15


女友達のパンチラに興奮した話。



中学時代、仲の良かった女子、『理恵』がいた。

自分と同じくややオタで、そういう趣味は合う。

でもお互い気恥ずかしいため、友達として仲良くしていることを他人には見せなかった。

3年のときは別のクラスだったけど、相変わらずたまに一緒に遊ぶ仲。


そんなある日、学年での行事のときだった。


男友達と一緒にいたら、座り込んでいる理恵とその友達が目に入った。

しかも、どういうわけか理恵は無防備にスカートを開いていてパンツが見えてしまっている。

当然、男友達の目にも入っていて、そいつが一時足を止めて一緒に眺めることに。

俺が見てることがバレたら理恵はどう思うのかとか、色々複雑に思いつつも視線を逸らせずにいた。

でも少ししたら友達と一緒にその場を離れることにした。

その後、そいつが嬉しそうにこの目撃談を語るもんだから、また妙に興奮してしまった。


今まで理恵はスカートのガードが固かったため、パンツが見れるとか考えもしなかった。

でも無防備に白地に紫模様のパンツを見せていたあの姿が忘れられず、理恵と2人のときもスカートの中が気になって仕方がなくなっていた。

友達も理恵のパンツが気に入ってしまったようで、「あの子が座ってたけど見れなかった」とか「昨日、あの子を思い出して抜いた」とか聞くたびモヤモヤしたり興奮したりした。

また、そういう話を聞くたびに理恵と友達である関係を活かしたいと思うようになった。


そういう思い、あるいは欲望が行動に出るようになり、理恵となにかと近くなった。

からかわれたりすると口だけでなく手を出したり、そばに座るときは触れそうなくらいに近くに座ったり、スカートをこっそり触ったり。

理恵の方は微妙に戸惑ってるように見えたけど、特に言及されることはなかった。


またある日、思わぬ光景に出くわした。

理恵が友達と座っているとき、見えないながらもスカートが危うくなっていた。

そのため気になってしまっていると、友達が理恵にじゃれついて襲いかかるような絵面に。

体勢を崩したこともあり、白いパンツがバッチリ見えてしまった。

暴れて足を上げたときは、もう丸見えだった。


その件で余計にいけないスイッチが入ったような気分に。

またパンツが見れたのはもちろん、あんな風に襲ってみたいとか考えてしまう。

そのままさらに行為を進めていく妄想をよくした。


そんな欲望を隠せず、冗談で「パンツ何色?」とか「おっぱい何カップ?」とか聞いてみたり。

もちろんまともに答えるわけないし、俺にこんなセクハラされるとも思ってないようで軽く引いていた。

でも懲りずにそういう発言をして楽しみつつ、そういうキャラが定着していった。


しかし月日は流れ、卒業シーズンに近づいてきた。

高校が別々になる焦りがあったのか、学校で2人きりでいたとき、いつもよりベタベタしていた。

理恵はいつものようにスケベな俺を軽くあしらう態度だったが、この日、俺はそれで止まらなかった。


「パンツ見せてよ」

スカートを触って興奮していたが、向こうはもうまともに取り合ってくれなかった。

そのことになんとなくムッとして、スカートを捲ってしまう。

例の白地に紫模様のパンツが露わに・・・。


「ちょっと、何すんの!」

理恵に怒られたが、例のパンツのこともあって興奮。

そのまま理恵を抱き締めた。


俺は「可愛い・・・」と無意識に口にしていて、理恵の方は怒ってるような照れているような反応だった。


それから胸に手を伸ばして勝手に触っていく。

小さかったが、思ったよりはあるような感触。


「ダメ」という理恵に、「触らせて」と言って揉んでいく俺。


少なからず抵抗はされたが、いつも妄想しているように襲いたいと思ってしまい、友達にじゃれつかれてた時のようにパンツが見えるようスカートを捲ってモロ出しにした。

でも、俺の雰囲気がいつもとはだいぶ違ってたのか、理恵は急に怯えているようだった。

それで幸か不幸か冷静になってしまい、襲うようなことはせず、そっと抱きついた。

ただ、「ごめん・・・」とか言いつつもパンツに手を伸ばして、上から少々触らせてもらった。

それから特になにもなく、お互いいつもの関係を意識するように振る舞って別れた。


その後、どうなったかはまた別の話・・・。

サンプル