00315
体の相性が良かったデブオタとの体験。

相手:26歳(♂)、彼女ナシ、写メあり。

特に感想なしな普通の子。


しばらく携帯でメール。

電話でのエロトークで、絶対にエッチの相性合うなーってピンと来た。



自称「舐め好き」。

指使いもスゴイと言うので味わってみようかと。


相手の親が旅行中で、しばらく家に1人ということで泊まりに行くことに。

指定された駅で5分ほど待ってると、ロバート秋山をブサイクにしたようなデブオタ登場!!

「えへへ、どうも」とやけにペコペコしてる。


歯並びも悪い。

写メよりヒドイな。

でも、肌はやたら綺麗。


まあ生理的に嫌な感じではなかったので秋山宅へ。

夜ゴハンに、オムライスを作ってくれた。

秋山は食べながら、「ねえ、アーンしてよぉ」と・・・。

キモイので断る。

色々話したりテレビ観たりしてまったり。

家の中を全部案内してくれたり、なんか楽しい。

秋山の部屋はなかなか。


「いい部屋だね~!」とベッドに座ると、「・・・抱き締めたいなあ」って言われた。


「じゃあここでいちゃつこ♪」ってベッドに手招きすると、抱きつかれて胸に顔を埋めて甘えてきた。

ヨシヨシと頭を撫でたげる。

なんかデブオタ秋山に愛着が湧いてきた(笑)

んで、胸触られてキス。

舌絡ませながら秋山の手が私のパンツの中に・・・。


(ウマー!)

ここで一気に立場逆転。

だって気持ち良すぎ・・・。


アナタの指は私の中で一体どうなってるの!?
あ、何パターンもあるんだね・・・。

なんかスゴい音がしてるし・・・。

気持ち良くて勝手に声が出てしまう・・。

秋山を見ると余裕の笑み。

さっきまでデレデレで情けなかったくせに、やけに男らしく見える。


しばらく指で楽しませてもらった後、秋山は仰向けに寝転がって、「舐めたげるよ。

おいで」って。

秋山の顔に私が跨がる感じでクンニ開始。

格好が恥ずかしいけど、もうトロけそう・・・。

頭の中は真っ白。

腰を振って、秋山の口にアソコ擦りつける。

秋山は舐めながら、顔は私の液でベタベタになってる。

もうダメ・・・イカされました(笑)

その後、秋山にフェラ。

女の子みたいに喘いで、ちょっとキモ可愛い。

で、挿入。

正常位や座位でガンガン突かれる。

気持ちいい・・・。

でも、私は中ではイケないので、秋山がイッて終了。

すごい時間までエッチしてたので、昼まで眠って、別れ際に軽くチューして帰りました。


今も普通にメールや電話で続いてます。

今度ゴハンに行きます。

付き合って欲しい的なことを言われたけど、それはハッキリ断った。

お友達で。

でも、またエッチしようね!
サンプル