8117


出会い系で知り合った女子大生とのエッチな体験談。



女子大生の真緒ちゃんと出会い系で知り合った。

LINEを始めてひと月ほどで、たまに電話などもする仲に。

頭の回転の良さにとても好感が持てたし、読書やピアノの話も出来て嬉しい。

向こうもすでにこちらを好いている感じだったので、休日に会うことに。


初めての面接なので勝手が分からず一苦労。


しかしその甲斐あってか、ようやく会えたその子は、眩しい女子大生!
宮地真緒から変なクセを除いたようなお嬢様!!
清楚&キュート!!
僕を見つけてはにかみ笑い。


(ううぅ・・・半勃起)

楽しく会話をしながら都庁の展望台へ。

ちょうど夕陽が沈む時間なのでロマンチック・・・。

会話が途切れた瞬間を狙って腰に手を回してみる。


(腰、細っ!)

真緒ちゃんは相当に恥ずかしがり屋らしく、顔を真っ赤にして俯き気味。

しかもすでに呼吸が荒くなっている。

うへー!!
こっちも照れてしまい、完全にボッキンキン。

隠すのが大変。


良いムードのまま、手を繋いで都庁を出ました・・・。

イタリアンを食す。

席に着き、顔が向かい合うとまた照れてる真緒ちゃん。

テーブルの下で足をつんつんしたり、とても楽しい。

ピンと張った上に湿りつつある股間も相手から見えなくて助かります・・・。


食事を終えカラオケに行くが、歌なんてほとんど歌わずに寄り添ってまったり。

髪の毛からふぁ~~っと良い匂いがする。


(・・・もう・・・、もう・・・我慢できない!!!)

左手で真緒ちゃんの顔をこちらに向け、キス!
長いキス!!
そしてディープ!!!
真緒ちゃんの手が僕の背中に回る。

泣いているような息の荒さがたまらなく可愛い!!
吹っ切れたのか、積極的に舌を入れてくる真緒ちゃん。

ぬくい~。

こうなりゃおっぱいも触ったれ!
服の上から円を描くようにも~みもみ・・・。

舌で繋がったまま体を少し後ろにずらす真緒ちゃん。


目がとろんとした真緒ちゃんを連れてホテルへダッシュ。

肌を見せるのをなぜかすごく躊躇うが、脱いでみるとスタイル抜群。

胸の形も最高に綺麗。

我慢出来ないのでシャワーをざっと浴びて布団の中で弄り合う。

うぶな感じなのに感度がいいって、やっぱり最高・・・。

とか思いながらひたすら愛撫。


奉仕の精神で手マンを頑張っていたら、人が変わったような目つきで、「早く、早く入れて~!」と僕のチンコをぎゅっと握って自分のアソコへ誘導!
思わぬメスライオンっぷりに思わず昇天しかけたが、そこは我慢。

キスをしながら正常位で突きまくる。

もうアウアウとしか言えない真緒ちゃん。

最高です・・・。


次はせがまれてバック。

腕に力が入らないのか、横に向けた顔で体を支えている。

そして真緒ちゃんの軽い叫び声を聞いて昇天・・・。


・・・くはぁ・・・。

気持ち良かったぁ・・・。


その後、風呂でも一発。

対面座位に萌え。


その後もしばらく仲良くしたけど、ちょっと色々あってお別れに。

ちょっと寂しいです・・・。

僕、君に会ったせいで出会い系にハマりました。

サンプル