5


酔って親切そうなお兄さんに誘われそうになった話。



飲み過ぎて、かなりヘロヘロで終電。

電車の中で気持ち悪くなっていたら、親切そうなお兄さんが「大丈夫?」と声かけてきた。

駅で吐いたりしちゃって(ごめんなさい!)、ティッシュくれたりして本当に親切だった。

普通にありがたかったのでお礼言ってた。


結局、目的駅の一駅手前で電車なくなっちゃったんだけど、その駅までついて来てくれた。


そこでタクシーに乗ろうとしたら、なんとなく暗がりに連れ込まれて、ホテルに誘われる。

もうヘロヘロだったのでキスされたら拒めずにそのまましてしまった。

しかも、ジュブジュブに舌絡ませちゃって、もう自分が何やってんのかよく分かってない。


気がついたら服の中に手を入れられて胸とか触られてる。

全然人気がないとはいえ、駅前の野外。

冷静に考えるとすごいことやってる。

でもヘロヘロモードだったのでされるがままで、正直、スイッチ入りかけてた。


そうしてるうちにパンツの中にまで手入れられて。

お兄さんは「ホテル行こう」と言ってたので、さすがにそこでやっちゃおうとかはなかったんだろうけど。

でもシチュエーションの異常さもあって、お兄さん以上に自分の反応がヤバい!と思った。


「したくなっちゃうよぉ」とか口走ってたと思う。


あ゛あ゛あ゛あ゛・・・思い出すとのた打ち回りそうー。


ヘロヘロな中で、(逃げるには満足させるしかない)みたいな発想になって、なぜか自分からしてあげてしまった。

今思うと何やってんだか意味が分からない・・。

でも、本気レイプとかされそうになっても、追い詰められてそういう発想になりそう。


でもしてしまったら、してる自分に変に興奮してしまって、余計に反応してしまう。

正直、気持ちよかった・・・。

お兄さんも良い感じだったし、明らかに年下の男の子に誘われたことで、ちょっと自尊心が満たされもしてた。

あと一押しされたらホテルまで行っちゃってたと思う。

結局、そこまでしたところで強引に振り払ってタクシーへ。


「彼氏に殺されちゃうよー」とか言って。


本当はうちの彼氏、草食なので全然怖くないんだけど。


というわけで、ギリギリ最後は回避して帰ったけど、十分すごいことしてしまった・・。

しかも帰ってから一人でしてしまってまた自己嫌悪。


以上、クズ女のお話でした。

サンプル