aaa
教習所での体験談。

俺は大学1年生。

こないだの夏休みに、俺は実家に帰って免許を取りに教習所に行っていた。

初めの頃は、高校の同級生と久々に会って喜んでいたが、皆は俺より早く通ってるのでどんどん卒業していき、すぐに会えなくなって退屈な日々が続いていた。


そんなある日、いつもの通り教習所の授業が始まるまで休憩所みたいな所で待っていると、隣にピンク色のタンクトップを着た女性が座ってきた。

俺はその人を見て、フル勃起してしまいそうだった。

今までで一番の巨乳で、タンクトップの横からおっぱいが少しはみ出てた。

短髪でGカップぐらいだろう。

顔は少し前の明日花キララに似てた。
俺はその人をナンパしたかったが、その時は周りに人がたくさんいたので諦めた。


チャンスが来たのは次の日だった。

ちょうど授業中で周りに人がいないときにその人に話し掛けてみた。


「お姉さん。

ここに、座ってもいいですか?」

その人は少し驚いた顔をしたが、すぐに笑顔で「いいですよ」と言ってくれた。


年は24歳、名前はKさん。

なんと既婚者だった。


俺が口説くと、あっさりOKが出た。

理由を聞くと、どうやら俺みたいなのが好みらしい。


俺は早速Kを連れて2階の障害者用トイレに向かった。

2階は主に授業用の教室で、授業中は廊下に誰一人いないからだ。

俺たちはトイレに入ってすぐにディープキス。

俺のちんこはフル勃起。

Kさんは俺のちんこを触ってきたのでお返しにタンクトップからはみ出るほどデカイ巨乳をまんべんなく揉んだ。

でかさを聞くと、なんとGカップ!!
しばらく揉んだり撫でたりして感触を楽しんだ後、手探りで乳首を摘むとすでにコリコリになっていて、摘む度にビクッと震えてしっかり感じてた。


Kさんは俺のちんこを触りながら、「結構でか~い」と嬉しそう。

俺は全裸になって水泳で鍛え上げた自慢の筋肉と巨根を見せつけた。


K「すご~い、お姉さん頑張っちゃおうかな~、いっぱい出させてア・ゲ・ル」

Kは張りきってタンクトップを脱いだ。

そこには、紐無しブラがギュウギュウにGカップの巨乳を押さえつけてた。

俺は早速ホックを外し、むしゃぶりついた。


K「じゃあこっち座って、その方がやりやすいから」

そう言って俺を便座に座らせてくれた。


K「ちょっと待っててね、唾溜めるから1分間だけ喋れないけど我慢してね」

そう言うと、俺のデカチンを巨乳で挟んだ。

Kの胸に挟まれた俺のデカチンは、亀頭と竿の一番部分が谷間から出るだけで、他は完全にKの胸に包み込まれていた。

俺は感動し、心から「すげぇ」と言った。


Kは口に唾を溜めながら「いふよ?」と言い、巨乳による上下運動が始まった。

割りと強めに挟みながら上下に動かしてくるので、俺は相当な快感を得ていた。

Kは随分と手慣れており、パイズリフェラを難なくこなしていた。

唾を垂らしながら、Kの唾液まみれの柔らかい口内による亀頭フェラのジュポジュポという音と、Kの巨乳でヌチャヌチャと音を出すパイズリが組み合わさった最高の攻撃で、俺のちんこは我慢汁を出しまくっていた。

15分間ほど受け続け、ついに俺は射精しそうな感じになってきた。


俺「このまま出していい?」

K「どこでもいいよ?口の中でも、顔でも、俺君の好きなとこにかけてw」

俺「じゃあ、口の中で出します」

そう言うとKは亀頭フェラをしながら、「りょーふぁいwおもうほんふんだひへw」と言ったので、一気に興奮度が高まり、ついに射精の時が訪れた。


俺「イッちゃいます」

精液がKの口の中に発射された。

Kは射精中もパイズリを続け、終いにはKの口から精液が溢れ出て、胸はほぼ全体が俺の精液まみれとなった。

Kが最後に搾り取るように俺の尿道の精液を吸い取るその光景は、言葉では言い表せないほどエロいものとなっていた。


K「ちょwwえっw?マジで出すぎじゃないっw?若い子ってすごい」

そう言ってる間も俺のちんこは精液まみれのGカップに挟まれフル勃起していた。

Kが精液を拭き取った後、俺はいきなり手マン攻撃をした。

俺の持ってるすべての技を駆使し、Kをイカせまくろうと手をアソコに突っ込むとすでにビチョビチョ。

足を開かせて手マン。

しかし、Kのほうが一枚上手で、「あっ」と声を出しつつもしっかり俺のちんこを握っていやらしく扱いている。

このままだとまたイキそうなので、ちんこをすぐに中に入れようとした。

Kは「あっ」と言ったがそのまま腰を動かし、根元まで入れてやりました。


K「ひぃっん、あぁぁっ!!」

子宮に亀頭が当たり、チンコが根元付近まで入った瞬間、キスしていた俺の舌をチュポッ!と外して仰け反りながら、「だめっっ!!!イックッ!!だめっっっ!!!」と言って痙攣し始めた。

口を大きく開けながら、ガックンガックン痙攣していた。

痙攣するたびに、子宮に亀頭がめり込むのが分かる。

その痙攣は10秒以上続いた。


俺「入れただけなのにイッちゃったの?」

K「んっ・・・恥ずかしい・・・」

Kは腕で目を隠しながら、ゼェーゼェーと荒い息遣いをしてた。

俺はバックから巨乳を鷲掴みにしながら突きまくった
Kの膣内は奥の方までも締めつけてきた。

指を入れた時は空洞が広がっていたのに、入れたらチンコ全体を握り潰すかのように締めつけてくる。

経験したことがないくらいの快楽に、俺は20分も持たずに限界を迎えた。


K「あ、イク、イク・・・。

アアアア・・・。

イク・・・イッちゃう・・・」

俺「ア・・・イクよ・・・イクよ!」

K「イヤ・・・中は・・・ダメ!・・・」

ドク、ドックン、ビュル、ドック・・・。


さすがに初めての生でこんな刺激を受けると我慢できなくなり、中でイッちゃいました。

口に出した1回目の時よりも量は多く、俺のチンコはずっとビクッビクッと痙攣していました。

しばらく抜かずにそのまま絞り出すようにしながら余韻に浸ってた。

チンコを抜くとチュポッといい音がして、マンコからは俺の精液と愛液がドロドロとたくさん出てきた。


K「・・・もう。

しょうがないなあ。

たぶん今日は危険日じゃないからよかったけど・・・。

私、結婚してるんだよ?・・・なのに俺君、中出ししちゃったんだ~w」

少し意地悪に責められたが、その言葉が冗談だということは彼女の顔を見れば一目瞭然だった。


「でもこの事は内緒だよ?・・・今日だけ特別、ね?」

俺は調子に乗ってお掃除フェラまでしてもらった。


それからKとはセフレの関係になり、教習所では5回セックスをし、Kの家でもヤった。

結局、交際は今でも続います。
サンプル