0375
俺の不倫体験談。

<当時のスペック>
俺:33歳、妻子あり。

デブオタ、元営業なのでキモ部分はひた隠し。


彼女:31歳、彼氏あり。

大人系の可愛い系。

みんなの人気者。

巨乳(Iカップ!)
会社では同じ総務課で、同じ部屋で仕事。

席は別のグループ。


彼女の席は窓際で、俺の方を向いて座っていました。

俺は彼女を背に、通路になっている所に座ってました。

職場での親睦を深めるためのバーベキューを2人で計画、実行したのがきっかけで付き合うことに。
お互いの立場上、デートは遠方だしお泊りは不可だし、俺の小遣いではそう何度もラブホへは行けないし。


そんな事情はともかく、やはり30代の女性の性欲は素晴らしいものでした。

メールや社内LANを利用した付箋紙ソフトで夜の話をしたら、たちまちエッチな気持ちになるらしい。


ある時、エッチな気持ちにさせようと力いっぱい言葉責めをしてたら、彼女の方向から彼女の声で、「◯◯さん(俺)、エクセルの計算式がわからないので教えて下さい」と声がかかりました。


「はい、なんでしょ~」と彼女の横に行きパソコンを見ると、エクセルの画面に『もうヌレヌレ~』って書いてありました。


彼女は画面を指差しながら、「ここなんですけどぉ」と言うので、「ここはね~、あぁ、式の中を見ないとわかんないね。

ちょっと待って」とキーボード叩き、『濡れたところ、見せて』と。

そしたら彼女が身体を机から少し離して俺の方を向き、「わかりますかぁ?」と足を広げた。

水色のパンティが、その部分だけ濃い色になっていました。

それ以来、下着は水色派になりました。


(近くに他の人もいるのに・・・)

そう思うと一気に興奮してしまいました。

どうやら彼女も同じで、周りの状況に興奮してしまったそうです。


俺「こんな計算式、見たことないなぁ。

凄く複雑」

などと言いながら、右手でキーボードを打ちながら左手では彼女の太ももを弄ってました。

画面に『自分でパンティをずらして見せて』と入力して、「これは?」と彼女に聞きました。

彼女は、「それは◯◯さんが作った式じゃないんですか?」と言いながら、下では自らパンティをずらしてくれました。


俺「いや、俺じゃないよ。

しかし(マンコが)複雑だねぇ。

エラーの原因はここかな?ココかな?」

そう言いながらクリちゃんを摘んだり膣の中に指を入れたりしました。

(ここまで呼ばれてから5分ぐらい)
さすがにクチョとかハァハァが周りに聞こえそうになったり、女性の匂いが立ち込めてきたのでその場はそれで終わりました。

3メートル以内には他の人がいるし、5メートル先には所長もいましたから。


もちろん、その夜は燃えました。

デートは終業後なので、彼女は制服、俺はネクタイでした。

その日はラブホのSM部屋しか空いてなく、初めてそこに入りました。

もちろん痛い系は無しの約束で。


天井から吊るされた手錠に制服のままの彼女を拘束し、「今日の会社での態度はどーゆー事かなぁ?」などと言葉責めをしました。

ふと気が付いたのですが、拘束具の立ち位置の床面は鏡張りで、照明もそれようにセットされてました。


「んん~?下から見えるよ~」と言うと、「いやぁ。

見ないでぇ」と悶え始める始末。


制服の上から触りまくり、着衣が徐々に乱れてきました。

俺も彼女もかなり興奮してました。

パンティを脱がすと、制服のスカートの中に彼女のオマンコが鏡に映ります。


彼女「はぁぁん。

もうだめぇ。

やめてぇ。

見ないでぇ」

興奮しつつ半泣き状態でした。

そこからは彼女を拘束したまま、手マン→クンニ→挿入→開放→入浴→立場逆転→→責められる→イカせてくれない→俺泣く→キスって感じで終了しました。


あと職場ではパンチラ撮影とかもしてました。
サンプル