sex306009
元カレの前でのH体験

私は中学1年から彼(A)がいて、初体験もそのAでした。

AにはK君という親友がいて、中学生の頃から3人でよくAの部屋で遊んでいました。

Aの親は商売をしていて、夜はほぼ自宅にいません。

なので高校生になると夜に数人で飲み会をしたりしていました。


Aはやんちゃだけど、見た目はとても可愛い系。

私をとても大事にしてくれました。

K君は逆にカッコいい感じで、高校ではファンがいたとか。

でも、彼女を作るまではいかなかったみたいです。



高1のある日、私は友人からAの浮気の噂を耳にしてしまいました。

ほとんど毎日一緒にいるのにです。

でもAに問いただすのが怖くてモヤモヤの日々。


そんな数日後の飲み会でのこと。

私はちょっと自棄気味に飲み過ぎてしまって、飲んでる部屋の隣りにある彼の部屋のベッドで横になっていました。

しばらくすると戸が開く音がしたのですが、体がフワフワして動けず、そのまま目だけを開けて見るとK君がいました。

するとなんの前触れもなく、K君が私に覆い被さって無理やりキスをしてきました。

抵抗して押し返す腕を頭の上に押さえられ、顔を背けても追いかけてくるように無理やりキスをされ、声を出す間もなくミニスカートを捲り上げられ、パンツをいきなり下ろされました。


(何なの?!)

パニックになっていると腰をグッと持ち上げられ、マングリ返しの状態でアソコをいきなり舐められ、指を入れられました。

そこでやっと、「嫌だ!やめて!」と声が出ました。

K君はハッとしたように動きを止めて、「ごめん」とスカートを直して部屋を出ていきました。


私は膝まで下げられたパンツを呆然と穿いて、しばらく何も考えられませんでした。

隣の部屋にいる彼や友人達は気付かずに楽しそうに話しています。

K君は何もなかったように隣の部屋に戻ったようです。

そのままお開きになるまで私はAの部屋に閉じこもってたんですが、Aが具合が悪いのかと何度か心配して様子を見に来てくれて、髪を撫でてキスをしてまた戻っていくので、罪悪感で複雑な気持ちでした。


その日のことはAには言いませんでした。

でも、Aの浮気疑惑も解消せず、罪悪感と疑うのも信じるのも疲れた私は、高1の冬にAと別れることにしました。

Aは私と別れてからすぐその彼女と付き合い始めて、やっぱり浮気してたんだ・・・と思っていました。

(浮気の噂はその彼女が流したものだと後に発覚)

それから高2の夏前までは、AはもちろんK君とも遊ぶことはありませんでした。

けれどある日、他の友人に誘われ、久々にAの家の飲み会に参加しました。

Aは場所を提供するだけで参加しないとのことでしたが、その場にはK君がいました。

ちょっと気まずくて、最初は女友達と一緒に話してました。


しばらくしてトイレに行って部屋に戻ろうとするとK君が廊下で待っていて、「付き合って欲しい」と言われました。

その日は断ったのですが、それから毎日電話がかかってきて、本当はAにまだ未練があったけど、(あっちはもう彼女いるし・・・)と思い、受けてしまいました。

AとK君は小学生からの親友だったので、私と付き合うことをすぐにAに報告したそうです。

ちなみに、K君とは付き合って間もなく襲われるようにエッチをして以来、ほぼ毎日してました。


K君は、とにかく私をAの家に連れて行こうとしました。

最初にAの家に2人で行った時、K君がやたらベタベタしてきて、Aの目の前でも後ろから抱きついてきて胸を触ったり首にキスしてきたり・・・。

なんか変なんです。

見せつけてるみたいな。


遊びに行く度にそんなんだから、とうとうAから電話が・・・。


「なんなの?あれ。

遊びに来て目の前でイチャイチャするなら来るな」って。


そんなのK君に言って欲しいと思いました。

そしてAは、「お前のことが忘れられない。

だから見るのは辛い」と。


Aと私は同じ高校で、ちょっとやんちゃな彼と優等生な彼女って感じで思われていて、先生公認でした。

Aは私と別れてからは学校にあまり来なかったり成績も落ちて荒れてるようで、新しい彼女がいても先生が、「あいつが何かしたのか?だから別れたのか?」と聞いてくるほどでした。


そして高2の夏休みに、また飲み会がありました。

今度はまた彼女に内緒でAも参加してました。

罰ゲームで飲まされまくった私はフラフラでK君の側でダウン。

気付いたらAとK君しかいなくなってて、みんな帰ってました。

私はまだフワフワしてて、「K君と泊まって行けば?」と言われてそうすることに。


なぜだかAのベッドで、壁側にK君、隣に私。

Aはベッドの下に布団を敷いて寝ることに。


電気を消して少しするとK君がキスをしてきて、私のスカートに手を入れてきました。

小さな声で、「Aいるからダメだよ」と言って寝返りを打ち、K君に背中を向けてAの方を見ると、Aと目が合いました。


(A、起きてる・・・)

それでもK君はやめてくれず、Tシャツの裾から手を入れて後ろから胸を揉んできます。

抵抗する度にタオルケットがズレて私の前の方がAに丸見えです。


「ちょっとやめて・・・お願い。

本当に嫌だってば」

言えば言うほど私を後ろから押さえ込む力が強くなり、ハァハァという息が首筋にかかります。


「Aが見てるよ」と言っても、「見てないよ、寝てるよ」と。


(イヤイヤ・・・今もばっちり目が合ってるんですけど・・・)

とも言えず、そのままなすがまま。

そのうち左手でブラのホックを外されて、私の左脇から手を入れて胸を揉まれ、右手はスカートを捲ってパンツに手を入れて来ました。

太ももを交差したり手を掴んでもやめてくれない。

ついにAの前でTシャツを捲りあげられた時、私は恥ずかしくて手で顔を隠しました。

元カノが目の前でそんな姿になってるのを見て、Aはどんな気持ちだったのでしょう?

(見ないで!)

そう思った時にAが寝返りを打ち、私達に背を向けました。

K君は一瞬動きを止めたもののすぐに指で私のアソコを弄り回します。

クリを触られていると意に反して私のあそこは濡れてきてしまいます。

クチュクチュと音がして頭がおかしくなりそうでした。


K君の硬くなったものがお尻も刺激してきます。

私が大人しくなったからか、K君が私のパンツを脱がしました。

素早く自分のジーンズとパンツを下ろし、私の右手を掴んで硬くなったモノを握らせようとしました。

私が拒否をすると、いきなり指をあそこに入れられました。

脚をK君の膝にかける形で股を広げられ、乱暴に指を出し入れすると、そのままの体勢で自分のモノを入れようとしてきました。


(Aの横でしたくない!ゴムもつけてない!)

必死に腕でK君を押したり身をよじって抵抗しましたが、私を力任せに仰向けにすると、足の間を割って覆い被さってきました。

それでも手で押し返して抵抗してると、馬乗りになって両手首を頭の上に押さえつけられました。

凄く怖い顔をしていて、怖いのと屈辱感で涙がジワッと・・・。

耳元でK君が、「お前は俺のものだよね?」と囁きました。


(確かにそうだけど・・・。

だからここで??)

どうしていいかわからず、逆らえなくなってしまいました。

抵抗をやめても腕は離してもらえず、そのまま片手で胸を揉まれたり吸われたりアソコを掻き回されて・・・。

勝手に反応してしまう体に唇を噛んで我慢していると、とうとうK君のモノが入ってきました。

やっと腕が解放されたと思ったら体の横で押さえつけられ、ベッドの音がギシギシと響く中、激しく腰を動かし始めて、耳元で「声出せよ」と言われました。

それでも声を出さないように耐えていると腰の動きが速くなり・・・。


「出すよ」

「ダメ!中はダメ!」

慌てて引こうとした腰を引き寄せられてしまいました。

ビクビクっと中に温かいモノを感じて、K君は私に覆い被さるように倒れてハァハァとしています。

私は放心状態。

初めて中出しされたのです。

K君が私から離れるとアソコから液体が流れ出るのを感じました。


そんな私をK君は抱きかかえ、Aの寝ている方向に見えるように自分の足の間に私を座らせ、膝に私の脚をかけて・・・。

まるでM字開脚の状態にしてアソコに指を入れ、プチュプチュと掻き出すように音を出すのです。

でも、もう私は無抵抗でした。


Aはきっと起きてるはず。

声も聞こえていたはず。

でもピクリとも動いていませんでした。


そしてK君のモノがまた大きく硬くなっていくのを背中辺りで感じました。

グチュッ・・・グチュという音とK君の息遣いと汗が私の周りにまとわりついているかのようです。

私が顔を横に背けて我慢していると、K君は私の顔だけを振り向かせるようにキスをしてきました。

私の唇を舌でこじ開け、わざと音を出すように舌を吸われて・・・。


ふとK君の顔を見ると、K君の目だけはAの方をジッと見ていたんです。

キスしながら私のアソコを触りながら、ずっと。


右手で私のアソコを広げて中指でクリを弄られると、思わず「あぅっ」と声を出してしまいました。

するとK君は私の脚を子供におしっこをするような体勢で少し持ち上げ、そのまま入れようとしましたが、体勢が悪くてうまく入らないようで、そのまま私をうつ伏せにしました。

そして腰を持ち上げてバックから挿入。


「んんっ」

私が顔を上げるとAの背中がそこに見えます。

見ないようにベッドに顔をつけると、K君は私の両腕を引っ張って体を反らせ、深く突き刺してきます。

グッと突かれる度に、「んッ・・・んッ・・・」と声を押し殺すのに必死の私。

胸の上に捲し上げられたTシャツとブラが揺れる。

時々おっぱいを痛いくらいに揉まれて・・・。


それでも声を出さないように汗だくで息をしてると、K君は突然それを抜きました。

そして私の頭をベッドに付けるようにお尻を突き出させ、いきなりアナルに入れようとしてきました。


「イヤっ!」

膝を伸ばして逃げようとすると腰を抱えるようにされて、彼のモノを無理やり私のアナルにねじ込もうとします。

私はアナルは未経験で、そこに入れるなんて想像すらしませんでした。

ほんの少しメリッと押し入って来ただけで本気で痛くて、「痛いっ!嫌ぁー!やだっ!やだっ!」と声を殺すことも忘れ、泣き叫びジタバタしました。


その瞬間、Aが「うーんっ」と寝返りを打ち、こちらを向きました。

K君はピタリと動きを止め、Aが起きてるか見ているようでした。

それから私の腰を解放し、泣いてる私をベッドに横たわらせると抱き締めて、「泣かないで。

ごめん、もうしないから」と謝ってきました。


落ち着いてから、お互い服を着てタオルケットを掛け直して寝たのですが、寝返りのフリをしてAの方を見ると・・・。

ばっちり目があったのでした。

なんとも言えない表情でした。

私もどんな顔をしていいかわからず、また寝返りを打ったのでした。


朝にはK君もAもなぜか何事もなかったようにいつも通りに接していて、それ以来この話に触れることすらありませんでした。


後日談。

高校も卒業して、K君とも別れた何年か後の同窓会でAと会う機会があり、あの時のことを聞いてみました。

やっぱり起きてて、一部始終聞いていたそうです。

最初はびっくりしたけど、だんだん泣いて嫌がってるだろーがって腹が立ってきて、マジで起きて殴ろうかと思ったそうな。

でもその現場を見るのも躊躇われて、寝返りを打ってみたとのこと。

まぁ、Aに乱暴にされたことはなかったし、あんなに泣き叫んだ私を見るのも初めてだったでしょうしね。


「でも、それまでお前感じてたんじゃね?音が聞こえるくらい濡れてたんじゃん」

痛いところをチクリ。


「中学生のくせに私にエッチなこと教えたのはAでしょ?私の純情を返せ!」

なんて変なやりとりをした後、「今はどうよ?」と、そのテンションのままラブホへ。

私も大人になって何人かと体験しましたが、こうして欲しいとか言えなくて、クンニではもちろんイカず、中でも相手の方が先にイッてしまって・・・。

なので、ほとんど演技。


でもAは、私の感じるツボを忘れていなかった。

クリを絶妙な強さで吸いながら指を中でグニグニ。

それだけで昔のように何度もイカされました。
サンプル