0086


違法ソープでのセックス体験談。



少し前のことですが、パチンコで珍しく大勝ちして臨時収入が入ったのでソープに向かった。

行くのはいつも行っているソープで、安くて若い子も多いのでお気に入りの店だ。


急ぎ、予約の電話を入れた。

かなりの回数行っていたので名前を言うと受付の兄さんもすぐに私だと分かった。

お気に入りの子を指名しようとしたが、その日はあいにく女の子の日でお休みとのことだった。


しょうがないので別の店に行こうかなと思ったら、「今日、体験入店の子がいるんですけどどうですか?まだ予約入ってないんで最初ですよ」と言ってきた。

話によると、とても若く、私好みのロリっ娘だとのこと。


(しかし、素人か・・・)

本当だったらお気に入りの子でと抜きたいと思っていたのだが、すでにソープに行く気満々だったので、その子を指名することにした。

まだ新人なので指名料はタダにしてくれると聞いてちょっとお得な気分だった。


で、店に着いた後は入り口で80分コースとオプションでコスプレやバイブなどの料金を払い、待合室で待機。

その日は珍しく待合室には私一人、爪を切ったり漫画を読んだりして待っていると嬢の準備ができたとのことで二階へ上がる。

どんな子だろうとちょっとワクワクしながら上がると、セーラー服を着た女の子が待機していた。

身長は小さく、おそらく146センチ位だろう。

これは大当たりかもしれないと興奮しながら階段を上がりきると、彼女はお辞儀をし顔を上げた。


「は、初めましてミミで・・・え?」

その子の顔に見覚えがあった。

なんとそこに立っていたのは私の妹の友達だった。

私には16歳の妹がおり、彼女は妹が小学生の時からの親友だった。

あまり交友は無かったが、大人しく礼儀正しい子で、小柄でタイプだったので私もよく覚えていた。


(なぜ未成年の彼女がここに・・・)

固まっていると彼女が私の手を引き、「とりあえずこっちに・・・」と、部屋に連れて行かれた。

バタンとドアを閉じた後、長い沈黙。

とりあえず私から話し掛けた。


「さ、サキちゃん(仮名)だよね?何でこんなところに?」

「え、えっと・・・」

サキちゃんも戸惑いながら、しばらく口を開かないでいたが、少しするとだんだんと話してくれた。

要約すると、とある事情でお金に困っていたところ、友達にここを紹介されたらしい。

何でもこの店、未成年者を雇っている違法ソープだったのだ。

どうやら私のお気に入りの子も実は未成年だったらしく、かなり驚いた。


「お、お願いです・・・この事は誰にも言わないでください・・・」

涙目で懇願された。

そんな表情をされたらS気のある私は興奮してしまう。


「いいよ、言わないであげる。

でも今日はお金払ってるんだ・・・分かるよね?」

そう言うと彼女は少し怯えたように声を震わせ、小さく「はい・・・」と言い、服を脱ぎ始めた。

私も服をすべて脱ぎ捨て全裸になる。

ペニスは現役女子高生とヤレることで興奮し、いつもより硬く勃起していた。


「お、大きい・・・」

セーラー服を脱いで下着姿になった彼女は私のペニスを、驚愕と興奮、恐怖が混じった視線で凝視していた。

私のペニスは自慢ではないが大きい。

彼女がしてきた相手のはここまで大きくなかったのだろう。


「ほら、舐めて」

彼女を屈ませフェラをさせる。

小柄な彼女には私のは大きすぎるため竿を舐めていく。

気持ちよさよりも、年齢以上に若く見える少女にフェラをさせているという興奮が大きい。

それを数分間続けさせた後、ベッドに寝かせ下着の上から愛撫を始める。

ショーツの上から擦ったり、オプションで付けたローターやバイブを使って責めていくと、感じやすいのだろうか大きな声で喘ぎ始める。

ショーツはすぐにビショビショになり、全て脱がせるとパイパンだった。

どうやら店の方針で剃ったらしい。

これに興奮した私はもう我慢できなくなり、彼女を四つん這いにさせ、ローションを私のペニスに塗りたくり秘所に宛てがった。


「ま、待って!ご、ゴムを・・・!」
「サキちゃん、今日は大丈夫な日?」

「だ、大丈夫だけどゴムを付け・・・」
「じゃあ問題なし」

「だ、ダメ!あ、あああああ!!」

彼女の言葉も聞かずに強引に挿入した。

小柄な身体なので穴の入り口も小さくなかなか上手く入らない。

が、ローションと愛液もたっぷりなので滑りには問題ない。

だから、さらに力を入れ、無理やり入れた。


「あああああああああ!」

かなり強引に入れたので痛みも混じった声を上げるサキちゃん。

痛そうだったのでローターやバイブを使ってクリトリスや乳首を愛撫しながら腰をゆっくりと動かす。

小さい膣なので締りが凄く、すぐにでもイッてしまいそうだった。

射精を我慢してゆっくりと動かす。

それを繰り返していくうちに苦しげな吐息から感じている吐息に変わってきたので腰の動きを速めていくと、彼女は苦しそうにしながらもちゃんと感じているようだった。

それを確認した後は手加減無しの動きで腰を動かしていく。

すると彼女は、「イク」と連呼し、果てたのだった。

イッた瞬間、締りがキツくなり、それに釣られて私も彼女の中に出した。


イッた後、一旦抜き、彼女から離れる。

二人ともハァハァと息を吐きながら呼吸を落ちつかせていく。

その時、彼女の股から精液が流れ出したのを見て興奮して、ペニスは再度勃起。

イッて呆然としていた彼女をこちらに向かせ、今度は正常位で入れた。

彼女は嫌がり抵抗したがイッたばかりで力も入らず、そのまま入れられ喘ぎ始めた。


その後、また彼女の膣内で出した後、休憩を挟み、風呂を入れて二人で入った。

しばらく会話はなかったが、話し掛けていくうちに答えてくれるようになって、色々と話を聞けた。

今までの経験人数は4人で、俺ほどペニスが大きい人とは経験がなかったとか、今の彼氏は勃起しても親指サイズで早漏だとか、ここで働く理由が携帯代を払うためとか色々。


最初は嫌がっていた彼女だけど、何か吹っ切れたのだろう。

風呂の中で私のペニスを触ってきた。

積極的になったので風呂の中でしばらくイチャイチャした。

そうしているうちに時間がもう半分ほど過ぎていた。

このまま別れるのは勿体無いと思った私は、予算には余裕があったのでフロントに連絡してもらい、一番長い300分コースに変更してもらった。

彼女の予約は私以外なかったので問題なく進んだ。


時間に余裕ができたところで、まだ慣れていないマットプレイを堪能したり、セーラー服を着せてイメクラみたいに教師と生徒を演じたり、ただイチャイチャしたりした。

エッチの時の彼女は痛がる様子も無く感じまくっており、正常位の時には足を絡めてくるほどだった。

もちろん全て中出しで。

大人しく見えて結構エッチなんだよね、この子。

そのギャップを楽しみながら俺は腰を動かしていった。


やがて時間が来たので着替え、帰る準備をする。

さすがにヤり過ぎたせいなのか、上手く歩けないようだった。


「見送りはいいから」と言って部屋を出ようとした時に名刺を貰った。

その裏にはメアドが書いてあって、「また連絡してね」とキスされた。


数日後、彼女とメールのやり取りを始めた。

で、その週の日曜に会う約束をした。

そしてその日の食卓では妹が。


「聞いてよ母さん、サキがさ、彼氏と別れたんだよ」
「あら?サキちゃんが?この前付き合い始めたばかりって言ってたじゃない」

「そうなんだよね・・・しかもサキの方から振ったらしいんだよね。

結構イケメンで優しいのに」
「そうなの、何かあるんじゃないかしらね?」

「そうかもしれないけど・・・私には理解できないなぁ~」

その会話を俺は興味が無い振りをして黙って聞いてた。

そして心の中で、『短小の彼氏君、ゴメンね』と笑いながら呟いたのであった。

サンプル