きまま_109
不倫セックスにはまってしまった話。

結婚して10年。

子供も二人いて、傍目は順風満帆に見える家庭を持っている。

39歳。

40代を目前に控え、私は初めて?の不倫をしてしまったのです。

風俗は幾度か行ったことはあります。

もちろん妻にバレないように、友人や会社の人と行きました。

まぁそれはお金を払ってのことであり、バレたらヤバいけど、不倫と言われることのほどでもないでしょう。

今年の春に新卒で入った経理の女の子がいます。

名前はしおり。

まだ23歳の若い女の子です。

幼げな感じの残る、可愛らしい女の子で、気さくにしゃべってもくれるので、普通に仲良くしていました。

そしてある時、二人でお酒の話をしていたのです。

しおりはワインにはまっているようでした。

僕もこの年になって、ビールとかよりもワインにはまり、よく飲んでいました。

そんな話で盛り上がって、しおりが「ワイン飲みにいきましょうよ」と言ってきたのです。

私も別に重くとらえず、「いいね、今度いこう」なんて軽く流していました。

しかししおりは本当に行くつもりだったらしく、「いつワイン行きますか?」って聞いてきたのです。

 
「聞いてほしい悩みもあるし…」なんてことも言ってきます。

こんな若い女の子と飲みに行って誰かに見られたらヤバいかな?と思いつつも、会社のコと飲みに行くくらいで、おどおどするのも嫌で、「じゃあワイン飲みにいくか」と二人で飲みに行くことになったのです。

飲みに行くと、しおりは「実は…」と悩みを打ち明けてきました。

同じ会社の男にかなり言い寄られているようでした。

でもしおりにはその気はなく、嫌だったようでした。

「そうかぁ。

でもそんなに悪いやつじゃないけどな」
そう言っても、しおりは首を振ります。

「私、あの人ダメです」 
「そうなんだ。

誰だったら大丈夫なの?」
そう聞くと、しおりは「○○さんは大丈夫ですよ」と私の名前を言ってきたのです。

「はは。

からかわないでよ」
「からかってないですよ。

一緒にいて嫌な人と二人で飲みにきたりしません」
若い女の子にからかわれ、お酒のせいもあったでしょう、私はすっかり上気していまさした。

酔いのせいで、「じゃあキスとかしても大丈夫?」なんて聞いていました。

それでもしおりは「○○さんだったらいいですよ」などと言ってきます。

「じゃあ後でしようか」
「うん」
なんて完全に不倫めいた会話をしてしまいました。

二人でワインボトル一本開け、かなり酔ってしまいました。

店を出るときはかなりフラフラになっていました。

 
その店は出たら階段を結構降りなくてはいけなくて、しおりはフラフラでとても歩けそうにありませんでした。

「ほら、大丈夫」
そう言っても手を貸すと、しおりが私の胸に倒れるように飛び込んできました、
そしてそのままキスをしたのです。

一度軽くして、もう一度舌を絡ませて、キスをしました。

「あん…」
しおりの甘い小さな喘ぎ声に私は理性を失いかけていました。

手を繋いで駅まで行こうとすると、「帰るの?」としおりが言ってきます。

私はその手を握ったまま、何も言わず、ホテルへ向かったのです。

ホテルの部屋に着くなり、私はしおりを押し倒しました。

ディープキスをして、しおりの胸をまさぐりました。

小さめの、でも柔らかな胸でした。

「あ…、あ…」
触れる度に声を漏らすしおりに、私は完全に理性を失いました。

まさぐりながら服を全部脱がせました。

とても白くて、美しい体でした。

「恥ずかしい」
そんなことを言うしおりの体を舐めつくしました。

妻にもそんなことをしたことがないくらいに、色んなところを舐めてやったのです。

「ああん」
しおりは感度が敏感なようで、何かする度に喘いでいました。

 
「ほら」
堅くなった私のモノをしおりの口許に寄せました。

しおりは舌を吸い付かせて、フェラチオをしてくれたのです。

妻以外の女性にフェラチオをしてもらうのも随分久しぶり(風俗以外で)で、あまりの興奮で、私も声を上げてしまいました。

若いくせにとても丁寧で、上手で、とても気持ち良かったのです。

私のモノをしおりに挿入しました。

突くたびに声を喘ぐしおりに私は興奮して、ずっとずっと硬いままでしたね。

正常位にバック、騎乗位から立ちバックまで。

色んな体位で、セックスを楽しみました。

「○○さん、すごく良かった。

大好き」
果てた私に、しおりが言ってきます。

やってしまったという思いをしながらも、あまりの気持ち良さに私はまたしおりに覆い被さっていたのです。

2回戦なんて、本当に久しぶりのことでした。

23歳のしおりは最高でした。

今では月に何度かはこうして不倫のセックスを楽しんでいます。

たまに居酒屋でエロいことをしたり、カラオケボックスでしたり、バレたらヤバいけど、会社の中でエロいことしたりもしています。

まだ妻にも、会社にもバレたりはしていないようです。

いつまでもバレずに、しおりと楽しんでいきたいと思っています。
サンプル