preb-02
娘婿と関係を持ってしまいました。

私は42歳の女です。

夫が亡くなってからは田舎で一人暮らしをしています。

娘婿から、「出張で近くの町まで来るので、一晩泊めて欲しい」という申し出があり、喜んで承諾しました。


その夜は話が弾んで、遅くまでずいぶん飲みました。

普段は一人で飲んでもつまらないからあまり飲まない私ですが、このときは褒め上手な彼に乗せられて、美味しくて、いくらでも飲めました。


・・・その夜、私は夫に抱かれている夢を見ていました。


「あなた、久しぶりね、いいわ、イクッ」
疼くような官能の高まりに体の芯が熱くなり、夫にしがみつきました。

体が重苦しいような、それでいてたまらなく気持ちのよい感触で目が覚めたものの、朦朧としてなかなか現実が呑み込めませんでした。

だんだん頭がはっきりしてきて、目も冴えてきました。

何ということでしょうか。

全裸の私に娘婿が覆い被さって、私の乳房にむしゃぶりついているんです。

彼も全裸でした。


「あっ」と声を上げて私は起きあがろうとしましたが、身体がぐにゃぐにゃで全然言うことを聞きません。


「秀樹さん、だめよ、だめ、何をするの」

秀樹さんは、1メートル80センチ、80キロの大柄で昔はレスリングの選手でした。

私が押してもびくともさせず、私のあそこに指を入れてきました。


「あっ、いけません、止めて、許して」

中で指を掻き回されると、女の官能が湧き上がってきます。

クリトリスを撫でられると、びくっと身体が反応してしまいます。


「いけません、止めて、許して、秀樹さん」

秀樹さんは、そこに口を持って行って、舐めたり吸ったりするんです。

もう私は女の喜びが体の芯から突き上げてきて、仰け反ってしまいました。

そして知らず知らずのうちに両足を大きく広げて、両手で秀樹さんの頭を掴んでいました。


「ああ、来て、早く入れて!」

「お義母さん」

秀樹さんは私の両足をVの字に持ち上げると、熱くて硬くて大きなモノがぐいっと入ってきました。


「あああっ」

私は思わず声を出しました。

秀樹さんが腰を動かしはじめると、私のあそこからだらだらと愛液が流れ出るのが分かりました。

秀樹さんが両手で私の乳房を揉みます。

また官能の嵐が打ち寄せ、私は声を出してしまいます。

あそこは熱くたぎってとろけそうです。

何がなんだか分からなくなりました。

勝手に声が出てしまいます。

秀樹さんの動きが一段と激しくなり、ドクドクと中に噴射するのを感じた刹那、私は絶叫し、腰がガクンガクンと痙攣したのです。


私はしばらく気を失っていたようです。

再び気がついたときには秀樹さんが横に寝ていて、私の身体を優しく撫でてくれていました。

私は秀樹さんに抱きつきました。


「お義母さん、素晴らしい身体をしてますね」

彼は私の背中からお尻にかけて優しく撫で回してくれました。

私は恥ずかしくなって、でも嬉しくって、秀樹さんの胸に顔を埋めました。

そんな私を秀樹さんはしっかりと抱き締めてくれました。


そのまま自然に秀樹さんが仰向けになり、私は秀樹さんの胸から腹へ、そして下腹部の方へ唇を移動しました。

そこには半立ち状態になったアレがありました。

その長さにびっくりしました。

亡くなった夫しか男性経験がありませんが、その2倍はあります。

思わず、それを口に含みました。

ムクムクと硬くなり、そそり立ってきたそれを見て2度びっくりしました。

夫のそれとは太さも長さも比べものにならない大きさです。


(こんなすごいモノが、本当に私のあそこに入ったの・・・)

手で握っても全然指が回りません。

長さはどのくらいあるんでしょうか。

口いっぱいに頬張っても、亀頭の数センチ下くらいまでしか入りません。

それが私の口の中で熱く、ピクンピクンと脈打っているんです。


「お義母さん、もう我慢できない」

秀樹さんは起き上がり、私を押し倒して、その巨大なモノをまた私のあそこにずぶりっと突き入れました。


「ひーっ」

仰け反る私に、また激しく腰を使います。

今度は私も下から応じました。

その最中にも秀樹さんは私の脇腹を撫でたり、太ももからお尻に手を這わせたり、胸を愛撫したり、口を吸ったりしてくれます。

私はまた頭が真っ白になり、何がなんだか分からなくなりました。

仰け反り、絶叫して、痙攣して、再び気を失ってしまいました。

気がついたときは、すでに朝日が窓に差し込んでいました。

秀樹さんも私も全裸のまま眠ってしまっていたのでした。


夫と最後にセックスをしたのが4年前・・・。

夫とは一度も味わったことのない強烈な官能の喜び。

ああ、セックスってこんなに素晴らしいものだったの。


ぐっすり眠っている秀樹さんに抱きついてしまいました。

それで目覚めた秀樹さんも私を抱き締めて、するとたちまち、秀樹さんのモノがムクムクと硬くなってくるんです。

そのまま、昨夜の再現になってしまいました。

朝日の差し込む中での全裸のセックス。

本当に興奮しました。

汗びっしょりで終わった後も、息を沈めるまでにずいぶん時間がかかりました。
サンプル