41


イケメンの店長と中出しセックスした時の話です。


今、33歳。

子供が小学校にあがり、家計を助けるために4月からパートに行ってます。

小さな食堂でランチ時間だけだったんですが、夜も人が足りない時は来て欲しいと言われ、週に何度か夜も手伝うようになりました。


店長さんは34歳で、凄くイケメンですが、3年前に離婚して今は一人だと聞きました。

夜の片付けの時は店長さんと二人きりになり、楽しい話で笑いっぱなしで、いつも私は楽しみでした。



一度、夜に宴会が入り、もう一人のパートさんと一緒に仕事をしてると、そのパートさん(Oさん)から、「あなた、店長とまだなの?」と聞かれました。

なんのことか判らずに「エッ」と答えると、「まだなんだ・・・、凄いのよ。

アレが」と笑い、「給料が安い分、店長に頑張ってもらいなよ。

今日は私ね」と言われました。

その日が終わり、私が帰る時にはOさんも一緒に着替えてましたが、私だけ帰りました。


帰宅してもOさんの話が頭から離れず、主人に「コンビニにちょっと行ってくるね」と家を出てお店に行くと、まだ電気が点いてました。

厨房の入り口は戸が開いていたので、こっそり戸を開けると喘ぎ声が聞こえてきます。

私は恥ずかしくなり帰ろうとすると、Oさんが喘ぎながら・・・。


O「店長、新しい人とまだなの?エッチしたい人しか雇わないって言ってたよね?」

店長「エッチしたい人なんてひどいよ。

好みの女性を雇ってるんだよ、Sさん(私)も美人だし素敵な女性だよ」

私は店長に言われたことが凄く嬉しくて・・・。

すると、「明日はSさん夜だから、頼んでみようかな」という店長の声が聞こえました。

私は急に恥ずかしくなってドキドキしながら帰宅しました。

主人が晩酌中だったので私も一緒に飲みましたが、私のテンションは上がっており、主人にも「今日は機嫌がいいんじゃない?何かいいことあったの?」と聞かれるほどでした。


翌日、綺麗な下着でパートに行き、店が終わって片付けをしてると、店長が後ろから、「お疲れ様」と抱きついてきました。

そして、「こうしたかったんです。

昨日一緒に働いてくれたOさんともこういう関係なんです。

すみません、嫌だったらやめますから」と言われ、胸を揉まれました。


「知ってます、昨日Oさんが話してくれましたから」

私がそう答えると、乳首を服の中で弄られキスをされました。

キスをされながらジーンズを下ろされ、四つん這いにさせられると、店長は下着をさげアソコを舐めてきました。

アソコを舐められて恥ずかしがってると、店長がズボンを脱ぐ音がして・・・、ゆっくりと挿入してきました。

その瞬間から苦しいほど押し広げられ、店長のモノが私の中でいっぱいに。

それでも進入してくる店長に、「もう無理です」と振り返ると、まだ店長のモノは入りきってませんでした。


「Sさんは狭いんですよ」と、店長がゆっくり引いていくのが見えるのと同時に、店長のエラが私の中をえぐるような感じになり、「あぁぁぁぁん」と長い喘ぎ声が出てしまいました。


何度か浅いところで出し入れをしてる店長のアソコにはヨーグルトのようなモノがついてきて、恥ずかしくて目を背けると、「きちんと見ててください」と言ってゆっくりと根元まで入れてきました。

それと同時に私の奥に店長の亀頭がきつく当たり、腰をグリグリと振られただけで私はイキました。

店長も我慢できないというので、出してもらいました。

安全日ではなかったので、その時は外に・・・。


股間に何かが挟まったような感じで帰宅しました。

結局、その日の帰りが遅いと主人に怒られ、夜のパートはなくなりました。

その時、私は主人に逆ギレして、「忙しかったんだから仕方ないでしょ、夜の時間はやめさせてもらうから」と言い、次の日のランチタイムの前に店長に話しました。


残念そうな店長に申し訳ないのと、主人にムカついたのと・・・。

ランチの前に店長とお店の座敷でエッチして、中出しを許しました。


パート中も店長のがタラっときましたが、そのまま働いてると主人がランチに来ました。

主人は店長に、「夜は申し訳ないですが無理なんで、日中だけにしてください」と頼み、店長も「さっき奥様から話を聞きました。

日中だけでもありがたいですから」と言うと主人は満足そうでした。


主人が帰る時、足元に財布を落とし、私が拾おうとしゃがむとドボドボというような音が小さく鳴りました。

空気が出たのか、一緒に店長の精液が出てアソコが熱くなり、主人の前だったので焦りました。

赤面気味な私に店長が「どうしたの?」と聞いてくるので、「さっきしゃがんだら店長のいっぱい出てきたの、焦っちゃった」と言うと、「旦那さん、いい人だね」と言って私の後ろにまわり、また私のズボンを下ろして入れてきました。


「旦那さんを見たら興奮しちゃった」

そう言って店長は、また中に出しました。

その夜、主人も求めてきて焦りましたが、主人はアソコを舐めても判らなかったようなので安心しました。

でも主人にはまだムカついてたので、ゴムを付けてもらいました。

サンプル