96851c06482d2bc351c162a3ca092ede
大学の友達と海外旅行した時の超恥ずかしい体験。

大学2年の頃、授業の一環としてパスポートを取ったことがきっかけで、友達と2人で海外旅行に行きました。

旅行先では主にマリンスポーツとショッピングを楽しむ予定でしたが、事件は2日目、友達とバナナボートに乗る時に起こりました。


バナナボートは4人乗りで、私と友達のボートに知らない男性が2人一緒に乗ることになったのです。

先頭から、私、友達、男性2人という順番で乗りました。

男性2人は6人のグループで来たようで、溢れた2人がこちらに乗ってきたようです。

特に断る理由もなかったの承諾したのですが、これが間違いでした。


バナナボートはグングン加速し、あっという間にみんな吹き飛ばされます。
私と友達もその時は楽しくワイワイしていたのですが、1回目、海に落ちたことで友達の下の水着が脱げていたのです!
私は先頭の席に座って前を向いたので、そのときは気がつきませんでした。

友達もライフジャケットで死角になっていたのか気づかず、大股を開いて再びボートに跨がってます。

男性2人はすぐに、「おっ!!」とか「やばっ!」とか盛り上がってましたが、私も友達も特に気にせず、「次いこー!いえーい!」と、まさか丸見えの状態とは知らずに騒いでいました。


再びボートが加速し吹き飛ばされます!
次にボートに上がる時は友達が最後に上がることになり、私も手を貸します!
そこで私がようやく友達の水着が脱げていることに気がつきました。


「◯◯ちゃん!!下!」

友達もようやく気が付きました。


「えっ!?・・・きゃー!!」

ドボン!

慌てて手で押さえたため、友達は水の中にまた落ちてしまいました。

インストラクターにこのことを伝えると、周りをグルグルまわって脱げた水着を探してくれましたが見当たりません。

そのまま一旦戻ろうと思いましたが、男性2人は明らかに不満そうです。

確かに、たった2回で終わりではあんまりですよね。


「一番後ろに乗ればいいんじゃね?」
「俺ら見ないからさ!」

と、男性2人。

そんな簡単に言うなよ!とは思いましたが、友達も、「じゃ・・・絶対見ないでくださいね・・・」と、他人に迷惑をかけたくないのか早く終えて戻りたいのか、渋々承諾していました。


「う~・・・最悪・・・」

再びボートに乗り跨がります。


「大丈夫?後ろなら見えないから!・・・こう前屈みになって・・・終わったらすぐタオル取ってくるね」

こんな状態になった友達を励ましましたが、友達は恥ずかしいさで顔を真っ赤にして俯いたままでした。

後ろには並走するインストラクターがいましたが、幸い女性スタッフでした。

それでも恥ずかしいことに変わりはないですが、この快晴の中、下半身を丸出しにして股を閉じることも出来ない状態を後ろから知らない男性に見られることに比べるとマシです。

友達は残りの数回を、なんとか前からチラチラと振り返る男性に見られないようにと前屈みになって過ごしたそうです。


無事に(?)バナナボート体験を終え、海岸に戻ってきました。

私は友達に「タオル持ってくるから待ってて」と伝え、走って荷物を取りに戻ります。

体を拭くためにタオルは持ってきていたのですが、荷物がかさばるのでバスタオルはホテルに置いてきており、あるのは腰にギリギリ巻ける程度の普通サイズのタオルです。

すぐに更衣室に戻ると思ったので、とりあえず今はこれで我慢してもらうしかありません。

タオルを取りに友達のところに戻る途中、男性2人がグループと合流していました。


「やべーよ!ちょー見えちゃった!可愛いかったし最高!」

「俺も目の前だったからケツの穴とかマンコとか見放題だったよ!跨がるときなんてかなり開いてたし!毛が薄かったからスジ見えまくりだったよ」

「なんだよ!俺もそっち乗りたかった!」

彼らは友達の恥ずかしい部分を見たことで大興奮でした。


(こんな話を友達が聞いたらどんな顔をするのだろう?)

そう思いながら走って友達の場所に駆けつけました。


「大丈夫?タオルこれしか今はないんだけど・・・」

かなり落ち込んでいた友達も、男性がいなくなったことでちょっとだけリラックスしていました。


「ありがと・・・大丈夫。

すぐ更衣室で着替えてくるね・・・ごめんね」

渡したタオルを腰に巻きボートを降ります。

風が吹けば今にも捲れる長さのタオルを精一杯押さえ、更衣室に戻る途中、「災難だったね!まぁ一生分の恥ずかしい思いを今日で全部出し切ったんじゃないかな!」と女性インストラクターが優しく声を掛けてくれて、友達も少し笑顔を取り戻しました。


「更衣室行くよね?ライフジャケットは脱いで行こうか」

インストラクターに従ってライフジャケットを脱ごうとするのですが、タオルを押さえていた手を退けると今にもタオルが落ちそうです。

なるべく時間をかけずに急いでライフジャケットから手を抜こうとしましたが、スルリ・・・。


「キャッ!」

悲鳴を上げ、慌ててタオルを押さえます。

沖に出ていた時とは違い、近くには何人もの人がいましたが、中腰になりつつもなんとか前からタオルを押さえていました。


「更衣室に急ごう!」

「うん・・・」

再び前と後ろ手でガードし、足早に友達は更衣室に向かいました。

私は店の前に行きライフジャケットを返していたのですが、インストラクターから「プレゼントがある」と聞かされ、店の前で待つことにしました。


店の中に入ると先ほどの男性2人のグループとインストラクターが話しています。

プレゼントを受け取ったのか、「よっしゃー!」「帰ったら鑑賞会だな!」など盛り上がりを見せる男性達。

そんな彼らは私を見て、「ありがと!友達によろしくね!」と。


私は、「えっ?こちらこそありがとうございました」と咄嗟に答えたのですが、なんのことかよく分かりませんでした。


そして次の瞬間、「あっ!おつかれー、友達は大丈夫?今もう一つのグループには渡したんだけど、これ」とDVDを渡されました。


なんと、バナナボート中にビデオを撮っていたそうです!

私は驚き、「えっ!?だって・・・あんなことがあったのに!大丈夫なんですか?」と返しましたが、「大丈夫!見えないようにしてると思うから!まぁ仮に見えちゃったとしても、もう一つのグループにだけ渡さないのは悪いからね」とあっさり言います。


(もし友達のヤバい部分が映ってたら・・・)

かなり迷いましたが、旅の思い出として私はDVDを受け取り、友達には自分が確認してから話そうと思いました。

その後、DVDのことは友達には黙って、残りの数日はショッピングをしながら友達と楽しみました。

旅行から帰ってきた私は例のDVDのこともすっかり忘れて、確認もせず放置していました。


数日後、私の家に遊びに来た同級生(男性3人と女性1人)と遊んでいた時のことです。

夜も更けてきた頃、男性の1人が無造作に置いてあるDVDに気が付き、私に聞きました。


「これ、なんのDVD?なんも書いてないけど?」

私はすぐに思い出し、「この前、◯◯ちゃんと旅行に行った時のやつだよ」と答えると、「見よう!見よう!◯◯ちゃんの水着姿!」と男性陣が盛り上がります。

中身の確認をしていなかったので、「今は無理!」と断りましたが、全然引いてくれません。

こちらも拒否を続け、なんとかその場はまた今度ということになり、ほっとしたのも束の間、私がお風呂に入っている時に誰かがDVDを再生してしまい・・・。

後から私も見たのですが、それは修正など一切ないヒドいものでした。


最初はライフジャケットの説明なののほのぼのした映像でしたが、友達がバナナボートから落ちた瞬間、白く小ぶりなお尻が白昼に曝け出されたところ、後ろで騒いでいる男性2人に友達が惜しげもなく大股を開き大事な部分を晒しているところ、水着が脱げていることに気づいて恥ずかしがっているところ、さらに最後尾でお尻を突き上げるようにボートに乗っている部分まで全て無修正で記録されていました。

最後尾でお尻を突き上げる姿は一見、まるで『アソコを見てください!』と自ら変態ポーズをとっているようでもあり、◯◯ちゃんの清楚なイメージからはかけ離れたものでした。

さらに私がタオルを取りに行っている間、男性2人がいなくなったので気を許したのか、女性インストラクターに話し掛ける◯◯ちゃん。


「あの・・・トイレずっと我慢してるんですけど・・・ここでしてもいいですか?もう限界で・・・」

◯◯ちゃんは承諾を得たのか、バナナボートの横にしゃがむと、後ろを気にしながらおしっこを始めました。

外で下半身裸でおしっこしてる姿なんて誰にも見られたくないでしょうが、まさか撮られているなんて・・・。

さすがにズームにはなっていませんでしたが、十分すぎるほど恥ずかしいものでした。


最後はジャケットを脱ぐ時、いつの間に置いたのか、◯◯ちゃんを下から撮るようにカメラアングルでした。

中腰になる◯◯ちゃんのアソコがレンズの中にドアップで記録されます。


お風呂から出た私は慌てて停止ボタンを押しましたが、時すでに遅し。

同級生にこんな恥ずかしい姿を隅々まで見られたなんて、当の◯◯ちゃんは知る由もないのでした・・・。


長文でしたが読んでくれた方ありがとうございました。
サンプル