kimamamh0412000002
幼稚園に教育実習にきていた女子大生との体験談。

近所の幼稚園に毎年春と秋にやって来る教育実習生に狙いを付け、たびたび女子大生を家に連れ込んでいます。


昨年の春にやって来た敦子(20歳)は、教育実習期間内にモノには出来ませんでしたが、知り合って4回目のデートのとき、待ち合わせ場所に行くと敦子はミニスカート姿でした。

ドライブへ出掛け、水族館等を見て歩くたびにピンク色のパンティが見えました。


海岸沿いの道から脇道に入ると小高い丘に辿り着き、車を停めて敦子に抱きつきました。

ゆっくりとキスをし、胸を揉み始めると敦子が、「こんな場所は嫌だ」と言い出したのでラブホへ連れて込みました。
私はまず風呂にお湯が溜まる間に服を脱ぎ捨て、敦子の服を1枚1枚脱がしてやりました。


敦子「・・・恥ずかしいから先にお風呂に行ってて」

体を洗い流して湯船に浸かっていると、敦子はタオルで前を隠した状態で入ってきました。

敦子は素早くシャワーで体を洗い流して湯船に入ってきました。

私が立ち上がると敦子がいきなり叫び声を上げられ、何事かと思ったら敦子は顔を背けて俯きがちに・・・。


敦子「ごめんなさい・・・私、初めて男性のおチンチン見たから、つい驚いただけ・・・」

敦子の口を開けさせてチンポを突き差してやると、「うぅ・・・うぅ・・・」と眉間にシワを寄せ、目を閉じて口から涎を流しながらただ咥えたままだったので、敦子の割れ目を舐めました。

ツーンとチーズの様な臭いがしましたが、気にせず舐め回して指を差し込みました。

人差し指がやっと入るだけでしたが、次第に2本で中を掻き回せるようになり、びしょ濡れになっていきました。

私が敦子にゆっくりと入れると・・・。


敦子「うぅ・・・うぅ・・・痛い・・・裂け・・・る・・・あぁ・・・お願い・・・動かないで・・・」

敦子はシーツを握り締めて顔を左右に振りながら苦痛の表情をしていました。

根元まで入れてゆっくりと出し入れし始めると・・・。


敦子「うぅ・・・うぅ・・・あぁ・・・これで処女じぁなくなったんだよね・・・私もやっとバージン卒業したよ・・・あぁ・・・お願い・・・早く出して終わりにして・・・あぁ・・・もうダメ・・・あぁ・・・」

なるべく早く敦子を楽にしてやろうと思い、出し入れを激しくしてキツキツマンコの子宮口に発射してやりました。


敦子「中が熱いよ・・・イヤ・・・妊娠しちゃうよ・・・」

敦子の血に染まった部分を綺麗に洗い流して風呂から出て、ソファーに腰掛けて冷たいドリンクを飲んで休憩しました。


落ち着いたところで敦子を四つん這いにさせ、尻を高く突き上げさせてチンポを突き刺しました。


敦子「あぁ・・・恥ずかしいよ、こんな格好・・・お尻の穴もアソコも丸見えで恥ずかしいよ・・・お願い、そんなに見ないで・・・」

私はその格好をデジカメで撮影し、再びキツキツマンコにチンポを突き刺しました。


敦子「ダメ・・・お願い、カメラで撮らないで・・・あぁ・・・大きいのが入ってくる!あぁ~お願いですからもう中に出さないで下さい・・・あぁ・・・あぁ・・・あぁ・・・」

敦子は喘ぎ始め、シーツを握り締めながら頭を振り出しました。

私が敦子の子宮口に2発目を発射すると・・・。


敦子「はぁ~ん・・・ダメ・・・って・・・言ったのに何で・・・また中に出すの・・・」

とうとう泣き出してしまいました。

そんな事はお構いなしに、立て続けに正常位、バック、対面騎乗位でたっぷり3発、子宮口に発射しました。


敦子「もう信じられないんだけど・・・」

そう言う割には求められると断れない性格のようでした。


それからは週末のたびに私の部屋で過ごしましたが、1年後に敦子が地元の幼稚園へ就職が決まり、帰ってからは携帯で話したりメールしてたのですが、私が新しい教育実習生と付き合い始めたので自然消滅しました。

敦子と付き合った1年6ヶ月は楽しい想い出として、ハメ撮りした映像はDVDで保管してます。
サンプル