kimamamh070800313
オレの3P体験談。

最近、彼女(22歳)が仕事の関係でギャルと友達になって、よくオレと3人で遊ぶようになった。

彼女と同棲してるから家にもその子が泊まりに来たりするんだよね。

シャワーとか浴びてるとかなりドキドキする。

寝る時も布団を敷いて3人並んで寝るんだけど、よく下ネタの会話になる。

先に彼女達は寝ちゃうけどオレなかなか寝れない。

前に彼女が、「3Pしてみたい」とか言ってたしな~。

こんな状況で今日もまた泊まりに来るらしい。


昨日は家で飲んでかなり酔ってきたところで衛星放送のエロチャンネルを3人であ~だこ~だ言いながら観た。

その後、なぜか野球拳になり、部屋を少し暗くしてかなり際どいところまで露出!
その後、ギャル子はシャワーを浴びて寝る準備。
シャワーの間、彼女とちょっとエッチな遊びをして、いつものように3人で並んで寝ることに。

いつもオレは端っこだけど、昨日は真ん中で寝ることに。

でも10分でギャル子は爆睡。


その後、彼女とかなり激しくエッチした。

ギャル子の寝てる顔の横でのフェラは彼女も大興奮!
でもギャル子の胸に触ろうとしたら彼女に怒られた。

最後はギャル子に丸見えの位置で彼女が上になって、イク瞬間に口に。

ギャル子は凄く酒に弱いので作戦失敗!
次は来週の土曜日にまた遊ぶ約束してた。


昨日、急にギャル子から連絡があって3人で飯を食べることになった。

飯と言うよりは酒って感じでしたが、相変わらずギャル子は酒が弱く、コップ一杯のディタオレンジで酔っていました(笑)
3人でいるといつもエロ話で盛り上がります。

昨日も彼女達は、「今まで一番変な所でしたセックスは?」ってテーマで盛り上がっていました。

で、彼女が、「ギャル子の寝てる横で」って発言をしたら・・・。


ギャル子「起こして下さいよ~、私、見ててあげる!(笑)」

彼女「いや~!でも見られると思うとヤバイかも!凄い興奮するよね~」

ギャル子「ですよね~。

私も見てたらしたくなっちゃう、寂しいじゃないですか~」

彼女「じゃあ3人で今度やっちゃう?」

2人爆笑。

俺、焦り笑い。

こんな会話で盛り上がっていて、(どこまで本気?)といった状況でした。

なんかちょっと俺がビビリ始めました。


僕と彼女ですが、エッチの相性はかなり合っていると思います。

付き合い始めの頃から「やりたい時にどこでもする」といった感じで、公園や車の中(首都高や東名のインターで)などしてたんで、ちょっと変わってるかもしれません。

ベッドの上でも彼女はバイブやローションを使ったりしています。

男用のオナニーホールを彼女が動かしながらアナルを舐めてる時なんかも・・・。


「これが本当の女の子のだったらどう?」
「私の目の前でおちんちんが他の子に入ってるんだよ?」
「私、見ながら舐めてあげる」

なんて言いながらしゃぶりついてくる彼女です。


昨日の夜は予定通り食事して家に来ました。

お酒を飲みながらTVやゲームをしてかなりのハイテンションいつものように3人で布団を敷いて寝ることに。

酔っていたギャル子がいきなり、「今日は手と口だけ貸してくれるんですよね!」と彼女に言いました。


彼女「それだけじゃ済まなくなっちゃうよ~」

ギャル子「いや~ん、こわ~い」

(え?本気?)

そう思いながら電気をパチッと消すと、真ん中に寝てる俺の右手を彼女が、「ハイ!こっちの手ね!」とギャル子の方に。

自然にギャル子の胸に俺の手が乗りました。

ギャル子は俺の手をどけるかと思ったら、俺の手の上に自分の手を重ねてきました。

左手は彼女に腕枕をしていました。

結構辛い体勢だったのでギャル子の方の手を動かすと・・・。


ギャル子「あ~、今、乳首触ったでしょ!」(確かに感触あり)

彼女「あ~エッチだ~」

ギャル子「でも口はどう貸してくれるですか~」

彼女「そっちはまだおあずけ」

ギャル子「ドキドキしますね~」

かなり遊ばれてる感じの俺。

そしたら彼女が「目隠ししちゃう?」と言い出し、枕を包んでたタオルで俺に目隠ししました。


俺「まじで!?」

彼女「じゃあ、チュウするから、どっちか当てるゲームする?」

ギャル子「やるやる!」

彼女「じゃあ第1問」

どっちかが軽いキスしてきた。


俺「◯◯?(彼女)」

彼女「ブ~!最悪~!」

(え?今のギャル子?)

俺「わかんねーよ!もう一度」

今度は舌が入ってきた。

絶対に彼女だ。


「◯◯?」

「ピンポーン!じゃあ次」

今度はかなり激しいディープキス。

あ!なんか彼女とは違う感覚!
(結構わかるもんだね)
俺も舌を絡ませる。


俺「ギャル子?」

彼女「ピンポーン!」

(え?まじで?彼女どんな顔して見てんだ?)

いきなり彼女が、「もう大きくなっちゃったでしょ?」とアソコを触ってくる。


彼女「ほら~、触ってみな」

ギャル子「いいんですか~。

わ!でっかい!」

完全におもちゃな俺!

彼女「パンツ脱がしちゃう?」

ギャル子「イエ~!見た~い!」

俺「まったまった!」

とか言いつつ、腰を上げてすんなり脱がしてもらう(笑)

彼女「見て見て!こんなだよ」

ギャル子「可愛い~」

俺「え?小さい?」

ギャル子「違う違う、あたしおちんちんの形大好き!」

(ってわけわかんね~)

2人でコソコソ話してる。

いきなりアソコにチュッってキス!

俺「あ!」

彼女「凄い感じてるでしょ?このまま3人でやっちゃう?」

ギャル子「キャ~凄い、エッチ!」

俺「俺1人で脱いでるのイヤじゃない?」

彼女「ギャル子も脱いじゃえ!」

ギャル子「脱いじゃう~!」

(おいおい、目隠し外してよ・・・)

本当に脱いでるの?
なんかシーンとしてる。

誰かがキス。

もう我慢出来ない。

手で弄ると誰かに触れた。

服は着てる。

胸を探す。


(ギャル子だ!)

触ってわかった。

フェラされる。

間違いなく彼女のフェラ。

ギャル子のキス。

舌が絡んでくる。

激しくなるフェラ。

彼女のお尻が横にあるのがわかった。

アソコを触ってみる。

ビッショリ。

かなり興奮してる。

ギャル子はTシャツ一枚みたい。

アソコを触る・・・濡れてる。


ギャル子「あっ、気持ちいいことされてる?」

彼女「彼にもしてあげな」

今度は違うフェラの感触。

耳もとで彼女が囁く。


彼女「気持ちいい?」

俺「凄く」

彼女「ギャル子には入れちゃダメだけど、イカせてあげてね」

ギャル子のお尻を引っ張る。

パンツ脱がしてアソコを舐めた。

また彼女が耳元で言う。


彼女「どこ舐めてるの?見たい?」

俺「うん」

彼女が目隠しのタオルを外す。

目の前にギャル子のオマンコ。

思いっきり舐めてあげた。

彼女が横でトローンとした目で見てる。

ギャル子の上手すぎるフェラでかなり危険な俺のアソコ。


ギャル子「入れてるところ見せて」

彼女「いいよ」

そのまま上に乗る彼女。

いつになく激しい彼女。


ギャル子「すご~い初めて見た。

凄いやらしい~」

俺「おいで」

そう言ってキスした。

Tシャツ脱がす大きい胸。

クリを触りながら乳首を舐める。

彼女が激しく動くのでイキそうになり彼女を押さえる。

夢にまで見た3人でディープキス!
彼女とギャル子も舌を絡ませてる。

マジで凄いことになった!
夢みたい。


でも、誰かが言ってたけど忙しい。

ギャル子を横にしてギャル子を2人で攻めることに。

乳首を弄る彼女。

俺はクリトリスを舐め、指を入れる。

凄い濡れてる。

ギャル子がイキやすいって言ってたことを思い出す。

かなり感じてるギャル子。

もう少しか?
俺の手を強く握ってる。

もう少しかな?

ギャル子「イキそう」

俺「いいよ」

彼女「見ててあげる」

ギャル子「いや~あ~」

ガクッ。

ヒクヒクしてるギャル子。


ギャル子「マジで恥ずかしい~」

俺「大丈夫だよ、可愛いよ」

彼女「気持ちよかった?彼の舌やばいでしょ?」

ギャル子「負けちゃった。

今度はそっちの番だよ」

彼女「でも入れて欲しくならない?」

(え?)

ギャル子「今入れたら気持ちよさそう」

彼女「入れていいよ。

あたし見たい」

(マジで?)

俺「いいの?」

ギャル子「入れて」

(お~、なんかエロいぞ~)

挿入。

彼女とはまた違う感触。

ギャル子も凄い感じてる。

しばらく彼女のことを忘れてギャル子を攻める。

眺めのいい場所から彼女がじっくり見てる。


彼女「どう?気持ちいい?イッちゃだめだよ」

つうか、ギャル子の声でけ~!
それを聞いて彼女も我慢出来ない様子。


俺「抜いていい?」

ギャル子「うん、もうあたしダメ」

抜いてから今度は彼女に。

凄い濡れてる!
俺ももう結構限界!
爆発寸前。

クリトリスを自分で触らせながら動かすと彼女も呆気なく昇天。

彼女が「どこでイキたい?」って聞くから、エロ画像によくある2人の顔に顔射をやりたくて、ダメ元で言ったらギャル子が、「口に出して」だって!
もう最高!

激しく彼女を突き上げ、俺も立ち上がり、まずはギャル子の口に。

次に起き上がった彼女が舐めてくる。

それを見てるギャル子の口にも入れる。

さらに横から彼女が舐める。

2人の口で綺麗に吸い取られ最高に満足!

(これって現実?)とか思いながら二人の顔をティッシュで拭いてあげる。


彼女がキスしてくれた。

俺もギャル子にキスしてあげる。

彼女とギャル子も笑いながらキス。

凄くいい雰囲気だ。

終わった後、どうしよう?とか考えてたけど、凄く自然に彼女が、「寝ようか!」って。

こんな感じで本当に3Pしちゃった。


今、彼女とギャル子は買い物に行った。

ごく普通の朝だった。

3人で日曜日はずーっと一緒だったのですが、昨晩の話は1回も出ませんでした。


しかし夜、いつものように寝ようと布団に3人で入るとギャル子が、「もう普通のエッチじゃ物足りなくなっちゃった」と発言。

そこから3人で爆発したかのように話し始め、離れて寝てたのに3人で一つの布団に入り、イタズラしながら一時間くらい話していました。

彼女もギャル子も僕のアソコを触りながら話していたので、だんだん僕も我慢できなくなり彼女にキス。

ギャル子にもキス。

でも今夜は3Pはやめようという話になりましたが、僕的に我慢できない感じだったので、「じゃあとりあえず最後までイカせて」と発言。

彼女とギャル子が半分遊びながら手でしごき始め、でもギャル子にされてるのを見て彼女もついに「入れて」発言。

結果的に彼女に入れるのを見てるギャル子に、僕と彼女が手でサービス。

3人とも最後までイキました。


昨日は彼女と久しぶりに2人でエッチをしました。

エッチの最中に3人でしたことを色々話し、かなり興奮しました。


彼女「ギャル子に入れてるの丸見えだったよ。

ギャル子にフェラされてる時の顔、いやらしかったよ」

俺「ギャル子のオマンコ触ったらどうだった?」

彼女「ギャル子に見られてた時によく見えるようにしてたでしょ?」

こんな会話をしながらのエッチは最高でした。

3P後、彼女との仲が心配でしたが、前よりもより仲良くなった気がします。

まさに過激な恋愛ですね(笑)
もちろんギャル子とも今まで以上に遊ぶようになりました。


ギャル子「あたし、ここに住んじゃおうかな~」

彼女「おいでおいで!3人で住もうよ!」

こんな会話もしてました。

でも俺は反対です。

キャーキャー凄くうるさいから(笑)
サンプル