4


50歳のおばさんセフレとの体験談です。



僕のセフレを紹介したいと思います。

僕の名前は哲也、28歳の独身です。

付き合っている彼女(27歳)はいます。

紹介したいセフレはその彼女の事ではなく、51歳のおばさんです。

ここでは便宜上、洋子と呼びます。


知り合ったのはお互いの仕事場です。

彼女はパートとして入って来ました。


体型は少しポッチャリしていて、顔は今でも見れる位の可愛さは残っています。

仕事の指導を僕が担当する事になり、それがきっかけで話をするようになりました。


それが男と女の関係になったのは昨年の秋の慰安旅行での事でした。

北陸に2泊の日程で、社員総数20名程度の旅行でした。

僕はこれまで普通に仕事で指導をしていたつもりでしたが、洋子さんは僕に好意を持っていたようです。

洋子さんは結婚もしており、おばさんだし、そういう対象になるとは夢にも思っていませんでした。


それが、旅行の1日目の事でお決まりの宴会は終わり、その後はみんなバーとか外出とか自由行動となり何グループかに別れました。

僕はお酒にはあまり強い方ではないのでバーとかには行かず、ロビーで休んでいると洋子さんがそばに来て、「どうしたんですか?」と声を掛けて来ました。

僕が、「少し酔ったので休憩しています」と返事すると、「私もよ」と洋子さんが言いました。


しばらく他愛もない話をしていると洋子さんが、「外に出た方が酔いも覚めるよ」と言い、散歩でもしようと言ったので庭に出ました。

晴れていたので星もきれいに見えていました。


「付き合っている彼女はいるんですか?」
「ええ、いますよ・・・付き合って4年になりますが、来年には一緒になろうかなと思っています」

「やっぱりね・・・◯◯さんイケメンだもの・・・◯◯さんは私のタイプよ」
「かなり酔っていますね・・・ご主人おられるでしょ?」

「居ないのと同じよ」

そういう言葉が出てきて少し驚きました。


その時でした。

洋子さんが僕の手を握り、そばに寄って来ました。

身体が触れ合って胸のボリュームが感じられます。


「お願い・・・この旅行中だけ・・・私を感じさせて。

結婚しているけど主人とはもう何年も無いの・・・◯◯さん、あなたが好きなの」

僕は、驚いて声も出ませんでした。

洋子さんが僕の手を取り浴衣の中に手を滑らせました。

ノーブラでした・・・。

想像していたよりも胸はかなり大きいです。

乳首も長く大きく既にコリコリになっていて興奮しているのが分かります。


「ここじゃ人に見られるから場所を変えましょう」

2人で人目のつかない所に行きました。

すると洋子さんが僕にいきなりキスをしてきて、「我慢できない」と耳元で囁きました。

最初はおばさんだということに凄く抵抗がありましたが、僕も少し酔っていて、手をオマンコに持ってゆくと・・・、ノーパンでした。

つまり裸の状態で浴衣1枚だけです。

オマンコは既に大洪水の状態でびしょびしょでした。

洋子さんが僕の浴衣からペニスを探し出すと既に勃起しており、それを見ると・・・。


「凄い・・・大きい・・・主人の倍はあるわ・・・彼女は幸せね」

確かに僕のペニスは他人よりは大きいと言われます。

風呂などで友人たちと比べていると、お前のは大きいなとよく言われていました。

勃起した状態で約20cm位です。


洋子さんは、「凄い・・・大きい」と言いながら口に咥えてフェラを始めました。

「大きくて入らない」と言いながら。

凄いテクニックです・・・彼女とは比べ物になりません。


「若い女では味わえない大人の女の味を教えてあげるわ。

私は閉経したので・・・妊娠する事がないのよ。

安心して◯◯さんの精液を中にいっぱい出してちょうだい」

そう言われると僕の中で何かが弾けました。

屋外だったのでバックから生のまま挿入しました。

彼女とはいつもゴム付けていましたのでとても新鮮でした。

オマンコの中もペニスにまとわりつくような感じで、精液を絞り取られる、そんな感じがしました。


「凄い、オマンコ裂ける、もっと犯して!」

洋子さんは狂ったように感じて・・・まるで獣のようでした。

洋子さんはイクイクイクイクと叫びながら、「一緒にイッてお願い・・・中に出して!」と叫んでいました。

僕も生まれて初めてオマンコに中出しをしました・・・それも1番深い所で。


洋子さんはおばさんですが、オマンコは最高です。

生で出来るというのは1番ですね。

妊娠の心配も無いし、最高です。


「これからは『洋子』と呼び捨てにして・・・私をあなたのセフレにして下さい。

もちろん彼女とは付き合って下さい・・・結婚もして下さい。

でも私をあなたの一生のセフレにして・・・尽くしますから・・・。

私の身体を好きなようにして・・・いつでも犯してくれていいから。

その代わり、あなたのペニスを私にもちょうだい」

そう懇願されました。


「◯◯さんのペニスは凄い・・・イケメンでこのペニスを離したくない」とも言われました。


この旅行の2日間は団体行動以外はほとんどセックスをしていました。

洋子とはセフレになり半年になります。

彼女とは今年秋頃に結婚予定していますが、今も洋子との関係は続いています。

彼女はセックスでは淡白であまり好きではないようです。

ですので、洋子とは週に2~3回はセックスしています。

洋子は今でもパートとして会社に来ています。


元々洋子はセックス好きでしたが、Mの気がありました。

セックスの時も縛られるのが好きなようで、「レイプされている感じがいいのよ」と言います。

今ではバイブを前後に入れられて狂ったように叫んでいます。

アナルでもペニスを受け入れる事が出来るようになりました。

本当に雌犬という感じですね。


これから時間を掛けて洋子をM女に調教しようと思っています。

僕の言う事は命令としてよく聞きます。

なので、本当に複数の男たちにレイプさせてやろうかと考えています。

とにかく性欲処理にはもってこいです。


この他にもまだまだありますが、またの機会に・・・では。

サンプル