7
妻を寝取られた時の体験談。

もう別れたので書きます。

若くて美人でいいカラダしてたのに・・・。


結婚2年目に、妻(25歳)の様子がおかしいから問いただすと、実は事故を起こして、被害者(50代、独身)に言い寄られて断れなかったと泣きながら話した。

弁護士に相談に行くと、妻が事情を詳しく聞かれて説明した。

洗いざらい聞かされた自分は精神を病んだ。


妻は職業柄、交通事故はまずく、接触した後に怖くなって一度逃げてしまった。

でもすぐ戻って対処した。

被害者は妻を気に入ったようで、“逃げてない”ことにしてくれた上に、初めての事故で気が動転している妻に親切だった。
奴は身寄りがいないため、妻は色々世話をした。

見舞いに行く度に、「一目惚れした」「付き合って欲しい」と言われる。

妻は何度も何度も言われる度に断った。


その代わり、「触らせて欲しい」というお願いには応じた。


当時は真夏で妻は薄着。

短パンからは美脚が露出していた。

奴は脚フェチらしく、大きすぎるバストよりもナマ脚を触った。

白くてスベスベの綺麗な脚だから、その気持ちはよくわかる。


退院後、妻はそいつの部屋に見舞いに行った。

退院したら脚を舐めさせる約束をしていたためだ。

奴は妻のナマ脚を舐めた。


両脚を舐め終わると、身体を求められる。

もちろん断ったが、相手は引き下がらずしつこく求めてきた。

妻は負い目もあるし、断ってばかりで悪いと思って最後には承諾。


日常の世話をするうちに情が移ってしまった。

まだ奴のケガが完治していないため、妻のほうから顔を近づけてキスをした。

キスの後、「おっぱいを出して欲しい」と言われ、妻はブラジャーを外した。

奴は妻の巨乳を乱暴に揉んだ後、「吸わせて欲しい」と言った。

妻は奴の口元に乳首を持っていって吸わせた。

左右交互に何度も。


「下も舐めたい」

奴に言われて下着を脱ぐと顔面騎乗をした。

普段マグロの妻にとっては信じられない行為だった。


今度は妻が奴の全身を舐める番だった。

妻が奴のパンツを脱がした。

妻は潔癖症で、エッチの前は必ずシャワーを浴びないといけなかった。

フェラなどしたことない。

しかし妻は我慢して2日も風呂に入っていない汚れた身体を舐めた。

初めてのフェラは、奴が用を足した直後のモノだった。

頼まれたわけではないのに、アナルまで舐めた。

もちろん初めて。


前戯が終わると、妻が上に乗って挿入した。

挿入前にコンドームがないことに気づいたが、奴と協議した結果、「無いものは仕方ない」「少しくらい大丈夫」という結論になって、合意の上での生の性行為が始まった。

妻は奴に、コンドームを着けないで性交するのは初めてだと伝えた。


初めての騎乗位で奴を喜ばせていると、「どこに出そうか?」と聞かれる。

すると奴がうなり声をあげて暴発。

妻の中に射精してしまった。


「生なのにそんなに激しくするから。

赤ちゃんできたらどうするの?」

そんなことを奴に言われ、妻は放心状態になりながらも謝る。

頼まれて射精後にも口淫した。

妻はそのとき初めて、精液を口にした。


それから一緒に風呂に入って、奴の身体を巨乳を駆使して洗う。

風呂から上がると、もう一度性交渉をした。

1回目と同様にお互いの身体を舐め合った後、妻が騎乗位で生挿入。

今度はゆっくり腰を動かしていると、奴に「1回やったら2回も一緒だから」と言われ、妻も同意。

しばらくして中に出された。


関係を持ったのはその日だけと妻は言っていたが、実はその後も通院の度に会って関係を重ねていた。

妻は、「好きでやったわけじゃない。

断れなかっただけ」と浮気を否定した。

でも最後は弁護士を通して別れることになった。
サンプル