできなかったため、興奮しているミユキの言われるがままになっていたのです。


「時間が無いからね、体洗ってあげる」
ミユキに手を掴まれて洗い場に連れていかれる僕。

ボディーソープを全身に泡立てているミユキは、洗い場で座る僕の後ろから抱き付いて、再びムスコをしごいてきました。


「ボディーソープで滑りが良いから気持ちいでしょ」
「は、はい…すごく…」

ミユキの胸の感触を背中で感じながら、僕はこの状況で興奮がマックスになりつつあり、ミユキに頼みごとをしてしまいます。


「ミユキさん…パイズリして」
「えー、私のおっぱいでパイズリなんて生意気ね」

そんなこと言いながらも、ミユキは僕の前に回ってきて推定Eカップの胸でムスコを挟んでくれます。

「気持ちいい?」
「最高です…」
「嬉しいな、ねえ、舐めてあげるね」

ミユキはシャワーでムスコの泡を取ると、しゃぶってくれて激しくフェラしてくれました。

当時はここまで激しくしてもらったことが無いので嬉しさもあってか、すぐにイってしまうのです。


ミユキの口に大量の精子が注入されて、どうやら飲みこんだようです。

「もう…早いなーイクの…」
「だって、気持ちいいから…」
「でもまだ若いから、まだイケるでしょ」 

ミユキは再びボディーソープをつけて僕のムスコを両手でヌリヌリと。

するとすぐに僕のムスコは起ちを復活しました。

「やっぱり若いなー、さて、今度は私の番ね」

僕は洗い場に座らされて、ビンビンのムスコの上にミユキが乗ってきました。

そして腰を動かして感じているミユキがいます。

「あああん…これすごい…気持ちいい…」
「ミユキさん、僕またイっちゃいますよ!」
「あん…いいよぉ…今日は大丈夫だから…中に…」



最後はミユキに中出しして、貸切風呂の時間が終わってしまいました。

部屋に戻るともちろん部屋割りは僕とミユキが一緒ということになっています。


そこでベッドでもう一回ヤルこととなります。

次の日、男性先輩が僕らに向かって無言で親指を立ててきました。

最初から僕とミユキをくっつける目的だったという事です。
サンプル