kimamamh00211000496
10年ほど前の僕と妹の事を書きたいと思います。

当時、僕は高1で、妹は中1。

普通に仲良しの兄妹でした。

僕は中3からオナニーするようになってましたが、妹を女性として見ることはありませんでした。

それが、なんと妹の方から・・・。


本当に暑い日の出来事でした。

僕は帰るとシャワーを浴びて、パンツ一枚でリビングに寝転がってテレビを観ながらくつろいでいました。

他のお宅ではどうかわかりませんが、うちではパンツ一枚でいることは普通のことです。

するとそのうち遊びに行ってた妹も帰ってきました。


「今日も父さんたち、遅いって」

「じゃあマック?」

「ううん、そうめんを用意してあるって」

ボーっとテレビ観てたらだんだん眠くなってきて、知らない間に寝てしまいました。
そのうち、なんだか下半身がムズムズするなと思って目を覚ますと、なんと妹が僕のパンツをずらしてちんちんを見ているではありませんか。

なぜか気まずくて、すぐに目を閉じました。


あの瞬間のことは今でも忘れられないのですが、僕はひとまず寝たふりをすることにしました。

ただ、興奮でちんちんは大きくなっていきます。

両親が帰ってきたり僕が起きたらすぐに元に戻せるようになのか、妹はパンツの端を持ちながら見ていました。

なんだか慣れてる感じだったので、これが初めてじゃなかったのかもです。


僕の眠りが深いことは妹も知っていたことです。

いびきなどの演技をしながら、(もしかして触ってくるのかな?)と思いながら寝たふりを続けました。

大きくなったちんちんを人に見せるなんてことは今までなかったので興奮が収まりそうもありません。

もう僕はオナニーしたくてたまらなくなり、寝返りを打ったふりをして白々しく起きました。

ちんちんは出たままですが、寝ぼけて自分で出したようにサッと穿きました。


「あっ、いつの間に脱いでたんだろ。

お前、見た?」

「えっ!何を・・・?」

「いや、いいや、トイレトイレ」

トイレに入ると、擦るまでもなく、すぐに発射しました。


それ以降は妹を見る目が変わりました。

妹も女なんだと気付き、僕のちんちんに興味があることも。

とにかくエッチな目で見てしまうようになりました。


それまでの僕のオカズは友達から借りたDVDとかエロ本でした。

中でも僕が一番興奮してたのはエッチな小説でした。

クラスのある男子がエッチな小説を丸ごとパクって、登場人物の名前だけクラスの女子の名前にして、わざわざプリントアウトして配っていたので、それをネタにオナニーすることが多かったです。


そんな小説よりもリアルなエッチな対象が妹になりました。

まず、妹のいない時に部屋に入って下着を物色しました。

穿いてみたり舐めてみたり、色々しながらオナニーしました。

家の中で妹を見ても胸とあそこにしか目が行きませんでした。


そして僕は、また妹に見られたいと思うようになりました。

妹の裸が見たいとも思ってましたが、そこまでは勇気がありませんでした。


休みの日、朝から両親が仕事に出かけたので、今日しかないと実行に移しました。

ただ、妹が見てくれるかどうかは妹次第です。

昼ごはんを一緒に食べてから・・・。


「あ~今日も暑いなぁ。

俺、シャワー浴びるわ」

「本当に暑いね!」

「なぁ、アイス買って来いよ、おごるから」

「何でもいいの?」

「ああ、俺はガリガリくんな。

サイフそこだから」

妹にエッチな気分になってもらうために、実はサイフに仕掛けておきました。

開けるとAV女優のおっぱい丸出し写真が見えるようになっています。

妹が買いに行ってる間にシャワーを浴びて、一番ゆるそうなトランクスを穿いて、寝ながら待ちました。

そこに妹が帰ってきました。


「お兄ちゃん、これ」

「ああ、ちょっと俺、眠くなってきたから冷凍庫に入れといて」

「うん、わかった」

「あっ、1時間くらいしたら起してくれよ」

「うん」

僕は寝たふりに入りました。

仰向けで寝ているので、ちんちんに目が行きやすくなってるはずです。

ただ、アイスを食べているのか、妹はなかなか近寄ってきません。

でもきっとこっちは見ていると思い、パンツに手を入れてちんちんを掻いてみました。

正直、妹が脱がさないなら自分で脱いでしまおうと考えていました。


20分ほど経った頃でしょうか、妹が近くに寄ってきたような気配を感じました。

そして妹はパンツを摘み、ゆっくりちんちんを出していきました。

僕はもう大興奮です。


そして妹は、その日はすぐに触ってきました。

袋の方からぎこちない感じで触って、先っぽ辺りを触っているときには、かなりちんちんは大きくなっていました。

ガバッと起きて妹を問い詰めるのも面白いなと思いましたが、その日はそのまま触られていました。

そして1時間後に起されました。


「あー、よく寝たな~。

ありがとな、起してくれて」

「ううん」

妹の返事はあきらかに動揺してるようでした。

そのトランクスはゆるいので、座ると袋が少し出てる状態でしたが、それを見せながら妹と話しました。


そして実は、その日はそれで終わりませんでした。

とにかく暑い日で、妹も疲れて夕方には寝てしまったのです。

リビングで足を大きく開いてうつ伏せで妹が寝ています。

すぐに足の方に行きました。

タオル地のショートパンツからパンツが覗いています。

僕はまた興奮してきました。

たぶん起きないだろうと思い、そこでオナニーしてみようと大胆なことを考えました。

もう暑さでおかしくなってきてました。


ティッシュを用意して、妹を見ながらちんちんを擦りました。

暑さでリミッターが外れてしまいました。

妹のパンツを少しずらして中を見てみようと思いました。

かなりドキドキしていましたが、いつ起きるかわかりません。

もし見つかったら、「さっき、お前だってちんちんを見てただろう」と言ってやろうと覚悟を決めました。


少し妹のパンツは湿ってました。

この暑さなので汗でしょう。

そしてようやくパンツを摘んで横に少しずらしました。

左手でずらして、右手でちんちんを擦っているので、飛び散ってしまうと思い、ティッシュでちんちんを巻きました。

もう何がなんだかわからない妹のあそこを見て、ものすごい勢いで発射しました。


それでやめておけばいいのに、その日はまだ続けました。

妹も触ったんだから僕も触ろうと考えました。

もうバレてもいいくらいの勢いです。


今度は左手でパンツを摘み、少しずらして右手の人差し指であそこを触ってみました。

汗なのか、とにかく濡れています。

あとお尻の穴も見えてて、とにかくいやらしかったです。

結構大胆に触りながら、またそこで発射しました。


まだ続きがあるのですが、このとき妹も寝たふりをしていたということを、最近話した時に初めて知りました。
サンプル