0320
オレのエッチな体験談。

つい最近の話なんだけど、もしよかったら聞いてください。


オレは会社を経営してるんだけど、まぁ会社と言っても従業員数人の小さい会社なんだけどね。

デザインの仕事を請けてるんだけど割りに合わない仕事は全部外注に出してるわけ。


その中でユウっていう25歳の女のフリーのデザイナーに依頼したんだけど、彼女、あまり売れっ子じゃないからバイトとかもしたりして何が本業かわかんなくなっちゃってるような状態で、結局、与えた仕事もうまくこなせなかったわけよ。


まぁ当然オレは怒るじゃん。

そんで、「何時になってもいいから会社に来い!」って怒鳴ってさ。
そいつは慌ててバイト終わって2時くらいに会社に来たわけ。

懲らしめてやろうと思ってさ。

でも、普通にやっても面白くないだろ。

妄想してたらどんどんエロい方向に進んじゃってさ。


ちなみにユウは背は165センチぐらいで色白で、まぁそこそこ可愛い。

胸はあまりないが腰周りのスタイルとかがメチャクチャ良いタイプ。

ちなみにユウとは元々、クラブで会ってて飲み仲間で、しかも一時期セフレだったわけなんだけど。

だから彼女の性癖とかもよく知ってるわけ。

コイツが変態でさ。

家でレイプもののエロサイト見たりしてオナってるようなヤツ。

だからセフレにしてたときも言葉責めだけでグチョグチョ。


で、そいつがようやく到着。

開口一番、謝罪のオンパレード。

まぁオレは怒ってる(実はそんなに怒ってない)。


「困るんだよねー、うちの信用がー」とか、まぁ当たり障りのない罵声を浴びせる。


「で、どーすんの?」

ユウは黙り込む。


「黙っててもわかんないしさー、じゃあとりあえずそこで脱げよ」

ユウは驚いた顔をする。

まぁそりゃそうだろう。

うちのオフィスは大きなワンフロアにいくつもの会社が入ってる。

壁で仕切られているが、入口はガラスドアだから廊下からは丸見え。

もちろん夜の2時なので誰もいないが。

で、中は一つの壁が前面窓になってる。

この窓の外はすぐ隣のビルなんだけど、そこは駐車場になっていて電気が点いてれば外から丸見えだ。

まぁ2時だから人はいないけど。


「全部こっちで片付けたんだから言うこと聞いてくれてもいいんじゃない?」

ユウは少し迷ったみたいだがワンピースのスカートに手をかけた。

オレにはわかる。

コイツ、もうスイッチ入ってる。

目がとろーんとしてきてるし、もう濡れてる。

やっぱり変態だ。

オレは携帯を出して動画を撮りだす。


「それはやめてくれませんか?」

「ん?何言ってるかわかんないんだけど?」

その一言でユウは無言で脱ぎだした。

ワンピを一気に脱ぐとピンクの下着とキレイなクビレが。

そのまま手が止まるが、オレが睨むとブラに手をかけた。

パンツにも手をかけて全裸で立ちすくむ。

まぁオレはこのシチュエーションにすでにフル勃起(笑)

「そのままもう一回謝れよ」

伏し目がちだったユウが顔を上げる。

もうスイッチ全開の顔だ。

言葉に吐息が漏れている。


「濡れてんじゃねーの?」

また下を向くが、まぁ100%そうだろう。


「おい」

そう言ってオレはフル勃起のチンポを出す。

ユウは無言でこっちに来て、しゃがみ込んでフェラをする。

動画で撮りながら・・・。


「『仕事はちゃんとします、ごめんなさい』って言えよ」

ユウはモグモグしながら何度も「ごめんなさい、ごめんなさい」って言っている。


まぁここからはあまり面白くないんだけどね。

当然、駐車場の窓に手をつかせてバックで終了。

それ以降はこの動画をネタにしっかり働いてもらってます。
サンプル