0176

友達の奥さんの裸を拝んだ最高の出来事。


妻が次男の出産で入院していたため、僕が会社に行っている間、2歳の息子を友達の家に預けていた時のことです。


同じ2歳の男の子と綺麗な奥さんのいる家庭です。

奥さんは妻の旧友で、元航空会社勤務の29歳です。

スタイル抜群の女性です。

今回はそんな奥さんの裸を見ることが出来ました。



会社帰りに息子を迎えに行き、玄関のチャイムを鳴らしましたが返事がありません。

灯りがついているので中に人はいるようです。

いつも行き慣れている家なので勝手にドアを開けて入りました。

台所の奥から子供たちの声がするので行ってみたら、みんな風呂上りで身体を拭いているところでした。

もちろん友達の奥さんもいます。

後ろ向きにしゃがんで僕の息子の髪を拭いています。


突然の知り合いの女性のお尻に驚き、黙ってすぐにリビングに戻りました。

しかし奥さんの後ろ姿が目に焼き付いてしまい、もう一度覗きに行きました。

奥さんはまだ後ろを向いていました。

立ち膝で自分の髪にタオルを巻いています。

横から柔らかそうな胸の膨らみが見えました。


子供たちにオムツを穿かせるため、奥さんは前屈みに。

ちょっと開いた足の間から毛が見えました。

毛はまだ少し濡れているようで筆のように尖っています。

バタバタする子供の足を押さえるためか、お尻に力が入るたびにプルプル揺れています。


奥さんは子供たちを立たせシャツを着せます。

横から胸が見える角度になりました。

予想通りの大きな胸は子供を産んだカラダとは思えないほど張りがありました。

妻もスタイルはいい方だと思いますがそれ以上です。


僕の息子が奥さんの胸をむんずっと掴みました。

この光景は風呂上りの我家で良く見る光景です。

奥さんは、「ケン君、やらし~」と甘い声。

たまたまですが、僕も学生時代に「ケン君」と呼ばれていたので余計に興奮しました。


その後も何度か息子が胸を触り、奥さんの本当に照れている仕草が可愛かったです。

下着をつけるところも見ていたかったのですが、考えた結果、もう一度玄関に戻ってチャイムを鳴らすことにしました。

今度はすぐに返事があり鈴木京香似の奥さんが、濡れた髪で出迎えてくれました。

その後、帰宅した友達と一緒に奥さんのカレーライスをご馳走になり息子と帰宅しました。


その晩は久しぶりに想像だけでイキました。

以上です。
サンプル