5316
電車が大幅に遅れた時の体験。

部署の飲み会が終わったあと、帰る方向が同じだからと2つ年上のSさんという女の人とほろ酔いで駅に向かっていた。

Sさんはスレンダーで顔は森高千里のような人だ。


駅に着いたら、ホームはすごい数の人でごった返していた。

人身事故か何かで電車が大幅に遅れているらしい。

2本の電車を人が多すぎて乗り過ごしたが、かなり時間も遅かったので3本目にSさんと乗ることにした。


これも超満員。

何とか電車に乗ることができたが、窒息死するのではないかというくらいの混みようだった。


押されながら乗ったのだが、Sさんと真正面で体が密着したまま、すごい圧迫で動けない。

Sさんは僕の肩に顎を乗せるような格好になっていて、Sさんの髪が僕の顔の左側でくっつき、何かいい匂いもする。

春だったがその日は暖かくてSさんが割と薄着だったこともあり、この状況に興奮してしまい、勃起してしまった。

ちょうどSさんのお腹のあたりに押し付けるような感じだ。
混みすぎて、ずらすことすらできなかった。


この状況でSさんと、「すごい混みようですね」とか、会社の人の噂話とかを普通に話していたが、電車は快速だったし、ダイヤが乱れていて途中止まったりで、なかなか次の駅に着かない。

しばらくするとSさんが、「さっきから何かお腹に当たるんだけど」と言うので、(あーあ、セクハラとか言われるのかなぁ)と思い、「すみません、体をずらしたいんだけど、圧迫されて全く動けないんで」と、へたれな僕は素直に謝った。


「気にしなくてもいいよ。

こんなんじゃしょうがないよね」

あ、怒ってないんだとホッとした。

この頃、付き合ってた彼女もいたし、Sさんはきれいな人だったからたまにオカズにしたけど、恋愛感情はなかった。

しかしオカズにするくらいなので、この状況に体は正直だ。


Sさんは、「よく痴漢に遭うんだよね。

変なおじさんばかりでキモイ」とか「でも時々は若い人もいるんだよ。

信じられない」などと言うが、今僕がやっているのは、触っていないけど痴漢と変わりないですが・・・。


「ちょっと飲みすぎたね」

Sさんはそう言って僕の肩に乗せていた顔を僕の顔の方に傾けて、要するにSさんの頭と僕の頬がくっつくような格好で、顔を見ないまま話していた。


「今、彼氏が研修で海外行ってるから、男の人とこんなふうにくっついたりするとドキドキするよ」

ボソボソとSさんは小声でつぶやいた。

痴漢はキモいと言ったり、一方ドキドキすると言ったり、僕は混乱した。

股間は余計にパンパンになってしまった。


混乱しているうちに横の人たちから体を押されて、Sさんと真正面に向かい合っていたのが少しずれて、僕の左手の甲がSさんの細い太ももに位置した。

Sさんの左手は僕の股間に当たるような位置になっているような気がするけど、相変わらず圧迫されていたので、股間に当たるのはSさんの左手なのか左腕なのか、それとも腰あたりなのかははっきりと判別できなかった。

この間もずっとSさんとは普通に会社の話とかしていた。

すると残念なことに次の駅に着いてしまい、(開くドアは反対でも、普通は向かい合う体勢を変えるよな)と思いながら降りる人と乗ってくる人の入れ替えをなんとなく体勢を正面で密着したまま待っていたら、電車の反対側のドアが閉まって発車した。

内心、すごいラッキーだと思った。

乗客は少し減り、圧迫されるほどの混み方ではないものの、朝のラッシュ時と同じで十分密着したままで、Sさんの左手あたりに僕の破裂しそうなモノが当たり、僕の左手の甲はSさんの太ももの位置のままだった。

そのとき、何か股間に感触を感じた。


「今、手に当たってるんだけど、ずらせないよ。

ごめんね」

「そんなことないですよ。

謝らなければならないのは、こんなになってるこっちだし」

「でも普通じゃない状況だよね?」

「すみません」

「謝ることじゃないよ。

こんな混雑してるんだもん。

しょうがないよ」

Sさんは優しい。

次に信じられないことが起きた。

また電車が途中で止まってグラっと揺れた瞬間・・・。


「転ぶかと思ったよ。

それで思わず握っちゃった」

なんとSさんは僕の股間を握ったのだった!
頭の中は軽いパニックで、「いいですよ」とよくわからない返答をしたのだが、冷静に考えるとこんなモノが手すりの代わりになるはずがない。

しかもだ、揺れは収まったのに、Sさんは僕のを握ったまま離さない。

会話も、「ズボンの上からでもはっきりとわかるね」とか、エッチモードになってきた。

もちろん全部小声で話してるわけだが。


それでへたれな僕も勇気を出して、Sさんの太ももにあった左手の甲をSさんの股間にスカートの上から押し付けて様子を窺った。

Sさんは抵抗しなかったので、(Sさんは握ってるんだし)と、さらに甲で押し付けるように触って、「スカートの上からだとはっきりとわからないですね」と言うと、「女だとそうかもね」とSさんは普通に返してきた。

もうここまでエロモードに入ってると、さすがにへたれな僕でもスカートの中に手を入れてみようというチャレンジ精神が出てきた。

Sさんは割と短めの柔らかい生地のスカートだったので、左手で少しずつスカートをたくしあげるようにして捲っていった。


「今、何してんの?」

(やば、やりすぎたか?)

「はっきりとわかりたいんで」とアホな返答に、「ふーん」とスルーしてくれたSさん。


「そうするとわかるの?」

「たぶん」

Sさんは、「あ、そっ」と言うと、僕のモノを強く握ってきた。

だから僕もそのまま続けた。

さっきまでセクハラ呼ばわりされたらどうしようと思っていたことを考えると、この状況は大躍進だ。

スカートを捲り終わって、股間を触ろうかどうか一瞬躊躇したあと、太ももを触った。


「あれ?ストッキングは?」

「伝染してたし、今日暑いからさっきトイレで脱いできた」

Sさんは握っていた僕の股間を擦り始めた。

一方、我が左手はSさんの股間に到着。


「こんなに?」

そこはもうおしっこを漏らしたのではないかというくらいびしょびしょで、Sさんも普通に会社の話などをしながらも、実はいやらしい気持ちになっていたかと思うと興奮した。


「すごい濡れてますよ」

「Mくんだって、こんなんじゃん」

またSさんは僕の股間を強く握り締めた。

どういうわけだか僕はそのとき、パンツの中に手を入れてはいけない気がして、パンツの上からでもわかる割れ目をずっとなぞったり、パンツの横から少し出ている毛をなぞったりしていた。

Sさんを見ると、唇を噛んで何かをこらえているようだった。

もう我慢できなくなって・・・。


「次、降りませんか?」

「いいよ」

ってことで、2人で次の駅で降りた。

しかし、降りた駅の近くにホテルはなく、しばらく歩いた。

繁華街と逆の出口を出たのか、快速が止まるにしては寂しいところだった。

すぐに周りに人がいなくなった。

その先にスーパーがあった。

そのスーパーは裏に回ると自転車置き場になっていて、その奥に膝くらいの高さの植栽があり、自転車置き場と植栽の間の1メートルくらいの狭い間に行きキスをした。

キスをして初めて、彼女に対して罪悪感を感じたが、エロい欲望のほうが遥かに勝っていた。

Sさんも同じだったと思う。


しかし、こんな場所なので、ここではキスだけにして、やっぱりホテルを探そうと思っていたのだが、Sさんが、「ここなら人は来ないよね?」と何度も聞いてくるので、(Sさん、ここでもOKなの?)と僕の中で迷いが生じ始めた。

だが性欲には抗えず、ブラウスボタンを半分ほど外してブラの中に手を入れ、Sさんの小ぶりの胸を触ってしまった。

やっぱり僕も、もう止められなかった。


(これがSさんの胸か!)

会社で今まで普通の関係だった人の胸なんだと思うと余計にクラクラしてきた。

色白のSさんの乳首はきれいな色で、舌で転がしはじめると、「ウーン」と声が漏れてきた。

普段より声が高い。

Sさんってこんな声を出すんだと思うと、また興奮した。


Sさんは相変わらずズボンの上から僕の股間を擦っている。

Sさんのスカートに手を入れ、パンツの横から指を入れ、直接割れ目をなぞった。

ぐちょぐちょだった。

クリを擦るとピクンとし、「はぁっ」と大きくため息をし、声をこらえているようだった。

パンツが邪魔なので片足だけ脱がし、Sさんの片足を植栽にあげてSさんの股間を眺めた。

5メートルくらい横に電灯があり、少し暗いもののよく見えた。


「恥ずかしいよー」

咄嗟に、「暗くてよく見えない」と嘘をついた。

胸のときと同じで、会社の人のこんなところを見ていると思うと興奮した。

どちらかというと毛は普通よりやや濃い目だったと思う。

夢中で舐めた。


「汚いよー。

そこはいいって」

そう言われたが舐め続けた。

Sさんはずっと声をこらえているようだが、どうしても少し出てしまうようだ。

3分くらい経った、突然「もういい、もういい」といきなり僕の頭を掴んで離そうとした。

でも、僕がそのままクリを舐めてると、「あーー」と少しだけ声を出して、股間を突き出すようにしてSさんは果ててしまった。


「もう、なんてことするの?恥ずかしいよ」

「Sさんが気持ちよくなってくれて嬉しい」

僕は本当に嬉しかった。

少し余韻に浸ったあとでSさんが、「Mくんのが見たい」と言ってジッパーを下ろした。

モノを出すと「へぇ」とSさんは言い、裏側を見たり握ったりして観察していた。


「なんかたくさんヌルヌルしてるね」

(そりゃ、ずっと我慢してたから)

「見たいとか言われるとちょっと恥ずかしい」

「私のは散々見たくせに」

「女の人でも見たいとかって思うんですか?」

「わかんない」

「わかんないはないでしょう?」

「よくわかんないよ。

変なおじさんのは見たくないし。

Mくんのは見たいなーって思っただけだよ」

とか言ってると咥えられました。

Sさんも僕と同じように、『会社のMくんのおちんちん見ちゃった』とか『Mくんのってこんなんだったんだー』とか思うのかなぁとぼんやり思った。


Sさんのフェラはちょっと歯が当たるけど気持ちいい。

このまま続けたら出ちゃうかも。

出たら困る。


「Sさん、気持ち良すぎるからもういい」

Sさんは口から僕のモノを離して僕を見上げると・・・。


「なんで?」

「Sさんの中に入れたい」

「あー、先に言った。

言わせたかったんだ」

何だか可愛い。

しかし駅を降りたとき、ラブホテルのゴム使えばいいやと思っていたくらいだから、ゴムなんか持ってない。


「Sさん、ゴムないですよ」

「えー?」

「だってこんな予定じゃなかったもん」

「そうだよね。

もし予定に入ってたら恐いし。

でもどうしよう」

Sさんはしばらく考えていたが・・・。


「じゃあ、外に出して」

「大丈夫?」

「だって私も収まりがつかないし」

「収まりがつかない」って言葉に何だか興奮した。

それでSさんの片足を上げて正面から入れようとしたけど、体勢的になかなか上手くいかず、自転車置き場の壁に手をついてもらって、スカートを捲ってバックから入れた。

ビショビショだったのでスルっと入ったけど、入れた瞬間に締め付けられた。

少し腰を動かすとすぐ出そうになって止めた。


「どうしたの?」

「気持ちよすぎる。

少し落ち着きたい」

いつもそうなんだが、少し止めたらそのあとずっと続けられる。

それって自分だけなのだろうか。

それともみんなそうなのか。

とにかく、しばらくバックでやったあと、自分としてはやっぱり顔を見ながらがいいので正常位でしたくなった。


「Sさんの顔を見ながらしたい」

「私も・・・でもここで寝たら服が汚れるし」

で、「じゃあ僕が下になります」ってことになった。


植栽のブロックの縁に腰掛けた。

昼間は暖かかったとはいえ、まだ夜は少し冷え、ブロックに直接当たる尻は冷たかった。

Sさんは僕の上に腰を沈め、ゆっくりと動き出した。

ブラウスとブラを少しずらしてSさんの乳首を舐めた。

Sさんの中の温かさや、Sさんの甘い匂い(体臭?香水?)、Sさんの腰のくびれや平らなお腹、細い肩、鎖骨などを触ったりキスしたり、髪を撫でたり、Sさんとのことを実感しながら、ゆっくりと時間をかけた。

なんて表現すればいいのだろう、静かな快感とでも言うのか、すごく幸福感に包まれてSさんがとても愛おしく思えた。


しばらくしてSさんのクリを触ると「もう、そこはだめ」と言われたが、無視してしばらく触ってると、「ふぅ、気持ちいい」と言って、そのままゆっくりした動きの中でSさんは絶頂を迎えた。

僕も、もう出そうだったので、「Sさん、出る」と言って抜くと、Sさんが口に含んでくれて、その中で爆ぜた。

Sさんは吐き出してから、「やっぱり苦いね」と言った。


「やっぱり飲めない」とも。


「ごめんね。

実は一度も飲んだことないんだ、うがいしたい」

そう言われても、うがいできる場所なんてない。

こうした一連の一生懸命なところがほんとに可愛くて、思いっきりSさんを抱き締めた。

下半身丸出しで。


服を整えたあとSさんは、「今日は頭が変になるかと思ったよ。

すごい気持ちよかった。

こんなの初めて」と言ってくれたので嬉しかった。


「僕も」と言ってキスをして、また抱き締めた。

Sさんは2回イッたが、「感じやすい体質」と言っていた。


「ひとりエッチとかもするんでしょ?」の問いに、「あまりしないけど」と言っていた。


(あまりって?やっぱりするんだ)

「何を考えてするの?」には、「彼氏のことだよ」と言われたので少しがっかりだった。


「でも、今まで判らなかったけどカラダの相性ってあるんだね。

Mくんとの相性はいいかも」

「そうかも。

自分が良かったなんて言われたことないし、自分もこんなに良かったのは初めてだし。

Sさんとはいいかもしれない」

Sさんは、「今まで付き合ってきた人以外とこんな事したの初めてだよ。

ほんとだよ」と何度も言った。


「じゃあ、僕とはどうして?」と聞こうと思ったけど、やめた。

Sさんにも彼氏がいて僕にも彼女がいて、Sさんとはそれっきりだった。
サンプル