kimamamh00211000352
会社の部署で旅行に行った時の話。

男5人、女3人で行った。

男は俺(24歳)。

他の男は20代1人、40代1人、50代2人。

女は30代1人と20代2人。

20代は俺と同じ年のEと、4つ上のI。


Eは天真爛漫で可愛い感じ。

ムッチリ系。

Iは顔もスタイルも米倉涼子にそっくり。

ただ一点違うのが胸もスリムな点。


旅行は2泊3日。

それは最後の夜に起こった。

夕食は男部屋で小宴会のような形式だった。

食事は美味しく、俺以外は酒が好きでかなり盛り上がっていたが、俺は酔っ払い、途中から寝てしまっていた。
それから数十分経った頃だろうか。

俺はIに起こされた。

周りを見ると料理は片付いており、そこにいたのは、俺とIと、布団を敷きに来たおばさんたちだけだった。

Iの話によると宴会が終わった後、俺はなかなか起きなくて、他の人は風呂やゲームセンターなどに行ってしまったとのこと。

Iは一緒に行かず酔いを覚ましがてらテレビを観ていたが、布団敷きのおばちゃんが来て、俺が邪魔だったらしく起こしたとのことだった。


しばらく邪魔にならないように部屋の隅で布団を敷くのを見ていると、最年長の課長が風呂から帰ってきた。

それじゃあと風呂でも行こうかと思い、着替えを持って部屋から出た時、Iに呼び止められた。


Iは、「お風呂行く前に温泉街を散策しない?」と誘ってきた。


普段テキパキと仕事をこなし、定時に帰り、たまの飲み会も2次会には行かないIが、温泉街の散策に誘うなんてなんだかすごくギャップを感じた。

俺も酔いもあったし、正直嬉しかったし、せっかくなので2人で街に出ることにした。


温泉街は昔懐かしい感じがして、とても良かった。

それぞれお土産を買い、ソフトクリームなどを食べ、20代の俺たちは傍から見ればカップルに見えていたのかな。

ひと通り散策し、どちらからというわけでもなく足は自然と宿の方へ伸びていた。

俺は1人でももう少しプラプラしようと思う気持ちと、もう少しIと歩きたいという下心を抱きつつ、「もう少し歩いてくる」とIに告げた。

するとIも、もう少し歩くということになり、また温泉街に向かった。


この時、急にIを意識し始めた。

何とかしたいと思った。

俺はもう見たいところは見たので行くあてもなく歩いていたが、このままでは歩いて帰るだけだと思い、必死できっかけを探していた。

すると先ほど素通りした足湯があった。

これはと思ってIを誘い、2人で入浴。

向かい合って座り、落ち着いたこともあり、俺はIと話しながら全身を観察した。


タイトなTシャツから伸びる白く細い腕。

デニムのスカートから伸びる白く細い足。

微妙に膨らむ胸。


そして足湯から出る時、ちょっとしたハプニングが起きた。

Iは足湯から出る時に足を開き浴槽から出ようとした。

俺はそれを思いっきり眺めていた。

すると俺の視線気づいたIが、「見えた?ってか見過ぎ」と言った。

俺は慌てて目を逸らしたが脳裏にはIの薄緑のパンツが焼きついていた。

そしてここで俺は動揺しながら賭けに出た。


「ちょっとしか見えてないよ。

緑のパンツ(笑)」
「・・・って見てんじゃん」

「あんな体勢すれば見えるよ。

ごっつぁんです」
「もう最低(笑)」

「もう1回入ろっか?(笑)」
「アハハ」

そんなこんなで足湯を後にしたが、俺はエロ全開、暴走し始めていた。

俺はせっかく作ったエロい雰囲気を終わらせたくなく、どうしようか考えた挙句、「ミドリノパンンツ、モウ1カイ」とIに聞こえる声で呪文のように呟いた。

我ながらバカだと思う。

それにIも反応して「もう(笑)」と言い、なかなかいい感じだったので勇気を振り絞り、「手、繋がね?」と言うと、Iは黙って俺の目を見たので、俺は何も言わずに手を取って歩き始めた。


歩き始めてすぐに暗い路地があったので俺はIの手を引っ張り路地に引き込んだ。

そして間髪入れずにキスをした。

唇が触れた瞬間、少し離されそうになったが、抱き締めて頭を押さえるとすぐに抵抗をやめ、俺が舌を覗かせるとそれに応えるようにIの舌も俺の舌に絡みついてきた。

それからはお互いの口がグチョグチョになるほどのねっとりとしたキスをした。

もうここまで来ると心も息子も収まらなくなり、後ろに回した手を徐々に前へ。

胸の方へ移動させたが、さすがにここでストップがかかった。

仕方なく宿に戻ることにした。


俺は宿に帰り風呂に入り、みんなが寝るのを待った。

みんな酒を飲んでいたこともあり、22時には寝てしまった。

そして俺はこっそり部屋を抜け出し、Iに電話した。

Iはもう1人の女(E)と一緒にまだ起きていたが、「あ、彼氏から電話だ」と言って部屋から出てきてくれた。


Iの格好は下は寝るとき用のスウェット、上は長Tというラフな格好だった。


俺たちは館内を歩きまわり、セックスをする場所を探した。

この時はもうお互いの気持ちが確認できており、開放感から館内を歩くときもラブラブしながら歩いていた。

館内はとても広かったがなかなかいい場所がなく、仕方ないのでトイレに行った。

男便所の個室に入り、すぐさま唇を奪い濃厚なキスをした。

そして今度はいきなり長Tの下に手を滑り込ませ、ブラの上から小さな胸を愛撫した。


「はぁぁ・・・小さいから恥ずかしいよぉー」

気にせずブラを外して生パイを触る。


「はぁぁぁ・・うぅぅぅぅ・・・」

洋式の便座の上にIを座らせ、Tシャツとブラをとる。

Iの乳首は綺麗なピンク色をしており、小さいがとても形のよいおっぱいだった。

俺はその乳首のまわりから丁寧に舐める。


「あぁぁ・・・やばい、気持ちいぃ・・」

さらに続ける。


「ちょっと、やばい、声が出る・・・」

それならと立たせ、パンツの中に手を入れる。

手を入れると、漏らしてんじゃね?ってくらいヌレヌレ。


「パンツまでビチョビチョだよ?」
「うるさい」

「でも感じてるんでしょ?どうして欲しいの?」
「・・・」

「まんこ触って欲しいんでしょ?」
「・・・触って欲しい・・・」

俺はIを立たせ、スウェットと下着を一気にずらし、Iのまんこを指で刺激した。

Iのまんこはぐっしょり濡れており、俺はゆっくりと指を動かし始めた。

Iの力がだんだんと抜けていくのがわかる。

もう立っていられない状態になっていた。

俺はIを便座に座らせて足を広げた。


Iは手で隠そうとしたが、「ホントは舐められたんでしょ?」と言って手を振りほどいた。


Iは観念し、声を押し殺しながら感じ始めた。

Iはクリトリスよりも中の方が感じるらしく、舌を尖らせて穴に入れると俺の顔を自分の股間に押さえつけて「はぁはぁ」言い出した。

そこで俺は舐めるのを一旦止め、指で刺激した。

すると先ほどまでとは明らかに違う反応でよがりだした。

さらに続けると・・・。


「やばい。

あぁん、ホントやばい、いいいいい、イッちゃうぅぅぅ」

俺はさらに激しく掻き回す。


「あぁぁっぁ、だめぇええぇぇーーーーーー」

ちょっとやばいかもと思うほど大きな声で絶頂に達したようだった。

少しの間ぐったりとしていたが、いじわるしてさらに指で続けようとすると本気で拒否られ、「今度は私の番」と言い、俺を立たせてチンコを舐め始めた。

最初は俺の顔を上目遣いで見ながらゆっくりとねっとりと口を這わせていた。

俺もだんだん気持ち良くなり声が出始める。

それにIも反応し、「もっと声出して」「気持ちいいんでしょ?」と攻めてきた。


「気持ちいいぃ」

俺はIの口撃に耐えられなくなり、「やべぇ。

イキそうなんだけど」と言うと、Iは何も言わずに笑ってさらに激しく攻めてきた。


「うぅぅぅぅぅぅ」

そして俺はIの口の中で果てた。

尿道を精子が通った量が半端じゃなかった。

今までこんなに出たことはないだろうという量の精子をIの口の中に放った。

Iはそれを全部飲んだ。


「いっぱい出たね。

ちょっとびっくりした」
「今までで一番出たと思う」

「嬉しいなぁ。

へへ」
「かなり気持ちよかったよ」

少々余韻に浸り、お互い身なりを整え便所から出た。

トイレをでて廊下を歩いている時。


「ねぇ、風呂行かない?」

「え?2人では無理でしょ?」

「家族風呂があるんだよ。

しかも露天の。

ちょっと聞いてくる」

そして俺はフロントに行き、家族風呂の利用を申し出るとOKとのこと。

お金を払い、エレベーターで露天のある階まで行った。

Iは風呂に着くと躊躇なく脱ぎ始めた。

俺が少しびっくりしていると、「早く脱げー」と言って襲いかかってきた。

急いで脱ごうとしたが、慌てすぎてなかなか脱げずにいると、「脱がしてあげる」と言ってIが服を脱がせてくれた。


全裸になった俺の息子はすで復活していたのだが、2人でそのまま風呂場へ行った。

露天風呂だけあって景色がよく、俺はIに後ろから抱きながら夜景を眺めていた。


「きれいだね」などと言いながらもすでに息子はビンビンでIの背中を刺激していた。

Iは振り返り、「もう大きいんだね(笑)」と言うと、パクっと俺の息子を咥えてフェラを始めた。

1回イッていたので感度が鈍かったが、それでも気持ちよかった。


「ちょちょっちょ、ちょっと待って!!」

程なく射精感が高まってきたのでIを立たせ、今度は俺が攻めた。

Iのまんこは毛が薄くてとても舐めやすい。

片足を石につかせ、股間に潜り込み、クリを舌で中を指で刺激した。

初めは少しくすぐったいような感じだったが、徐々に喘ぎだした。

まんこが指に吸い付く。

次第に中から液が溢れてだした。

クチュクチュと音を立てながらさらに指を掻き回した。

しばらくするとIもイキそうになったのか・・・。


「指じゃ嫌・・・チンチンがいい・・・」

そしてIは後ろ向きになり、自ら穴へチンチンを導いた。

まんこはもう濡れ濡れで俺のチンコをすぐに受け入れてくれた。

目の前に広がる夜景。

露天の解放感。

立ちバックの状態でゆっくりゆっくりと出し入れした。

するとIも自分で腰を使い始めたので気持ち良さが倍増。

両手で乳首を刺激ながら徐々にピストンのスピードを上げる。


「あん・・・あん・・・あん・・・あん・・・」

深く挿入するたびにIも声が出る。

さらに激しく突くと・・・。


「うぅぅぅぅぅ・・・あぁぁぁあーーー、ダメダメダメ・・・イクゥゥゥッゥゥ・・・アーーーーー」

Iがイキそうになったのでさっと抜く。

体全体で息をしながらもじもじと体をくねらす。

少ししてまた挿入し、激しく掻き回すように突く。


「そこいい!そこいい!そこ当たる、ウァウヌーーーアァァァァァァァーーー」

ここでも俺はIがイキそうになるのを見計らってさっとちんこを抜く。

これを2~3回繰り返すとIはもう狂乱状態。


「あーーーーうーーーーー。

お願い、お願いだからイカせて!」
「イキたい?ちゃんとお願いして」

「お願いします。

イカせてください」
「どういう風にして欲しいの?」

「◯◯のチンチンをIのまんこに入れてぐちゅぐちゅに掻き回して!」
「エロいなー」

俺も射精感が高まってきたので最初はゆっくり、イキそうな波を超えた後でマックススピードで腰を打ちつける。


「あぅあぅあぅイクーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

Iはイッたが俺はまだだったのでさらに続け、イキそうになった時に、「中ってヤバイ?」って聞いてみると、Iは、「ぁぁぁ・・・ぅぅぅぅぅ・・・」という感じだったので、思いっきり奥で中出しした。

またしても腰が抜けそうになるくらい気持ちよかった。

Iはチンコを抜いても、「ぅぅぅぅぅ」という感じだった。


「I、大丈夫?」
「ぅぅぅぅ」

「ねえI!」
「ヤバイ・・・意識飛びそう・・。

こんなになったの初めて・・・。

ってか中に出したの?」

「気持ち良かったね。

俺たちって相性合うな」

とりあえず話を逸らしてみた。

2人で体を洗い、風呂を出た。

中出しに関しては特に追及されなかった。

それから部屋の前でキスをして、それぞれの部屋に入った。


翌日、他のメンバーには俺たちの行動はばれていない様子だった。

この後、旅行は別段変わったことなく終了し、その後Iとは何事もなかったように時間が過ぎて行った。


そして月日は流れ、昨年の3月、Iが寿退職をすることになった。

実は俺もすでに結婚していたんだけど・・・、その送迎会での出来事だ。


その日はみんないつも以上に飲み、俺はいつものごとくダウン寸前だった。

途中の記憶はあまりないのだが、Iが帰ることになった時、なぜだか俺が駅まで送ることに。

俺、かなり酔ってたんだろうなぁ。

あの日から数年。

自分だって結婚しているのに、あの日限りの関係だったIが結婚するという事実がすごく複雑で、もうこれで最後だからという適当な言い訳でIを送る帰り道、エレベーターの中でIを後ろから抱き締めた。

エレベーターからは夜の街の灯りが見えていた。

Iは俺のその行動にじっと耐え、体を小さく震わせて・・・。


「何してるの?私、結婚するんだよ?」

覚悟していたが、俺には返す言葉がなかった。

俺は後ろから回した手を振りほどき、体を回転させこちらを向かせ、キスをした。

Iはこれを受け入れ、舌を絡ませた。

時間にして1分程だったろうか。

エレベーターが1階に着いたことを知らせる音が鳴り、キスが終わった。

終わるとIはさっと後ろを向き・・・。


「送ってくれてありがと。

ここでいいから・・・今日の夜景はいまいちだったね。

・・・じゃあね。

バイバイ」

そのまま振り向かずに歩き去って行った。

俺はドアが閉まって行き先のないエレベーターの中で、半勃起しながらちょっと泣いた。
サンプル