470_aoi_02-009
昨年キャンプに行った時の出来事です。

私の住む町内会では、毎年夏に子ども会のキャンプを一泊で行います。


前日に娘(小2)が風邪を引いて熱を出したのでどうしようか悩んだのですが、私は役員だったので娘を主人に任せて参加しました。

無理をしてまでキャンプに参加をしたのにはもう一つ理由があります・・・。

それは中学生のヒロキくんです。


ヒロキくんは色白で大人しく、それだけでも私のタイプなのですが、それ以外にも私の嗜好を叶えてくれそうな相手だったのです。

実は初めてヒロキくんを見たのはその前の年のこのキャンプでした。

このときヒロキくんはまだ小学生だったのですが、何気なく海パン姿のヒロキくんを可愛い子だなぁと思いながら見てると、いつの間にか隣にいた誰かのお母さんが、「あの子の前の膨らみ、スゴイと思わない?」と私に言ってきたのです。

言われて注意深く見てみると、そのお母さんの言う通り、他の子たちのモノと比べ明らかに違います。
他の子供たちは6年生でも前の膨らみは少しなのですが、ヒロキくんのは完全に何か異物が入っているっていう感じで膨らんでいます。

私はそのお母さんに、「もう、変なところ見て。

まだ子供よ」と軽く流したのですが、内心はかなりドキドキで、ものすごくエッチモードでした。


その気持ちはキャンプから帰っても続きしばらく、家事をしていても妄想で頭がいっぱいでした。

それから1年が経ってもその気持ちはますます膨らむばかりで、悩みながらもこのキャンプで自分の妄想を実行しようと決めました。


前の年と違い、今回は海ではなく山のキャンプ場だったのですが、それも私にとって好都合でした。

食事を終えて夜8時になると花火大会が始まりました。

役員といっても基本的なことはすべて男の人がやってくれますし、ましてや今回は自分の子供が参加してなかったので、食事を終えるとその日の仕事はないも同然でした。

子供たちがはしゃいで花火をやっている中、ヒロキくんは少し離れた場所で静かに自分の花火をやっていました。


私はヒロキくんに近づくと、「ヒロキくん、ちょっといい?」と声をかけました。


ヒロキくんは少しビックリした様子でこちらを見ました。


私はヒロキくんが嫌そうでないのを確認すると、「オバサンね、ヒロキくんにお願いがあるんだけど」と言いました。

ヒロキくんが頷いてくれたので、「じつはオバサン、とても怖がり屋さんで、夜一人で知らない所のトイレに行けないの。

大人の人に頼むのは恥ずかしくって、だからヒロキくん、私に付き合ってくれないかなぁ」と切り出しました。

内心、断られたらどうしようとドキドキしてましたが、優しいヒロキくんはあっさり、「いいよ」と言ってくれました。


誰にも気づかれないようにヒロキくんに先に行ってもらい、その後を私が離れてついて行きました。

ヒロキくんは一番近いトイレの前で待っててくれたのですが、追いついた私は、「ここ、気持ち悪いから」と言って、わざわざそこから100メートルも離れている別のトイレに行きました。

トイレに着くとヒロキくんは当然トイレの前で私が用を足すのを待っていようとしたのですが、私はヒロキくんの手を握ると、「本当に怖いの。

虫とかも苦手だし、お願い、中までついて来て」と言って、強引に中へ引っ張っていきました。

ヒロキくんは最初、少し抵抗する素振りでしたが、「誰もいないから」と手に力を入れると、渋々ついて来ました。


私は事前に調べておいた一番奥の洋式にヒロキくんを引き込むと、急いで内側から鍵を掛けました。

足はガクガクですし、生唾も溢れてきます。


「恥ずかしいから壁の方を向いててね」

そうヒロキくんに言うと、急いでパンツを下げ、本当にオシッコをしました。

でもヒロキくんに音を聞かせるため、あえて水は流しませんでした。

我慢をしていたので量も多く、かなりの音がしました。

ヒロキくんは耳まで真っ赤になりながら立っていました。

私は水を流すとヒロキくんに、「ヒロキくんもオシッコする?」と聞きました。

ヒロキくんが「しない」と言うのを聞くと、私はすかさずヒロキくんの前に手を伸ばし、短パンの上からヒロキくんのモノを掴みました。


「あっ!やめてよ」

(硬くなってる。

スゴイ・・・掴みきれない)

「なんか硬くなってるよ。

本当はヒロキくん、オシッコしたいんじゃないの?」

「したくない・・・」

消え入りそうな声でした。

まだ壁のほうを向いて立ってるヒロキくんに私は言いました。


「ねぇヒロキくん・・・、オバサンのアソコ、見たくない?」

ヒロキくんがしばらくしてコクリと頷きました。

私はヒロキくんをこっちに向かせると、パンツを脱いで片足だけ便座の上に乗せました。


「それじゃよく見えないからしゃがんで」

ヒロキくんが真っ赤な顔をして下から私のアソコを見上げてます。


(恥ずかしぃ・・・)

「どお?よく見える?」

無言で頷くヒロキくん。


「女の人のココ、見るの初めて?」

首が縦に動きました。


「どお?」

「スゴイ・・・」

(何がスゴイの?色なの?形なの?)

たぶん1分くらいその姿勢でいたと思います。

私は足を下ろすと、便座に腰を下ろしてヒロキくんを前に立たせました。


「今度はヒロキくんの番よ。

オバサンにヒロキくんの見せて」

私が短パンに手をかけても、ヒロキくんは意外にもほとんど抵抗しませんでした。

それよりも私のほうが緊張しまくりで、手が震えて短パンのチャックがなかなか下ろせません。

やっとの思いで短パンを下ろすと、私の目の前に見たこともない大きさのおちんちんがありました。


(!!!)

特大ソーセージ?
イモムシのお化け?
なんと形容していいか分かりません。

大人顔負けどころか惨敗といった感じの大きさがあるのに、色は大人の男性みたいに色素沈着していなくて、ほとんど肌と同じ色でした。


妄想以上にヒロキくんは巨根の持ち主でした。

普段は包茎なのでしょうが大きくなって顔を少しだけ出しています。

私は両手でそれを握ると、ゆっくりと皮を全部剥いてあげました。

すると恥垢が溜まっていて、すごくやらしい臭いがしました。


「すごくおっきなおちんちん。

まだお毛々も生えていないのに・・・エッチね」

私が両手をゆっくりと動かすと、パンパンに張ったピンク色の頭が出たり引っ込んだりします。

指が回りきらないおちんちん。

両手で握っているのに頭が隠れないおちんちん。

とっくに私の理性はどこかに吹っ飛んじゃっています。


「ヒロキくん。

このおちちんちん、女の人のアソコに入れたことある?さっきオバサンの見たでしょ?アソコ」

「ない・・・」

思った通りでした。

片手を離してタマタマに指を這わせます。

ヒロキくんは時々ブルブルと震えたかと思うと、おちんちんがビクンビクンと動きます。


「ヒロキくん。

もうここから白いもの出るの?」

真っ赤な顔で頷くヒロキくん。


「いつもは自分で出すの?」

首を縦に振る仕草が可愛いんです。


「オバサンにしてもらうの気持ちいい?」
「うん・・・」

「自分でするのとどっちが気持ちいい?」
「こっち・・・」

「お口で気持ちよくしてあげたいんだけど、オバサン、ヒロキくんのコレを歯を立てないでお口に入れる自信がないの」

さっきからビクンビクンと跳ねるたびに透明な汁を出している部分に舌を這わせました。

その時です。

ヒロキくんが、「あぁぁぁぁ・・」と切ない声を出しました。

すると握っていたおちんちんが一瞬膨らんだかと思うと、舐めていた部分の穴がフッと広がりました。

ヒロキくんのモノがビクンビクンと脈を打つ度に出てくるものを私は口で受け止めましたが、余程溜まっていたのか、まるで音がするような勢いです。

暴れていたヒロキくんのおちんちんは10回ほど私の口の中に出すと、ようやく大人しくなりました。

今までに経験がない大量で濃厚な精液を、私はやっとの思いで飲み込みました。


「気持ちよかった?」

恥ずかしそうに頷くヒロキくん。


「いっぱい出たわね。

溜まってたのね。

オバサン、全部飲み込むの大変だったわ」

そう言うと再度ヒロキくんのモノに手を伸ばしました。

さすがにヒロキくんのおちんちんはイク前と比べると元気がなくなっていましたが、私がさっきと同じようにおちんちんとタマタマを触ると、すぐに硬く大きくなりました。

私はヒロキくんのモノが再び大きくなったのを確認すると、両脚を自分で抱え、ヒロキくんに向かって大きく脚を広げました。


(お豆がヒロキくんに負けないくらいビンビンになってるの分かる?ドロドロになったアソコからもいやらしいお汁がいっぱい出てるでしょ?)

「ヒロキくんのおちんちん、オバサンのココに入れて欲しいの」

ヒロキくんは私の意図をすぐ理解してくれ、自分のモノを握ると少し中腰になって先端を私のアソコに宛てがいました。


「ヒロキくん、ゆっくりね」

私がそう言うとヒロキくんは少しずつ体を前に傾けて体重をかけてきます。

十分過ぎるほど濡れた私のアソコがいっぱいに広がり、ヒロキくんの頭の部分を飲み込みます。

途中からはまるでミシミシと音を立てるように、奥へ奥へと私の中を拡張しながら進んできます。


(大きいぃ!)

私のアソコはいつもより何倍も敏感になり、勝手に体がさっきのヒロキくんのおちんちんのようにビクンビクンと動きます。


「ヒロキくん、ダメ、イヤ、オバサンイッちゃう」

ヒロキくんのおちんちんはお構いなくどんどん奥へ入ってきます。


「ダメ、いつもと違うの!なんか来るの!」

ヒロキくんのモノが一番奥に達しました。

それでもヒロキくんはさらに体重をかけて進んできます。

言葉がうまく喋れません。

体が痙攣し始めました。

意識が遠くなる中で、私のあそこにピッタリと栓をしているヒロキくんの巨根が、また暴れ出したのを感じていました。
サンプル