14
同僚の友人A子との体験談。

金曜の夜、会社の同僚と飲んでたら、途中から同僚の知り合い女子2人が参加することになった。

2人の女子は同僚の学生時代の友だちで、たまたま近くで飲んでたから合流という流れ。

俺は初対面。

同僚と同い年だから26歳ってことになる。


ちなみ俺は27歳。

入社年次は同じだけど、一応俺が一番年上。
<スペック>
A子:160センチくらい。

肉付きいい感じ。

胸の盛り上がりが目立って仕方ない。

可愛いと美人の中間くらい。


B子:150センチくらい。

かなり小柄でスリム。

ショートカット。

ちょっとロリ入ってる。

可愛い。


2人とも今はフリーってことで、俺と同僚もフリーだから4人ともフリーな状態。

合流した時すでに4人とも酔っぱらっていて、少し飲んだ後でカラオケ行くことになった。

時刻は終電間近。

1時間でカラオケ入ったら終電を逃すことになる。

この時点で朝までコースが決定。

飲み放題で入ったから、全員、飲むわ歌うわで、騒いだ。

B子は歌が上手かった。

A子は普通。


それにしても全員酒が強い。

どんどんグラスを開けていったけど、潰れる人が出ない。

ようやく朝方になってB子が疲れた様子を見せて休憩モード。

3人で歌って飲んで5時になり4人でカラオケ店を出た。

帰る方向は、同僚とB子が一緒、俺とA子が一緒だったので駅で二手に分かれた。

A子は俺と同じ方向だけど、乗り換えもあって結構家が遠い。

そこで俺は言ってみた。


俺「家遠いからさ、俺んちで休んでいけば?」

A子「いいの?休みたーい」

俺んちの最寄り駅で一緒に降りた。

俺んちに入ったら、A子はすぐにベッドにバサっと倒れ込んだ。

「苦しい」とぼやきながら、着ていたワンピースのボタンを2つ外した。

それを見て、俺はA子に覆いかぶさった。


A子「んんん~、やっぱり~」

またぼやくA子。

キスしたけど抵抗はない。

舌を入れても抵抗はない。

むしろ激しく舌を絡めてくる。

俺の家に来た時点で、A子もそういうつもりだったんだろう。


A子のワンピースを脱がすと、黒いブラジャーにこんもり実った巨乳が現れた。

(酔って幻覚を見てんのか?)と一瞬疑ってしまうほどデカかった。


「すごくない?まじデカいんだけど」と聞いたら、「一応Gカップ」とA子。


俺「一応って何?」

A子「たまにHカップ(笑)」

今まで最高でFカップだったから興奮した。

ブラジャーを外したら、乳輪ちょい大きめの巨大な乳房が登場。

巨乳というより爆乳だ。

揉んだり舐めたり摘んだり、存分に楽しませてもらった。


乳首が弱いらしく、ちょっと強めに刺激したらアンアン言いながら、「上手~、気持ちいい~」と。

マンコの方に移動して触ってみたらグッチョグチョだった。


「汗臭いから~ダメ~」って言いながらお尻を突き出してくる。


なんで俺はグチョグチョのマンコをたっぷり舐めた。

A子は「ああーーーん!」って喘ぎまくっていた。


途中から指入れて掻き回すと、「ああーーーん!やばいーーー!」って、隣に聞こえないか心配になるくらい絶叫し始めた。


「やばいやばい!本当にイクっーーー!」

舌と指の同時攻撃で一気にイッてしまった。

クタっとなったA子。

再び爆乳を揉みながらキスを繰り返したら、A子がむくっと起き上がって俺のパンツを脱がせにかかった。

この時点でカチカチに勃起していた俺のチンコ。

A子はそれを見て、「やばい!デカいんだけど!」と、はしゃぎ始めた。

竿を握りながら、「え~何これ~、ほんとでっかい!」「絶対今まで大きいって言われたでしょ?」「これは過去最高のサイズ」とか1人で言ってた。

フェラをしても、「全然入りきらないんだけど!」「口が苦しいよ」と、ぼやき続けるA子。


「大きすぎて上手くできない」というA子のフェラは、俺のがデカすぎたせいかもしれないけど、普通のテクニックって印象。


しばらくフェラしてもらった後、「ほんとに心配、不安」とぼやくA子に挿れた。

亀頭を入れただけで、「やっばい!!」と叫ぶA子。

奥の方まで入れていったら、「おっきい!すっごい!」。


A子「全部入った?」

俺「まだ半分くらい」

A子「ウソ?まだ半分!」

俺は一気に奥まで差し込んだ。


A子「ヒィイイーーー!」

大きすぎる声で絶叫するA子。

こっちはマジで近所迷惑とか気にしてしまった。


A子「やばい!ストップ!ストップ!」

A子がそう言うから、動きを止めて抱き合った。


A子「やばいねこれ、ほんとにすごいわ」

少しずつ腰を動かしていく俺。

その動きに合わせてA子も喘ぐ。

入り口から子宮口までストローク繰り返したら・・・。


「すっごい当たる!あ、また当たった!当たってるぅーーー!」

何だかA子に実況中継されてるみたいだった(笑)
爆乳を拝みたくて騎乗位に持ち込もうとすると・・・。


A子「ちゃんと出来るかな、不安・・・」

それでも騎乗位になると、腰をグイグイ沈めて前後に腰を動かす。

クリトリスと子宮口を同時に刺激している状態で、A子は言葉を出すのも止めて一心不乱に腰を振っていた。

しかも爆乳をブルンブルン揺らして壮観な眺めだった。


しかし、その激しすぎる動きと光景に俺もイキそうになってしまい、けれど、ちょうどその時、A子が、「ああん、ああん、ああああああん・・・うううぉおおーーー!」と雄叫びをあげながらイッてしまった。

そしてクタっと自分の身体を預けてくる。

身体が波打つように痙攣している。

1人で勝手にイキやがってと思った俺は、A子を抱きかかえ、正常位に戻して、ひたすら打ち込み続けた。


A子は目を瞑って、「ううぅ・・・ううぅ・・・ううぅ・・・」と唸ってる。


途中からは涎を垂らし始めていた。

薄っすら白目を剥いていた。

その表情がエロすぎて、俺は射精感を覚え、チンコを引っこ抜きA子の爆乳にぶちまけた。

胸の谷間に白い池みたくなって俺の精子が溜まってる。

A子は気を失ったみたいようで何もしゃべらない。

身体だけピクピク痙攣している。

俺もA子の横に行って目を閉じた。

一晩中飲んで遊んだ後ということもあって、すぐに眠りに落ちた。


翌朝、というかお昼、目を覚ましたA子。

俺も目を覚ました。

騎乗位で腰振ってた時、「頭真っ白になった」そうだ。

だけど、その後については覚えていないらしく、「もう1回したい」と言われた。


2人ともシャワー浴びた後、もう1回した。

前回と同じように騎乗位でA子はイキまくって痙攣、そして気を失っていた。

その後、途中でご飯タイムを挟みつつ、1日中ヤリっぱなしで6回した。

A子から、「このチンチン最高に気持ちいい」と褒められた。


それからは毎週末、A子と1日中セックスする日々が続いている。
サンプル