kimamamh0412000003
不倫体験談。

私は専業主婦をしてて、ある時期、少し退屈していました。

それに主人は仕事が忙しく、出張も多くて・・・。


そんなとき、夜1人で歩いてると男の子にナンパされました。

以前友達と飲んでた時にも男の子に声を掛けられて、久しぶりに楽しい時間を過ごしたことを思い出したのでOKしました。

それから食事やお酒やおしゃべりの楽しい時間を求めるようになったんです。

そして何度目かの時に、それ以上のことを・・・。

一度一線を越えてしまうと罪悪感が薄れたのか、気の合った子とはその都度、一度限りの時を過ごしてました。

そして、そんなことをしていた罰が・・・。


ある日、うちのチャイムが鳴ったので出てみると、男の子が2人。

すぐには判らなかったけど、彼らの話を聞いて血の気が引くのがわかりました。

友人である2人と別々の日に・・・。

そして1人につけられて、知られてしまったのです。

住んでるところも名前も、そして主人がいることも・・・。

とりあえず玄関に入ってもらうしかありませんでした。

家の中に入ると彼らの態度が変わり、もう一度と要求してきました。

それも自宅で・・・。

断ろうとすると、知ってることすべてを主人に話すと言われて、私のお願いは何も聞いてもらえなくて・・・。


それで自分の家で2人の男の子に・・・。

彼らは玄関で言いました。


「すけべなお姉さんの裸がもう一度みたいな」

「あの時のように積極的にしてよ。

いやらしい声を出してさ」

私は玄関の外に声が聞こえることが気になって、「お願い、そこで大きな声を出さないで」と。

そして彼らに促され部屋に・・・。


「で、どうするの?どうして欲しいの?」

「ほら積極的に。

この間みたいに誘うような顔しなよ。

もっといやらしく誘惑してその気にさせてよ。

早く自慢の身体を使っててさ」

気が動転して頭の中が真っ白な状態で、2人の男の子の前で・・・言われるまま自分でシャツのボタンを外し、スカートも・・・。

恥ずかしい動作も恥ずかしいセリフも・・・。

ブラの上から胸を押さえながら・・・。


「お願い、抱かれたいの。

この間みたいに気持ちよくなりたいの」
「ブラとパンティを脱がせて私を見て。

抱いて欲しいの」

そう自分たちで私に言わせたのに・・・。


「裸になりたいなら自分で勝手に脱げば」

「早くもっといやらしい格好しなよ。

して欲しかったら、ちゃんとお願いしなきゃ」

私は裸になって恥ずかしい格好で彼らに向かって言いました。


「男を漁るすけべな私は、もう我慢できないの。

このいやらしい身体を早く慰めて。

もう1人ずつじゃ満足できないの。

早く入れて欲しいの、硬いおちんちんを頂戴」

自分の不道徳が彼らを招いてしまったんです。

私は突然のことで正しい判断ができませんでした。

とにかく、その一度だけ彼らに従えば許されると思ってしまった。


一度関係したことがあったといえ、お酒も飲んでその気になってたときとは違い、2人の男の子の前で自分だけが服を脱ぐ、それも舐めるように見られながら・・・。

恥ずかしい行為、恥ずかしいセリフ・・・白昼の自宅で・・・。

乳房を手のひらで押さえたり掴んだり挑発するようにしながら、彼らに言わされた恥ずかしい誘うセリフ。


「すけべな人妻の私は、もう我慢できないの。

いやらしい身体を早く慰めて」

彼らに挟まれ、手が左右から。

息が舌が・・・2人にされるという異常な行為。

指や舌が・・・乳房、乳首、背中、お尻、股間を這い回り、私はされるまま・・・。

押し倒されると後ろから抱える手には胸を揉まれ、もう1人は足の間に。

足を広げられ、あそこを舐められて・・・。

私だけが裸で2人の男の子にされる異常な行為。


「寝室は嫌。

ここで・・・リビングでして欲しいの。

ここで入れて」

リビングの床の上で仰向けで両手を上に伸ばした状態で、もう1人に押さえられたまま激しく突かれました。

次は後ろから四つん這いで、横に座った男の子の手で胸を揉まれながら。

2人に続けてされて、身体に力が入らなく放心状態で、でも終わったと思ってたのに・・・。

床にうつ伏せのままの私に跨がってきて、両腕を背中で縛り、顔には目隠しも。


「何するの?もうやめて、許して・・・」

そう言っても2人は聞いてくれなくて、そのままソファに座らされ、足を左右に開いてソファの上に持ち上げられ、両足首ともパイプに繋がれました。


「奥さん、いやらしい格好だね。

あそこも丸見えで、すけべな奥さんにお似合いの格好だね」

目隠しで見えないのに彼らの視線を身体に感じました。

でもどうしようもなくて、視線に晒されたまま、「お願い、もう許して」と訴えても・・・。


「まだ物足りないんじゃない、すけべな奥さんの体は?まだまだして欲しそうだよ、下の口は」

そう言って2人の指に身体を撫でられました。


「お楽しみはまだこれからなんだから」

そう言うと、ジーって音・・・。

硬いそれが指に代わって私の身体に触れました。

硬くて熱い2本が、身体のあちこちに。

急に場所を変えられたりするうちに声が漏れてしまい、かえって彼らを喜ばすことに。


「縛られて目隠しされるのが気に入ったみたいだね。

すごくいいでしょ?」

徐々にどうしようもなくなってしまいました。


「そんなに喜んでくれて嬉しいよ。

でも昼間からあまり大きないやらしい声を出すとお隣の人に聞かれちゃうよ」

私はそのまま3度もイカされてしまいました。
サンプル