0501

スーパーで出会った奥さんとの話。


3ヶ月ほど前、一人暮らしを始めました。


引っ越したばかりの頃、安月給なので自炊する事にし近所のスーパーに買い物に行きました。


とりあえず米を買い、オカズはとにかく自分の好きなものを食べようと思い、生姜焼きを作る事にしました。



 
と言っても何を買っていいのか分からず、肉売り場の前で生姜焼き用の肉を探していたら、隣で肉を吟味している奥さんが居たので思い切ってどの肉を買ったらいいか聞いてみました。


俺「すみません。

生姜焼きを作りたいのですが、どの肉を買ったらいいか困ってて・・・、どれがいいんですかね?」

奥さん「生姜焼きならこれがいいと思うわよ。

一人分?」

その奥さんは気さくに教えてくれました。


俺「一人分です。

生姜焼きの肉って豚肉なんですね~」

豚肉か牛肉すらわからない俺を見て、「そこ?豚肉だという事も知らなかったの?」「他に必要な物は買ったの?」と奥さんは俺が持っていた買い物かごを覗き、足り無い食材を教えてくれました。


おかげで無事に生姜焼きを作る事ができました。


何日かして同じスーパーで買い物をしているとその奥さんが居たので、「先日は助かりました」と挨拶しました。


初めて会った時は生姜焼きの事で頭がいっぱいだったので気づきませんでしたが、奥さんはなかなかの美人で、大人の色気と言いますか、なんとも言えない雰囲気があり、しばらく会話した後、思わず、「今度お礼に食事でもいかがですか?」と誘ってしまいました。


奥さん「え~いいわよ!そんな!おばさんと食事に行っても楽しくないでしょ」

全く拒否する反応ではなかったので、俺はレシートの裏に連絡先とメアドを書き、「時間が出来たらいつでも連絡下さい」と奥さんに渡しました。


淡い期待をしていたのですが、その後奥さんからメールが来ることはなく、スーパーで会う事もなかったので半ば諦めていたのですが、アドレスを渡して1ヶ月くらい経ったある日、奥さんからメールが届きました。


初めは迷惑メールかと思ったのですが、よく見るとスーパーでの件が書いてあり、すぐにメールを返信しました。


何度かやり取りをし、ランチに行く約束をしました。


その時は射精しちゃうんじゃないかと思うくらいチンポがパンパンになって、嬉しさのあまり会社のトイレでセンズリこいちゃいました。


地元で食事という訳にもいかないだろうと思ったので、同僚から車を借り横浜でランチをする事にしました。


駅前で奥さんと待ち合わせをしたのですが、現われた奥さんはオシャレをしていてスーパーで会った時よりとても綺麗でセクシーでした。


俺は運転していても気が気ではなく、緊張のあまり上手く会話ができませんでした。


そんな俺を気遣って奥さんは色々と質問をしてくれました。


店に着き食事をしだした頃にはだいぶ緊張もほぐれ、今度は俺から奥さんの事を色々と聞いてみました。


奥さんは40代後半のようで、ほとんど母親と同年代くらいでしたので正直驚きました。


見た感じは30代くらいにしか見えず、俺が「若いですね」を連発すると、「あんまり言わないで」と恥ずかしそうにしていました。


子供が二人いるようで大学生と高校生の男の子だと言ってました。


もう手がかからなくなって、仕事もしていないのでいつも家でのんびりしているそうです。


旦那さんは1年程前から海外赴任中で、あと3年は戻ってこれないと言ってました。


奥さんは大学生の息子の事で悩んでいて、俺の意見を聞きたかったようで食事の間色々と質問をされました。


最近、大学生の息子に彼女ができたらしく、3ヶ月くらい前に初めて家に連れてきたようです。


結構派手な感じの彼女らしく、息子は大人しいタイプなので心配のようでした。


家に来るとすぐに自分の部屋に彼女を連れ込み、イチャイチャしている声が奥さんの居るリビングまで聞こえてくるみたいで余計心配になっているみたいです。


俺「僕だって彼女と付き合いだした頃は家に連れて来て部屋でイチャイチャしてましたから、そんなの当たり前ですよ。

イチャイチャどころか普通にエッチしまくってましたよ」

奥さん「たぶんうちの子もそうだと思うの。

子供でもできたらと考えると心配で・・・」

俺「さゆりさん(奥さんの名前)だって若い頃はそーだったでしょ」

奥さん「私は家に連れ込まれたりはしなかったわよ!」

少し怒り気味で反論してました。


結構食事中にそんな話をしたので、帰りの車内ではだいぶ打ち解けていました。


すごく誘いたかったのですがタイミングを逃し、その日は次に会う約束をして別れました。


食事をした日から10日くらい経った日にさゆりさんとドライブに行きました。


今度はさゆりさんが車を出してくれ、彼女の運転で箱根まで行きました。


車は小型のベンツで、さゆりさん用だと言っていたので結構金持ちだと思います。


服装やアクセサリー、時計からして俺の母親とは比べものにならず、ある程度セレブな奥さんなんだなぁと思いました。


箱根でさゆりさんが連れて行ってくれた店も高そうな和食のお店で、会計はさゆりさんがカードで支払ってくれました。


食事をした後、大涌谷を歩いて見て回りました。


さゆりさんはヒールで来たので足元がおぼつかなく、何度かふらついていたので思い切って手を繋ぎました。


彼女も握り返してきたので、俺はますます興奮してしまってテント状態になった股間を隠すのに必死でした。


駐車場に戻り車に乗り込むと、俺は我慢ができず、エンジンをかけようとするさゆりさんの手を引き寄せキスをしました。


さゆりさんは「ん~」という感じで唇を固く閉じていましたが、服の上から胸を揉むと俺の舌を受け入れてくれ彼女も舌を絡ませてきました。


しばらく車内でキスをしていると、駐車場に戻ってくる人影が見えたので慌てて助手席へと戻りました。


その後、厚木ICまで戻り、インターの近くにあるラブホに入ろうとしました。


さゆりさんは最後までホテルに入る事を迷ってましたが、何度も「私みたいなおばさんでいいの?」と聞いていたので、拒否はされてないと確信し、意外とすんなりホテルに入る事ができました。


部屋に入るとさゆりさんはすぐにトイレに駆け込みました。


トイレから出て来たさゆりさんに背後から抱き付き、そのままベッドへ押し倒しキスをしました。


「シャワー浴びようよ」と言われましたが、聞かなかった振りをして服を脱がしました。


さゆりさんは声が女優の鈴木京香に似ており、キスをしながらパンティーに指を滑り込ますと、少しハスキーな声で「あっあっ」と喘いでました。


「お願い。

シャワー浴びてからにしようよ!!」

「もうグッチョリだよ。

俺がキレイにしてあげるから大丈夫だよ」

パンティーを脱がせマンコにむしゃぶりつきました。


さゆりさんは腰をくねらせながら感じるので、なかなかクリトリスに舌をヒットさせる事ができず、キスをしながら指で弄る事にしました。


俺の手を取り腰を上下させながらすぐにイッてしまいました。


さゆりさんがイッてしまったのでベッドでまったりしていると、「ねえ。

さっき大涌谷で歩いてた時、大きくなってたでしょう~」といたずらっぽく俺を見つめチンポを指で弾きました。


「やっぱバレてました?車の中でキスした時は出ちゃうかと思いましたよ~」

さゆりさんは俺のチンポの裏側を指でなぞりながら・・・。


「若いからまだ敏感なのよね~。

私みたいなおばさんとして良かったの?」

「おばさんだなんて!そんな!メチャクチャ好みです!!」
「タケシ君はどうされたら気持ちいいの?」

「そ!そりゃあ。

フェラとか・・・責められたらたまんないっす」

さゆりさんは俺を仰向けにし、キスから首筋、耳の中に舌を這わせ、乳首は触れるかどうかのソフトタッチで舐めてくれ、じっくりと焦らすようにフェラチオでイカせてくれました。


その日は3回も射精してしまいました。


それから毎週のようにさゆりさんは俺の家に来てくれて、時には朝までセックスしてます。
サンプル