00368
3人の男にレイプされました。

45歳の専業主婦です。

昨年、高齢出産で待望の子供を授かりました。

年が年だけにママ友もいなくて、いつも何となく子供の散歩がてら近くの公園に行くことが日課となっいました。


その日も子供をベビーカーに乗せて公園に行くと、急に雨が降ってきたので、倉庫のひさしで雨宿りをしていました。

2~3分すると、18歳ぐらいの高校を卒業したばかりの若者3人が同じ軒先に入ってきました。

10分ほど3人は、私のことなど気にしていない様子でゲーセンのことなどをしゃべっていたのですが、しゃがんでいる私を見て声を掛けてきたのです。
いつもなら授乳してから外出するのですが、その日は慌てて出てしまい、雨宿りをしている間にバストが母乳で張ってきて痛く感じ、しゃがんでいたのです。


「どうしました?気分でも悪いですか?」

「いいえ、別に、ちょっと・・・」

私は曖昧に答えました。

しかし痛みに耐えかねて・・・。


「恥ずかし話ですが、これから子供に授乳したいので、ちょっとの間だけ向こうを向いてていただけますか」

私は彼らに懇願しました。

3人とも驚いた顔していましたが、そのうちの1人が・・・。


「この倉庫、鍵が掛かっていないので、中でされてはどうですか?」

倉庫のに戸を開けて、薄暗い倉庫の中を見渡して言いました。


「どうぞご遠慮なく、俺達が見張っていますから」

そのとき男が一瞬ニヤっと笑った気がしたのですが、バストの痛さに堪えきれずに子供を抱いて倉庫に入ってしまったのです。


「じゃ、俺達もいただこうかな」

私から子供を取り上げるなり、男が私を押し倒しました。

そして子供をベビーカーに戻すと倉庫の戸を閉めたのです。


「おばさん、どこが痛いのかなぁ」

1人がTシャツの上から私の胸に手を出してきました。

そのときにはすでに残りの2人に後ろから羽交い締めにされ、身動きが取れませんでした。

手を伸ばしてきた1人が、「でっかー」と言いながら私の胸を揉みしだしました。

私は胸の痛さと恐怖にしゃがみ込もうとしましたが、Tシャツを捲りあげられ、ブラジャー1枚の姿にされられました。

後ろにいた1人が、「おおっと、たまんねえ、タップンタップンやん」と言いながらブラジャーの上から胸を揉んできました。

ブラジャーには母乳バットが入っていたのですが、揉み出された瞬間、すぐに母乳が濡れだしたのです。


「これは大変。

今、楽にするから」

ブラジャーのホックを外し、私からブラジャーをむしり取りました。


「わぁ、こんなに腫れてたら、そら痛いわ」

私の両脇から手を伸ばして両方の乳房を揉みだしたのです。

すると溜りに溜まっていた母乳がビュービューと宙に迸ったのです。

それを見ていた前の1人が、「もうたまらんわ」と言って私の乳房に口をつけてきました。


「待て待て」と、後ろにいたもう1人が前にまわり・・・。


「2人でおばさんを楽にしやるからな」

と、もう片方の乳房に喰らいついてきました。


「このおっぱい、98ぐらいはあるんかなぁ。

尻もデカそうやし」

その言葉を聞くなり、私を羽交い締めしていた後ろの男が、私のタイトスカートの中に手を入れてきてパンティストッキングの上からお尻を撫で回しながら、自分のジーンズを脱ぎはじめました。

前では2人がチュチューと卑猥な音を立てながら両方の乳房を思いっきり吸い上げています。

私は、気が遠くなっていくと同時に乳房が楽になっていくのを感じました。

そして、それがいつか女の快感に感じられるのを覚えました。

後ろの1人が自分の硬くなったモノを私のヒップに押し付けながらパンティ越しに指を前へ這わしてきました。


それから、どれぐらい時間が経ったかわかりませんが、気が遠のいた私に3人が覆いかぶさってきたのは覚えています。

そして私は、男達が代わる代わるのしかかってくるたびに、宙に自分の母乳が噴水のように舞い上がるのを見つめていました。

私は何回も何回も犯され続けました。


「おばちゃん、妊娠したらごめんな」

倉庫から出て行く時に男が声を掛けてきました。


「もし子供ができたら母乳を飲んであげるから、またここにおいでや」

男達は笑いながら出ていきました。

私は下半身から流れ出てくる精液を破かれたストッキングで拭い、子供のことを思い出して外へ出ました。

雨はいつの間にか上がっていて、子供はベビーカーの中でスヤスヤと寝息を立てていました。

涙が止まりませんでした。
サンプル