0081


ルームシェアしてる女子大生との体験談です。



東京でルームシェアしていた時の話です。

上京したついでに流行りのルームシェアに憧れ、今の物件を見つけて住み始めて約半年。

ここでの生活にも慣れてきた頃です。

ここは男女合計10人が住んでいて、楽しく過ごしていました。


そんなある日、新しい入居者が入ってきました。

19歳の女子大学生。


近くの大学に通うらしく、憧れのルームシェアに魅入られてやってきた1人。

親御さんと一緒に来て、男も一緒に住んでいるけど皆とても印象が良かったのか、安心してそのまま帰っていきました。

そりゃ、初めての1人暮らしで、男も住んでいる家でのルームシェアはもっと心配だろう。


ちなみにその大学生はチエという名前で、綺麗なセミロングの黒髪。

19歳にしてはナイスバディな女の子。

モデル体型と言うよりは、出るとこ出てグラマーな美人である。

正直、男組は全員、色めき立っていた。

でも、俺以外はみんな彼女がいるし、結婚間近な人もいて、冗談で「あの子、いいよな」って言うくらいで、本当に色めき立っていたのは俺だけだったのかもしれない。


それから約半年、みんな本当に仲良くて、チエもすっかり馴染んでいた。

そんなある日に事件が起きた。

事件と言っても、チエの大学のレポートがリビングに置いてあったのを俺が勝手に読んでしまった事だった。

もちろん置き忘れたチエも悪いが、ちょうど俺が手に取って興味本位で読んでいるところをチエに見られてしまったのだ。


「ちょっと勝手に読まないでよ!」

軽く肩を小突いてきた。


「ごめん、置いてあったからつい読んでしまって」

「もう、ほんと、人のを勝手に読むなんてキモい」

最初は申し訳ないという気持ちでいっぱいだったが、まるで携帯を勝手に見たかのような感じで怒られ、キモいとまで言われた事が後々腹が立ってきた。

それから少し気まずい空気になったが、それほど尾を引くほどにはならなかった。


そして仕事の帰り道、少し飲んでいい気持ちになり、一緒に飲んでた友達と夜のエッチなお店に行った。

しかし嬢がとにかくフェラが下手で、全く抜けなくて時間切れに。

かなりもどかしい気持ちのまま家に帰った。

もちろんこっちは不完全燃焼。

もうすっかり自宅は真っ暗。


すると暗闇の中にチエがいた。

トイレにでも行っていたのか、上はシャツを着ていたが下はパンツだけの格好。

グラマーなチエのお尻を見て、すっかり元気をなくしていた俺のムスコはビンビンになってしまった。


自分の部屋に戻って抜こうと思ったが、どうしてもそれだけでは満足できそうになく、気付けばチエの部屋の前に立っていた。

鍵が閉まっているだろうと思ってはいたが、ゆっくりとノブに手をかけてみた。

するとドアが開いた。

寝ぼけたチエが部屋に戻る時に掛け忘れたのだろう。


思わず部屋の中を覗いてみると、チエが寝息を立てて寝ていた。

胸のドキドキが止まらなくて、ダメな事とは分かっていてもそのまま入ってしまった。

そして鍵を閉め、ベッドに近付いた。


(ここでバレたらどうしよう・・・)

そんな事を考えながらも、手は股間の中でしごいていた。


(ダメだ、もうイキそう・・・)

でも目の前にチエが寝ている。

少しでもいいから体を触りたい。

そう思った次の瞬間、ベッドの布団に潜ってチエの体に覆い被さっていた。


「ちょ、ちょっと何!?」

寝ぼけながら起きたチエがそう言ってきた。

ガッチリと抱きついて首筋を舐め回し、股間を何度もチエのパンツ越しに擦っていた。


「あぁ、気持ちいい。

頼むから大人しくしてて」

寝ぼけながらもチエは必死に抵抗していた。

しかし、先手必勝で相手の上に覆い被さったので、チエには為す術がなかった。

抱きつきながら体を擦っていると、チエの胸の乳首にも当たったのか、時折声が漏れていた。


「いやぁ!あ、うぅんっ!どいて!」

乳首を何度も俺の胸板で擦られ、硬い股間が陰部に当たっているので、抵抗しつつもチエも少しずつ感じているようだった。

だんだん気持ちよくなってきた俺はついに絶頂を迎え、チエのパンツの上で精子をぶちまけてしまった。

入れてないのにこんな気持ちいいとは思わなかった。

下着越しに生温かいモノを出されたチエは涙を流していた。


「ごめん、我慢出来なかったんだ」

その日からチエの事が性の対象としてしか見れなくなった。

それからというもの、チエが1人リビングでうつ伏せで本を読んでいたところをいきなり上に乗りかかり、嫌がる体を押さえつけてスカートの上に射精。

決して挿入はしていない。

短期決戦で相手に抱きつき、ゲリラ的に気持ちよくする。

一度、脱衣所で体を拭いている時に入り、お尻に股間を押し当てている時は間違って挿入してしまいそうになり、かなり焦ったが・・・。


結局、一度も本番をする事はなかったが、どうしてチエは誰にも言わなかったのか?
実は、チエはお金に困っていたのだ。

最初に襲った時に、「お金あげるから許して」とヤケクソで言ってみたら、すっとお金を受け取って、その後は何も言わなかったのだ。


本番こそ出来ないが、あのグラマーな体に抱きついて精子をぶちまけられるのだ。

こんな良い相手はいないと思って、チエが大学を卒業するまで何度関係を持ったか分からない。

正直、俺に彼女が出来てからも、彼女とするセックスよりも、チエと素股まがない射精行為の方が気持ち良かった。


チエはいつになっても嫌がる素振りを見せていた。

俺にはそれが堪らなかった。

そして最後はお金を渡し、お互い何事もなかったかのように日常を過ごす。


結局、卒業するまで最低でも1ヶ月に1回は関係を持ったが、俺にとっては忘れられない経験でした。

サンプル