10
私は単身赴任中の会社員です。

もう52歳になります。

いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつあります。


ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。

それは、ずばり『チンポのサイズ』です。

特に長さなんですが、勃起したら20センチを超えます。

単身ながら妻と上手くいっているのも、このおかげと言っても過言ではありません。

なにせ私のチンポが大きすぎて、他のチンポに浮気される心配ないのです。

自分が思っているだけなのかもしれませんが・・・。
ちなみに隣の奥さんとのことなんですが、年齢は44歳のかすみさん。

子供さんは1人おられるのですが、大学生で家から出ているので、旦那さんと2人暮らしです。

かすみさんは年の割にはスタイル抜群で、おそらくGカップはあると思われるバストが一番の気になるポイントです。


ある仕事休みの日のことなのですが、洗濯物を干している最中に、私のパンツが隣のベランダに飛んでいってしまったのです。

私は躊躇いながらもお隣さんへ行きました。

もちろん、かすみさんが出てきました。

状況を説明し、ベランダに向かい、パンツを取らせてもらいました。

かすみさんは不思議そうに見ていました。


「そんなちっちゃなパンツで隠れるんですか?」

そう、私はわざと小さめのボクサーパンツを穿き、チンポの大きさをより誇張させるようにしているのです。

もちろんこの状況でも、まだ勃起はしていないにせよ、普通からするとかなり目立つ状況です。

どうもかすみさんは私の下半身を確認したようなのです。

なぜかお茶を入れてもらい、少し世間話をしましたが、私が単身のため下世話な方向に進んでいきました。

聞くとかすみさんは、旦那さんともう半年以上ご無沙汰だと言います。

セックスが嫌いなのではなく、なんとなくそういう雰囲気にならないと言います。


私は、「家に帰るたびに妻とセックスをまとめてする」と言いました。

かすみさんの私を見る目が若干いやらしく変わったように見えました。


「奥さん、見るだけだったら浮気じゃないし、私のチンポ見てみます?」

試しに吹っかけてみました。


「それいいかも!さっきから、すごく大きそうで気になっていたし」

私は奥さんの横に立ち、ズボンをずらしました。

パンツの中で、もうはち切れそうに膨張しているチンポが目の前にあります。


「えっ、こんなの初めて」

そう言いながらパンツの上からなぞってきました。

さらに膨張し、次第に20センチの状態になってきました。


「奥さん、僕のパンツ脱がしてもいいよ。

直接見たいでしょ?」

かすみさんは私のパンツに手を掛け、一気に下までずらしました。

硬直したチンポはブルンッと震えながら姿を現しました。


「エッー、ちょっとこれ見るだけなの??見るだけはつまらないなあ?」

「これから先は奥さんに任せますよ、好きにしてもいいんですよ。

ただ旦那さんのとどっちが立派か、ちゃんと答えてください。

それからです」

「そんなのこっちのほうが大きいに決まってるじゃない!もういい?咥えちゃうよ?」

そう言って、かすみさんはフェラをはじめました。

かなりのねちっこいフェラでした。

喉の奥くまで咥え込み、激しくスロートされました。


我慢の限界を超えたかすみさんは自らパンツを剥ぎ取り、脚を広げ、私のチンポを股間へと導き入れました。

かすみさんは私を仰向けにして跨がり、腰を上下にグラインドさせてきます。

大きな胸は激しく揺れ動きます。

そして今度は体勢を入れ替えて私がグラインドさせます。

最後は股間から引き抜き、かすみさんの口の中へザーメンをたっぷりと注ぎ込みました。


「これ、今日だけじゃないよね・・・。

またお願いしますね」

かすみさんの方からお願いされ、私は単身赴任の楽しみを思わぬ形で掴んでしまいました。
サンプル