kimamamh092300062
初体験の話をします。

私は中2の女の子です。

これは中1の時の話です。


その日、私は日直で、みんなが帰って誰もいない教室で日誌を書いていました。

すると後ろから・・・。


S「おい!◯◯(私の名前)!帰るぞ!」

Sが言ってきました。


私「えー!!待ってよぉ!あともう少しだから!」

するとSは、「俺、暇なんだけど」と言ってきました。

私が冗談で、「オナニーでもしてれば?(笑)」と言うと、「わかった」と言ってSは自分のズボンのチャックを下ろしてちんこを触り始めました。
私はまだ中1だったので、ちんこを見たのは初めてでした。


私「きゃー!!ばか!なにやってんのよ!」

私が怒ると、「◯◯がやれって言ったんだろ!」と言いました。


S「ほら、もう日誌書き終わったんだろ?じゃあ俺のを舐めてよ」

Sはそんなことを言ってきました。

初めは私も拒否していたのですが、Sに説得されてつい、「うん」と言ってしまいました。

Sのはもうすごく大きくなっていました。


ペロペロ・・・。


いやらしい音が誰もいない教室に響きました。

Sは小さく「うっ」と言うと、私の口の中に出しました。


私「もうこれでいいでしょ!さ、帰ろう!」

S「わかった。

じゃあ俺ん家に来いよ」

Sの家は共働きなので、夜の9時を過ぎないと親は帰ってきません。

2人でSの家に行き、Sの部屋に行くと、いきなり押し倒されました。


私「きゃあ!」

私が叫ぶとSは、「俺、また立って来ちゃった。

ここでしよ」と言ってきました。

私も少しその気分だったので、「うん」と言いました。


Sはディープキスをしてきました。

Sが私の耳やうなじを舐めるので思わず、「あっ」と言ってしまいました。

Sは私の胸や乳首を触ったり、私のあそこを触ったりしました。

私はもう気持ちが良すぎて「あー!!」を連発しました。

私のおまんこはヌレヌレでした。


S「入れてもいい?」

私「初めてだから優しくして・・・」

S「わかった」

Sがおまんこにおちんちんを入れてきました。

すごく痛くて涙を流すとSが、「大丈夫?やめる?」と聞いてきました。

このときすでに半分は入っていたので、「続けて」と言いました。

全部入ったらSは、「・・・のオマンコすごいヌルヌルしてる!」と言いました。

最初はゆっくり、後からだんだん激しくなりました。

でも少しすると痛みもなくなってきました。


S「あ、イク・・・!!中でいいか?!」

私「中はダメ!!」

叫びましたが、Sは結局、私のおまんこの中に出してしまいました。
サンプル