kimamamh00211000354
オープンさせた美容室での体験談。

ボクは10年近く東京の有名美容室で修業をしていました。

そして昨年、ようやく地元で、と言っても田舎町ですが独立して、完全予約制のこぢんまりしたお店をオープンしたんです。

ただ、思っていたほど、こちらのお客さんは頻繁には整髪のために来店しません。

覚悟はしていましたが、東京と違って水商売のお姉さんも圧倒的に少ないので、売上げのやりくりで日々苦労していました。


そんなある日、店を閉める間際に飛び入りで、初めてのお客さんが来ました。

表向きは完全予約制ですが、お客さんが少ないのでもちろん接客しました。

30歳後半のスリムでキレイな奥さんでした。

左手の薬指に指輪をしてましたし、対応中の会話でも「旦那が単身赴任してるから寂しい」と言ってましたので・・・。


とりあえずボクは常連さんになって欲しさに出来る以上の接客をしようと思いました。

そして、もうお客さんが入って来ないように、「ブラインドを下げてよろしいでしょうか?」と聞きました。
「あら、もう閉店だったのね?ごめんんさい」

奥さんはすまなそうにそう言いました。


「いえ、大丈夫ですよ」

そう言って店のブラインドを下げて、外からは見えないようにしました。

奥さんにチェアに座ってもらい、クロスをして洗髪をしてからカットを始めました。

次のお客さんもいないし、お店はもうこの奥さんで終わりなので、ボクは時間を気にせず丁寧にカットしながら色々な話をしていました。

話があちこちに飛ぶ奥さんで、だんだんエッチな話になってしまいました。

かなりフレンドリーになったので、冗談で鏡に映った奥さんを見ながら耳たぶを触れたり、うなじを指でなぞったりしました。

くすぐったそうにする奥さんの姿が可愛くてたまりませんでした。


そうこうしているうちにカットも終わり、ドライヤーでのセットも終わり、最終確認で手鏡で色々な角度から奥さんにチェックしてもらいました。


「いかがでしょう?」

そう言って後ろの髪を見せると、「うん、いい感じ・・・。

もう終わっちゃうの何だか寂しいわね」と言われ、ボクは苦笑いしながら、「そうですね。

お待ちしてますので、いつでもお越しください」と言ってクロスを外しました。


すると突然、奥さんはボクの手を握って、「誰も入ってこないんでしょ?」と言って、ブラウスの上からボクの手を胸に押し当てました。

そしてブラウスのボタンをひとつふたつと外して、ブラの中にボクの手を入れました。

ちょっと触れてしまったのですが、すでに乳首が硬くなってるのがわかりました。

さすがにマズイと思って、「奥さん、これマズイですよ!」と言うと・・・。


「夫も単身赴任でご無沙汰だし、久しぶりにイケメンの美容師さんに髪を触られてたら感じちゃったみたい・・・」

奥さんはズボンの上からボクの股間をさわさわしてきました。

そして満面の笑みを浮かべながら、「ほら、美容師さんだって・・・こんなになっちゃってるじゃない」と言われてしまいました。

確かに彼女もいないし、東京から地元に帰って来てから店のオープン準備などでオナニーすらしてないかったので不覚にも勃起してしまいました。

すると奥さんは、「もっとこっち来て」と言うとズボンのベルトを外してボクサーパンツを下ろされてしまいました。


「あら、すごい元気じゃない!?それに大きい・・・」

なんと奥さんは勃起したちんちんをパクっと咥えてしまいました。

奥さんのねっとりした舌使い、ジュポジュポ音を立てながらバキュームのすごさに思わず・・・。


「あっ、奥さん・・・」

奥さんの口の中に射精してしまいました。

奥さんしばらくボクのちんちんを咥えたままの状態で最後の一滴まで絞り出すように手で根元をしごき、口の中の精子を全部飲み干してくれました。


「はぁ、いっぱい出たわね。

溜まってたの?」

ボクが素直に頷くと、「じゃあ、またすぐに回復するわね」と言って微笑みました。

そして奥さんはおもむろにスカートを捲くって自分でパンティを脱ぎ始め、「今度は私のも気持ちよくしてくれるかしら?」と言ってチェアの上で足を開きました。

ボクはさっきのお礼とばかりに奥さんの足の間に顔を埋めてクンニを開始しました。

奥さんのアソコはすでにしっとり濡れていました。

ペロペロと舐め出すとすぐに小さな声で、「あっ」と吐息が漏れました。

ボクはそのまま顔を埋めてクンニを続けながら、両手を伸ばして奥さんの胸を揉んでは乳首を摘まみました。


「あぁ~ん、そんなことしたらダメよ。

あっん、あぁ、イッちゃうじゃない・・・」

奥さんは腰をクネクネさせてよがり始めました。


「ちょっといい?ちょっとこっち来て・・・」

そう言って、奥さんは一旦ボクにクンニを中断させました。


「どう?こっちのほうはもう復活したかしら?」

奥さんはちんちんを握って確めてきました。

イッたばかりでしたが、奥さんのアソコをクンニしていたら半勃起状態になっていました。

奥さんは、「もうちょっとね?」と言ってまたボクのちんちんを咥え、フェラをしてきました。

ねっとりした舌使いに、すぐにボクのちんちんは硬くなってしまいました。

すると奥さんは口を離し・・・。


「来て・・・。

ねぇ、来て・・・これ入れてちょうだい」

もちろんボクのそのつもりになっていたので、奥さんの両脚を抱えてチェアの上で開脚させてちんちんをゆっくり押し込みました。


「あぁ~ん、久しぶりよ。

あぁ、主人のより大きくてすごい硬いわ」

奥さんは上体をエビ反らせてよがりました。

ボクも久しぶりのセックスだったので興奮してしまい、奥さんのアソコ目掛けて激しくズボズボとちんちんを出し入れしました。

ちんちんを突きあげるたびに奥さんの喘ぎ声とチェアのギシギシする音が店内に響きました。

まさか自分のお店でこんなことをするなんて思ってもいなかった僕は、それだけで射精感がこみ上げてきてしまいました。

しかし、先ほどフェラですぐにイッてしまい、またここでイッてしまってはと思い、ボクは一旦ちんちんを抜いて、奥さんにチェアから下りてもらうように促しました。

そしてセット台に両手をつかせて鏡に奥さんの姿を映しながら、改めてバックからちんちんを挿入しました。


「あぁ~んすごいわ、すごいわ・・・。

そんなにしたらダメよ、ダメ・・・。

いっぱい感じちゃうわ~」

奥さんのお尻の肉に激しくパンパン打ちつけました。


「奥さん、どうですか?気持ちいいでしょ?俺も気持ちよくてまたイッちゃいそうですよ。

奥さん、一緒にイキましょう」

そう言うと高速でパンパン突きまくりました。


「あぁぁぁぁー、ダメっ、ダメ・・・。

ダメ、私も、私もイッちゃう・・・。

あ、イク~」

ボクはイク瞬間にちんちんを抜いて、奥さんのお尻に射精しました。

奥さんはしばらくグッタリしていましたが、お尻に出した精子を拭いてあげると服装を整え、何事もなかったようにカット料金を払って笑顔でお店を出て行きました。


それからは月に2~3回、閉店間際に来店しては、閉店後の店内でボクとセックスするようになりました。

今ではお店の売上の面でも、ボクの性欲処理の面でも大切なお客さんです。
サンプル