15


バイト先の後輩とのエッチな体験談。



バイト先の忘年会で2次会も終わって解散後、後輩のY子と同じ方角だったので2人で一緒に帰った。

Y子は明るく、誰とでも仲良くなれるタイプ。

普段からかなりテンション高いのに、酔っているせいか「寒いから」と言って腕を組んできて、彼女のアパートの前までずっと話しながら歩いた。


Y子は社会人の姉と2人で住んでるんだが、今日姉は会社の人と旅行だと言う。

なので冗談半分で、「寒いし、ここから家まで1人で帰りたくないから泊めてくれ」って言うとあっさりOKしてくれた。


近くのコンビニで酒とお菓子と朝ご飯用のパンを買い、Y子の部屋でもう少し飲むことになった。


部屋に入るとY子はトレーナーに着替え、1時間くらい下らない話をしながら飲んでた。

3時過ぎになると眠くなり、自分が先にウトウトしたようで、気が付くとY子もソファーに寝転んで眠っていた。

元々そんな気はなかったんだけど、Y子の寝顔を見ていると変な気持ちになってきた。

するとY子が突然ムクッと起き上がり、寝ぼけたままジャージに手を突っ込んでモゾモゾしたかと思うと、ブラを抜き取ってまた寝てしまった。


俺のすぐ横には今までY子が着けていたブラが・・・。

そしてそのすぐ横にはノーブラになったY子が寝ている。


こんな状況で何もせずにいられる訳もなく、まずピンクのブラをひと通りチェック。

Y子の胸を近くで見てみると、なんとなくトレーナーの膨らみの先が尖っているみたい。

気が付かれない程度にそっとその膨らみに手を当ててみた。

物凄く柔らかい。

ゆっくりゆっくり揉んでみると、ちょうど手の平の真ん中くらいに突起の感触が。

その突起をそのまま親指で触ると、突然Y子の手が俺の手を払い除けた。


(ヤバい!バレた!)

固まる俺に気付くこともなく、Y子はトレーナーのお腹に手を入れ、胸の辺りをボリボリと掻くと、おヘソを出したまま寝てしまった。


少し様子を窺った後、Y子が自分で捲ったお腹の部分のトレーナーをそっと持ち上げて覗き込むと、2つの山とその先に2つの突起物が見えた。

もう興奮は半端なく、我慢などできずに手を突っ込んで生乳を揉んでしまった。

温かくて柔らかく、もうY子が起きるかどうかとか考えることも出来なくなり、そのままトレーナーを上まで捲り上げて胸を丸出しにした。


Y子の胸は物凄く綺麗なピンク、というかオレンジっぽい。

思わずじっくり見ていると、さすがに気が付いたのか、「うーん・・・」と言いながらトレーナーを元に戻そうとする。

ここで初めて我に返ってヤバいと思い、少し離れて寝たふりをする。

少しの間ジッとしていると、Y子はモゾモゾと起きてトイレに行き、戻ってくるとそのまま服を脱ぎ始め、バタバタとお風呂に。

どうやらシャワーを浴びに行ったようだった。

なぜか脱衣場ではなく、この部屋で全部脱いだY子に変な期待感が。


(もしかしたら風呂上りに全裸のY子・・・そのまま・・・!)

興奮しながら待ってると、予想を裏切り、ちゃんとパジャマを着たY子が戻ってきた。


Y子は俺がいたことを忘れてたようで、脱ぎっぱなしの下着を慌てて拾い上げると、「うわ!ごめん、思わず脱ぎっぱにしてた」と言って笑う。

その姿を見てバレてないと確信した俺は、何事もなかったように振る舞い、「裸で出てくるのかと期待してたのにー」と冗談を言って乗り切った。


Y子は部屋に俺を入れたことも全然覚えてなかったらしい。

一緒に雑魚寝したことに気が付くと、「◯◯(俺)なら絶対変なことしないから安心してるけど」って普通に笑いながら言われて少し胸が痛んだ。

その後、Y子は自分の部屋で、俺はリビングで寝て、朝一緒にコンビニで買ったパンを食べて帰った。


年明けに会った時に、「2月の連休にまた姉が旅行に行くの」と言っていたので、「じゃあまた遊びに行こうかな」って言ったら、「えー、寝てるときに触られちゃうからダメだよぉ」って少し甘えた感じでからかう様に言われてしまった。


「冗談冗談」って言ってたけど、本当は俺がしたこと全部バレてるのかな?
サンプル