00371


風俗経験がある人妻とのセックス体験談です。



うちは代々続く農家で、俺は家業を継いで田舎で農業をしています。

父は他界し、母は年老いて認知症で老人ホーム住まい。

最近は実家で一人暮らしという寂しい生活を送っていました。

おまけにうちは隣家が数百メートル離れている超ド田舎。

周りも山ばかりで娯楽なんてテレビと犬の散歩ぐらい。


ある日、農作業が終わった俺は犬を連れて山の中を散歩していました。


その途中、犬が突然雑木林に向って激しく吠え始めたんです。

なんだなんだ?と思ってその方向を確認してみると・・・。

なんとボロボロになった若い女が、雑木林の中で倒れていたんです。

女は意識こそありましたが体の方は全身すり傷やアザだらけで、さすがに放置するわけにもいかないと思った俺は携帯で救急車を呼ぼうとしたんです。


すると女は、「やめて!人を呼ばないで!」と叫んで、それを阻止。

何か訳ありな雰囲気を感じ取った俺は、とりあえず彼女をおぶって自宅まで移動することにしました。

女を家に上げて気休めにお茶を出すと、彼女は涙ぐんで俺に感謝の言葉を繰り返してきました。


「ありがとうございます・・・ありがとうございます・・・」

これは事件の予感・・・。

そう思わずにいられなかった俺は、それとなく女に、なぜ山の中で倒れていたのか聞いてみたんです。

すると彼女は・・・。

少し戸惑いながらも、ぽつりぽつりと自分の身の上話を俺にしゃべり始めました。

聞くと女は俺の家から数十キロも先にある市街地から、なんと一人で歩いてあの山奥まで来たと言うのです。


理由は・・・旦那から逃げるため。

なんでも女の旦那は典型的なDV男だったらしく、ことあるごとに暴力をふるっては彼女を泣かせていたそうなんです。

おまけにその旦那は労働の類を一切しておらず、呆れたことに彼女を無理やり風俗で働かせてお金を稼ぎ、自分は毎日パチスロ三昧の生活を送っていたんだとか。

なんかもう聞いてて辛くなりましたね・・・。


その話をしたあと、女は申し訳なさそうな顔をしながら、俺にしばらくの間かくまって欲しいと頼んできました。


「それはできない」と彼女に返答する俺。


金銭的に人を養う余裕なんてなかったし、何より面倒ごとに巻き込まれたくなかったからです。

すると彼女は・・・涙目になりながらこんなことを言ってきました。


「お願いします。

夜の相手でもなんでもしますから・・・助けてください」

それを聞いておいおい冗談だろうと思った矢先、いきなり彼女が俺に抱きついてきたんです。


「私、ずっと風俗にいたから、その辺は悪くないと思いますよ?」

そう言いながら俺の股間を撫で回す女性。


「本当に・・・してくれるの?」

「はい・・・私を殴りさえしなければ・・・。

こんなこと毎日でもしてさしあげます」

それから彼女は俺のズボンを下ろしてペニスを露出させ、丁寧に、それはもう丁寧にフェラチオを始めたんです。


自分から言うだけのことはあり、彼女のフェラチオは相当なものでした。

蛇のようにうねる舌で裏スジの隅まで舐めり取り、緩急をつけては気持ち良いタイミングで頭を前後させてくるんです。

それは、これまで女性経験が少なかった俺にとってはあまりにも刺激的すぎる体験でした。


間もなくして、俺は彼女の口内射精。

彼女はそれを全て飲み干し、精液まで残さず吸い出すバキュームフェラ。

そして彼女は、もう一度、俺の家に置いてくれるように頼んできたんです。


ここまでしてくれる女を手放す男がどこにいるでしょうか?
結局、この一件で俺は彼女の魅力に取り憑かれてしまい、その日から彼女を自宅に住まわせることにしました。


ちなみに女は今現在もうちに居候しておりまして、昼は農作業の手伝い、夜は俺の相手と忙しい毎日を送っています。

俺としてはもう彼女をこのまま嫁として迎え入れたいぐらいなのですが、残念なことに彼女の方はあまりそのつもりもないらしく・・・。

いつかは、この肉欲にまみれた日々にも終わりが来ると思うと、最近は不安で眠れなくなってしまいます。

サンプル