1291-01s
男の子の童貞を貰いました。

今から5年前のことです。

当時、私は31歳。

岐阜県の小じんまりとした個人経営の喫茶店のパートでウエイトレスをしていました。


6月になったある日、見慣れない男の子が入って来ました。

パッとしないどこにでもいそうな男の子だったけど、なぜかその子に一目惚れしてしまったのです。

その日を機に、その男の子はちょくちょくお店に来るようになりました。

いつも夕方に来て、コーヒーを飲みながら少年マンガを読んでいました。


「最近よく見えるようになったけど、学生さん?」
ある日、話し掛けてみたのです。


「あ、はい、そうです」

今年専門学校に入った1年生だと分かりました。

それ以来、ウエイトレスをしていても、家に帰っても、彼のことばかり考えるようになっていました。

夫との夜の営みの最中でも、彼に抱かれる自分を想像したりして・・・。

そんな自分がイヤになり、夫に求められても拒むようになって、次第に夫とはセックスレスになりました。

そうなると余計に、彼のことばかり考えるようになっていきました。


そして、とうとう私は彼に連絡先の携帯番号とメールアドレスを記したメモ書きを、コーヒーと一緒にテーブルに置きました。

ダメ元でしたが、数日後、知らない番号の電話が入りました。


「あ、えーっと、佐藤(仮名)と言います。

あの喫茶店の・・・」

一目惚れの彼からの電話でした。

電話を子供に聞かれたくなかったので寝室に行きました。

そこで20分ぐらい話をしていました。

ただの世間話でしたが、私は学生の頃みたいにときめいていました。


そして10月、その喫茶店の恒例になっている常連さんだけでのパーティーがあり、彼もマスターから誘いがあったので参加していました。

私はこんなチャンスは滅多にないと思い、私はお酒に酔ったふりをして彼に近づきました。


「佐藤君って、下の名前はなんて言うの?」

「俺?サトシ。

お姉さんは?」

「美千代、みっちゃんって呼んでいいよ。

暑くない?ちょっと外に出よう」

サトシ君を外に連れ出して、喫茶店の裏口に通じる通路に連れて行きました。


「初めてサトシ君を見た時から好きだったの」

背伸びして彼にキスしました。


「背が高い、いくつあるの?」

「183かな」

それからもう1度キスして、店内に戻りました。

パーティーもお開きの時間が近づいてきて、私は少し焦っていました。


(どうしても今夜、彼が欲しい!)

そこで大胆な行動を計画しました。

彼の下宿先まで行ってみようと考えたのです。


「サトシ君、酔ったみたいだから送ってくれない?」

サトシ君は困った顔をしていたけど、マスターからも頼まれてしぶしぶな感じで送ってくれることになりました。

計算通りです。

あとはどうやって彼の下宿に行くかです。


「ちゃんと送ってくれよな」

マスターから意味深な見送りを受けて、2人で歩き出しました。


「サトシ君の下宿って近いの?」
「もうすぐだけど」

「ちょっとトイレ貸して」
「いいよ、じゃ急ごうか?」

喫茶店とは目と鼻の先ぐらいの距離でした。


「ごめんね、借りるね」

和式の便器に跨がって用を足しました。

シュワーとオシッコの音がして、きっと外で待ってくれているサトシ君にも聞かれているはずです。

トイレから出ると、サトシ君は玄関で靴を履いたまま待っていました。

彼と深い関係になるために、私は靴を履くときにわざとよろけて、サトシ君に抱きつきました。

そしてそのままキスをして、彼を引き寄せて玄関に座り込みました。


「みっちゃん・・・」

それからの彼は、こっちが焦るくらいがむしゃらでした。

私をその場に押し倒し、今にも出しそうな勢いで腰をグイグイ押し付けてきました。


「待って、部屋に行こう」

敷きっぱなしの万年床に座る間もなく押し倒され、その拍子にスカートが太ももまで捲れてしまいました。

サトシ君は捲れたスカートをさらに捲ってパンティーを脱がしにかかります。


私のパンティーを脱がすと自分もズボンとブリーフを脱いで、前戯もなしで私の上に重なってきました。

でも入口が見つからず、太ももの間に挟んでシコシコと擦っていました。

そんなサトシ君が愛おしくて、私からペニスを掴んで入口に導きました。

十分に濡れていた私のアソコは、サトシ君をすんなりと受け入れました。

でも、私が感じ間もなく、サトシ君は射精してしまいました。


後で聞いてみたら、サトシ君は童貞でした。

彼の下宿からの帰り道、中出しされた精液が中から流れ出てきて、私のマンコとパンティーをベトベトにしてしまいました。

これが私の初めての浮気で、サトシ君の童貞を貰った体験でした。
サンプル