kimamamh0412000031
中学時代の体験。

俺は中学時代、可もなく不可もなくな平凡な少年だった。

話せる女子は2人くらいで後は男友達のみ。

顔はお世辞にも整ってるとは言えないブサメンだし、何か気の利いたことを言えるような性格でもなかったので甘酸っぱい話とは縁のない人間だった。

毎日、男友達とゲームをして遊び、帰ったら少しの勉強をして、たまにオナニーをして寝る日々。

このまま何事もなく高校生になるんだろうなぁと思っていた。


しかし、あることをきっかけに俺の日常が急変する。

恋とは縁がなくても可愛いと思う子がいた。

別に1人に執着しているわけでもなく、各学年に何人ずついて、そいつらを妄想のネタにしたりしていた。


その中の1人に『絢美』という子がいた。

絢美は俺と同じクラスでたまに話す程度だったが、好みだったのでオカズにしていた。

見た目は色白で、服の上からだと本当にまな板なんじゃないかと思うほどの貧乳で、スレンダーなロリという感じだった。
性格はややいたずら好きで小悪魔的な感じ。


同じクラスということもありオカズにする頻度が一番高く、放課後に絢美のリコーダーの口をつける部分にちんこを擦り付けたり、絢美が水着を忘れた日に絢美の水着の股の部分を舐めたりと過激なこともしていた。


そんな絢美は、『K』という男子のことが好きだった。

本人は隠しているつもりらしいが周りにはバレバレで、知らないのはKだけといった状況だった。

そしてKも絢美のことが気に入っているようだったので、付き合うのも時間の問題だった。


早くKと付き合ってエッチすればKから絢美のこと聞けるかも、なんて思っていたある日の出来事だった。

その日、俺は下校中に忘れ物に気づいて教室まで取りに戻っていた。

忘れ物はジャージで、給食の時に味噌汁をかけられてしまったのでベランダに干しておいたのだった。

人気のない廊下を足早に去り、教室に辿り着くと干されているジャージを見つけた。

風に飛ばされてなくて良かったと思いながらベランダに出ると、綺麗な夕日が見えて思わず見惚れていた。


すると、教室のドアがいきなりガラッと開いたので反射的に身を屈めて隠れてしまった。

先生だったらなんか疑われて嫌だなと思いながら入ってきた人物を恐る恐る覗くと、なんと絢美だった。

どうやら彼女も忘れ物をしたようで、机をガサガサと漁っている。

先生じゃないことに安心してこのままやり過ごそうと思い、隠れたままボーッとしていると、何か声が聞こえる。

絢美の他に誰かいるのかなと思い、もう一度覗くが絢美1人しかいない。

もう一度だけと思い、そーっと覗くと何やらKの机で何かしている。

絢美はこちらに背を向けているので何をしているかよく見えない。


そこで匍匐前進で移動して違う角度から覗くと、どうやら絢美は角オナニーをしているらしい。

よく聞けば確かに喘ぎ声だ。

制服のスカートを捲ってパンツを押し付けてるみたいだが、ここからじゃパンツまでは見えない。

どうにかしてパンツが見たい俺は、覚悟を決めて開きっぱなしだったベランダの入口から匍匐前進で入り、机に隠れながら見える位置まで移動した。


絢美のパンツの色は白だった。

絢美のイメージにぴったりの白パンに興奮した俺は、ここでオナニーしてしまおうと思い、体勢を整えようとして机を蹴ってしまった。

絢美はびっくりしてこちらを見た。


絢美「だ、誰?」

俺「ご、ごめん。

見ちゃった」

絢美「えっ、あっ、その、お願い!誰にも言わないで!」

俺「えっ、でもそれKの机だろ?俺、Kと友達だし、黙ってるわけにはなぁ」

絢美「お願い・・・Kに嫌われちゃう・・・」

俺「うーん、じゃあそのまま続きをしてみてよ」

絢美「えっ、続きって・・・」

俺「さっきしてたことの続きだよ。

しないと言っちゃうよ?」

絢美「うう・・・」

観念したのかスカートの上から股を机をに押し付ける。


俺「さっきはスカート捲ってたよね?」

絢美「う、うん」

俺「捲れよ」

絢美は顔を真っ赤にしてスカートを捲り、角オナを再開する。

近くで見ると、絢美のスラッと伸びる白い脚が夕日に照らされてほんのり赤くなっている。

もっと近くで見たいと思い、絢美のパンツに顔を近づける。


絢美「離れてよ・・・」

俺「いいから続けろよ」

机の角が当たる部分に絢美のまんこがあるんだろうなと思うと、それだけで射精しそうになる。

しばらくするとパンツにシミができてきた。

絢美の顔を見ると、目を閉じて小さく声を漏らしながら感じている。


俺「パンツ汚れてるよ」

絢美「えっ、みっ、見ないでよ」

俺「このまま続けたらKの机が汚くなるじゃん」

絢美「じゃあもう終わりにするね。

絶対言わないでよね」

俺「誰が終わりにしていいって言ったよ」

絢美「だって机をが汚れるって・・・」

俺「俺の机なら汚していいからここでしろ。

あと、早くしないと見回りの先生来ちゃうからパンツ脱いでしろ」

絢美「やだ!絶対やだ!」

俺「じゃあすぐKにメールしなきゃ」

そう言ってメールの作成画面を見せる。


絢美「す、するからそれはやめて・・・でも私、角オナじゃイケないよ・・・」

俺「じゃあとりあえずパンツを脱げ」

絢美「はい・・・」

絢美が躊躇いながらパンツに手をかける。

まだマンコなんてモザイク有りの画像でしか見たことなかった俺は心臓が爆発しそうだった。


そしてついにパンツを下ろし始める。

まず薄っすらと毛が生えているのが見えた。

パイパンじゃないのかと思っていると、ついにマンコが現れた。

毛が生えているといっても薄っすらとだけなのでマンコが丸見えだ。

この時点でカウパーダラダラでスボンが少し冷たい。


絢美「脱いだよ・・・」

見惚れていた俺は絢美に言われてハッとなる。


俺「そ、そのパンツよこせ」

絢美「はい・・・」

俺「よし、じゃあ裏の森まで行くぞ」

教室では先生が来てしまう可能性が高い。

俺は絢美を楽しむために校舎裏にある小さな森に連れ出そうと考えた。


絢美「まだ許してくれないの・・・」

俺「当たり前だ。

それにこんなことが知れたら絶対Kに嫌われるぞ」

そう言うと絢美は黙ってついてきた。

逃げないようにパンツを奪ったが、よく考えると絢美は今ノーパンなのだ。

廊下には誰もいないので思い切ってお願いしてみた。


俺「スカート捲ったまま歩いてよ。

人が来そうだったら下ろしていいからさ」

絢美「嫌だよ・・・」

俺「もうマンコ見られてんだからいいだろ。

言っちゃうぞ」

絢美「はい・・・」

俺が後ろ向きに歩きながら急かすと、絢美は恥ずかしそうに顔を逸らし、目をぎゅっと閉じたままスカートを捲る。

マンコ丸見えの美少女と学校というアンバランスさに興奮した。

絢美はまだ目を閉じているので携帯をさっと取り出し写メる。

当時はガラケーで無音カメラなどなかったのでスピーカー部分を指で抑え、咳払いで誤魔化して撮った。

絢美はまだ目を閉じたまま歩いている。

早く森で色々したくなったのでスカートを元に戻させ森へと急いだ。



森に着くと、まずは座れる場所を探す。

この森は授業で来ることもあるので、何箇所か整理された場所があるのだ。

そのうちの1つ、よく集合場所に使われる場所に来た。

ここは円形に木が刈り取られていて、真ん中に石の机(おそらく学校関係者に持ち込まれたもの)があり、ちょっとした秘密基地のようになっている。

まずは絢美を机の上に座らせてさっきの続きをさせる。


俺「この上でオナニーしろ」

絢美「はい・・・」

俺「足閉じるな。

開いたまましろ」

絢美「んっ、ふっ、んっ」

絢美のマンコが少しずつ水っぽい音を立て始め、絢美も声が大きくなり始めたのでそろそろかなと思った時、絢美が小刻みに震え始めた。


絢美「あんっ、くっ、イク、そろそろ、イッちゃう、ああっ!」

ビクビクっと震え体を丸めてイッた。

俺は女子はイク時は潮吹きをするものだと思っていたので少しがっかりする。


絢美「はあ、はあ、もう終わりでいいよね?」

俺「まだだよ。

絢美だけ気持ちよくなっててずるいじゃん。

俺にもしてよ」

先程からパンパンに膨れてるチンコを取り出す。


絢美「きゃっ!しまってよ!」

俺「ほら、触ってみろよ」

絢美の手を無理矢理チンコに持ってきて触れさせる。

今まで自分の手しか知らなかっただけに、絢美の手が触れた瞬間カウパーが少し飛び出た。


絢美「いやだよぉ、もう許してぇ!」

絢美が泣きそうな表情で言うので少しイラッときた。


俺「いいからやれ!Kだけじゃなく全員に言ってもいいんだぞ!」

絢美「うう・・・」

恐る恐る絢美の手が伸びてきたチンコを握る。


俺「上下に動かせ」

絢美「いやぁ・・・」

俺「もっと優しくしろ」

なんだかんだと指示をするが、絢美も手コキなんかしたことないので気持ちいいどころか痛い。

焦れったくなったので口に入れることにした。


俺「もういいや。

そこのイスに座れ」

絢美はもう終わりだと思ったのか、座って少し表情が戻った。

だが俺はチンコを出したまま近付いて一言。


俺「フェラしろ」

絢美「いや!もうKに言ってもいい!帰る!」

俺「もっと早くそう言ってれば逃げれたのにね。

これ見て」

さきほどの写メを見せると絢美は泣き出した。


俺「俺のお願い聞いてくれたらこれ消してあげるよ。

でも帰るんだったら学校どころかネットに流すよ。

どう?フェラする?」

絢美「んっ、えぐっ、します、しますから消してください・・・」

涙でボロボロになった顔でそう言われてますます興奮したチンコを絢美の口に持っていくと、絢美がまずは先っぽを口に入れた。

だが、お互いにフェラの知識がなかったがためにチンコに悲劇が起きた。

そう、思いっきり歯が当たったのだ。


俺「いたっ!」

絢美「えっ、ご、ごめんなさい」

俺「歯が当たらないようにしろ!」

絢美「は、はい」

歯が当たらないようにと絢美が小さい口を懸命に開き、咥える。

さっきと違って温かい口内の感触が伝わってきた。

絢美は咥えたまま目を閉じていて動く気配がない。

俺もよくわからないのでそのまま口内の感触を楽しむ。

20秒ほどで物足りなくなったので、舌で舐めるように指示する。

途端、亀頭に刺激が来る。

快感とは違うくすぐったいような痛いような。

フェラはもうだめだと思い、入れることにした。


俺「フェラはもういいよ。

机に手ついてケツをこっちに突き出して」

絢美「えっ、それって、アレする気?」

俺「アレってなんだよ」

絢美「エ、エッチ・・・」

俺「そうだよ。

早くしろ」

絢美「お願いします・・・それだけは許してください・・・」

俺「お前、この画像を出会い掲示板とかに貼り付けたら、もっとキモイおじさんとかにレイプされるかもよ?今ここで俺とエッチして終わるかおじさん達にレイプされるかどっちがいい?」

絢美「・・・初めてなので優しくしてください・・・」

そう言ってお尻を突き出してきた。


俺「分かればいいんだよ。

入れるぞ」

入れようとするが初めてなのでどこかわからない。

手でマンコの位置を確かめても穴がわからない。


俺「自分でマンコ広げろ」

絢美「はい・・・」

絢美が自分で小さいマンコを広げてくれた。

しかし本当に穴が小さい。

入るのか不安になったが、とりあえず押し込むとキツいながらも先っぽが入った。


絢美「い、痛い!」

俺「まだ先っぽだけだぞ。

全部入れなきゃ」

絢美「イタイイタイイタイ!無理無理!入んない!」

後は根元だけだが、なかなか入らないのでケツを掴んで無理矢理入れた。


絢美「いやぁ!」

俺「ふぅ、全部入ったよ」

血は出なかったが、処女でも出ない子もいると何かで読んだので絢美もそのタイプなのだろう。


絢美「痛い、動かないで・・・」

正直、絢美の中は暖かくてヌルヌルしていて気持ちよく、すぐにでもイキそうだったので入れたまま少し休む。


俺「絢美のマンコめっちゃ気持ちいいよ」

絢美「いやぁ・・・」

射精の波が引いたので動き始める。


絢美「いたっ!まだだめっ!」

動かし方なんて知らないが無我夢中で腰を振る。

痛がっていた絢美も少しずつ声に艶が出てくる。


絢美「あっ、あんっ、んっ」

また射精感が来る。

今までにない大きな射精感だった。


俺「あっ、あっ、出そう」

絢美「いやっ、赤ちゃんできちゃう!出しちゃダメ!」

俺「ああっ!」

どくっどくっと普段なら2回くらいの射精が、この日は数え切れないくらい続いた。


絢美「うっ、うっ、もういやぁ!」

全部出し切ってチンコを抜き、絢美を机の下上に座らせて足を開かせると、小さいマンコにぽっかり開いた穴から大量の精液がダラーっと垂れてきた。

スカートに垂れそうだったので慌てて脱がす。

ついでに上に着ているものも脱がし、全裸にさせる。

絢美はされるがままだったので、精液が垂れてくるマンコと顔が一緒に写るように一枚。

絢美を立たせてマンコから太ももに伝う精液に交付しながら一枚。

他にも様々な写真を撮らせてもらったが、見事に表情が死んでいて面白かった。


俺「ありがとう、Kには秘密にしておくよ」

絢美「うん・・・」

何を言っても上の空だったが、精液がを拭いて服を着せて森を出ると少し生気が戻った。


絢美「絶対言わないでね・・・」

俺「いいよ。

その代わりたまにこうやって相手してね」

絢美「わかった・・・約束守ってね・・・」

ダメ元で言ってみたら意外にOK。

まぁあれだけされたら自暴自棄にもなるよなと勝手に納得して家路に就いた。
サンプル