kimamamh00211000362
今までで一番快感を得たセックスの話。

競馬場で知り合った悪友Tに妻を犯されました。

Tは妻に自分の彼女を私に寝取られたと言い、ホテルに連れ込んだのです。


競馬友達のSが、「Tがお前の女房と寝たって言いふらしてるよ」と電話をかけてきた。

詳しい話を聞くと、妻のセックスのときの癖や身体の様子など、妻の裸を見た者でなければわからない話をしていたらしい。


妻を問いただした。

妻はあっさりと白状した。

私がTの彼女を抱いたと思っていたらしい。

嘘だとわかった妻は申し訳なさそうにすべてを語った。
「どんな感じだったんだ?」
「ホテルに連れ込まれて、裸にされて・・・」

「それで?」
「あそこを舐められているうちに、だんだんしたくなってきて・・・」

「フェラチオもしたのか?」
「おちんちんを咥えさせられて・・・」

「どうだった?」
「すごく硬かった・・・」

「大きさは?」
「太さは普通だけどすごく長かった・・・」

「どれくらいハメられたんだ?」
「わからないけど結構長かった・・・」

「イッたのか?」
「うん、2回・・・」

「そんなに良かったのか?」
「奥まで突かれるから変な気分になって・・・」

「で、どこに出したんだ?」
「『中はだめ』って言ったのに・・・」

「中に出したのか?」
「だって・・・」

「許したんだろう?」
「私、それどころじゃなくて・・・」

「他の男に出されて何ともないのか?」
「だって・・・」

「1回だけか?」
「ううん・・・」

「2回もしたのか?」
「・・・」

「何回したんだ?」
「5回・・・」

「お前、自分からも求めたんだろう?」
「だって・・・、1回も5回も同じでしょ?」

「そんな・・・」

なぜか私のペニスはコチコチに勃起していた。

すぐに妻を裸にして妻の中に押し入った。

妻はすでに普段の何倍も濡れていた。

妻の中にペニスを入れたままピストンを繰り返した。

時折キュッキュッと私のペニスを締めつけてくる。


奴はこの中でペニスを締め付けられながら快楽を味わったのだ。

全裸の妻が白い裸体を開き、長いペニスの往復を何時間も味わいながら、その柔らかくとろけるような感触に我慢できずにペニスの先から快楽の白濁した液を妻の中に思う存分吐き出したのだ。


悔しいけれど、今までに一度も味わったことがない股間を突き上げるような快感が私を掻き立てた。

いつもは当たるはずのない妻の内部を私のペニスが突き上げた。


「あなた?いつもと違う・・・興奮してるの?」

妻が尋ねた。

私は無言のまま妻を攻め続けた。

いつもの何倍もの快感の束が身体中から一点に集まってきた。

すべての快感がペニスの先に集中し、細い管から一気に快感を吐き出した。

その晩、私はペニスが赤く腫れあがるまで妻を責めた。


「私が他の男に抱かれるのって、そんなに興奮するの?」

妻がつぶやいたが、返事もせずに眠りについた。


(もう一度・・・今度は私の目の前で・・・)

そんな欲望を抑えつつ、それから毎晩妻を抱いている。
サンプル