00059


幼い頃から仲の良い妹とのセックス体験談。



妹の美歌を抱き締め、キスをすると、唇が震えているのが分かった。

かなり緊張しているのがよく分かった。

いや、俺もかなり緊張していた。

俺から離れ、意を決したように衣服を脱ぎ始めた美歌だが、ぎこちない。

俺も脱ぎ始めると、美歌はチラッとこちらを見た。


お互い全裸になると、美歌はまた俺の胸に身を寄せてきた。


ベッドに寝かせ、キスをして、美歌の美しい乳房を手にした。

俺の手はぎこちなく震えていた。

エロ雑誌のモデルの胸とは違い、貧乳で硬いと思った。


ゆっくりと両手で両方の乳房を揉んでみた。

そして恐る恐る、まず右の乳首を吸ってみようと、顔を近付けたら、息を感じとったのか、美歌の乳房はピクンとなった。


“チュッ”

軽く唇で乳首を含んでみると、またピクンと動き、乳首は唇から外れた。

それを追いかけるように、また乳首を唇に含んだ。

美歌は少し、ため息のような声を漏らした。

そして自分の知る限りの愛撫を美歌にした。

徐々に潤ってきた様子の美歌の足を広げ、俺は入れようとした。


「いいか?」

「『待って』とか言ったら絶対待ってね?」

「分かった」

左手の親指と人差し指で美歌の性器を広げ、右手で立った俺の性器を握って美歌の性器に狙いをつけた。

膝を寄せ、美歌の性器に俺の性器を押し付けてみたが、上手く入らない。

もっと膝と下腹部を寄せて押し込むようにしたら、先が少し入った。


「痛っ」

少し美歌が言ったので躊躇した。


「だ、大丈夫だよ」

そう言うので、さらに侵入を試みた。

でも押し戻されてばかりだった。

美歌は何度か深呼吸していた。

痛いのを我慢してるのが分かった。

ぎゅっと強めに侵入を試みたら、半分まで入った。


「ううっ!」

美歌は唸るような声を出していた。


「痛い?」

「痛いけど、大丈夫だよ」

さらに奥に進め、合体が完了した。

でもあまりの気持ちよさに腰を振る余裕もなく、呆気なく果てた俺。


八月三日、兄妹の初エッチ記念。

薄っすら血が滲む美歌の性器から、トロっと、俺の精子が流れた。


幼い頃から仲が良かった俺達兄妹。

周りからも、「兄妹と言うより恋人同士みたい」と言われていたから、いつかこうなるだろうと思っていた。

気持ちを抑えることが難しくなり、美歌に打ち明けると、美歌も同じだと言った。

そして童貞と処女を捧げあった。


冷静さがなかった初エッチ。

妊娠しなかったのは幸いで、今はきちんと避妊している。

サンプル