BUMxURuCcAEGGKw


大学の後輩と浮気したら修羅場になった話

<スペック>
自分:23歳。

某国立大学の大学院2年。

2年間付き合ってる彼女(バイト先の社員、20歳)がいるものの、かなりマンネリ状態。


カナ:21歳。

同じ大学の4年生。

168センチの長身スレンダー体型(A~Bカップ)。

美脚を強調したいらしく、ミニスカにポロシャツかTシャツ姿がほとんど。


他大学に彼氏がいるものの、同じくマンネリ状態。

下ネタ、エッチな話が好き。


僕とカナは研究室で知り合って以来、数年間に渡って仲が良く、すでにお互いタメ口で研究の事からプライベートな事まで何でも話している関係でした。


そんなある日、「クラブ行ってハウスに興味を持ったからアルバムを作って欲しい」と依頼され、うちに来ました。

その日もカナはいつものミニスカに白のポロシャツ姿で、薄ピンクのブラが透けていました。

そんな後ろ姿を見ながら、(綺麗な脚してるし、そそられる身体してるな・・・)と生唾を何度か飲む思いでした。


作業はカナが聞いて良かった曲をリストアップしていき、それを僕が繋ぐという感じで数時間に及び、やや疲れが溜まってきてました。


僕「ちょっと肩凝ったから揉んでくれない?」

カナ「いいよー、今日のお礼にしてあげる♪」

僕がイスに座り、カナがその後ろに立って肩を揉む状態になると、甘い香水の香りが僕の脳を刺激してきました。

揉まれてる最中、(この感じ・・・あわよくばイケるんじゃないか?)と思い始めた僕。


僕「腰もお願いしていい?」

カナ「腰痛いの?」

僕「いや、痛いって程ではないんだけどね」

カナ「私、マッサージ上手いから、すぐに治っちゃうよ♪」

ベッドに移動しうつ伏せの状態になると、カナは慣れた感じで僕の閉じた足の上に腰を下ろして腰を揉み始めました。

カナは、「ここどう?気持ちいい?」と腰からお尻辺りを探るように揉み、僕はその声を聞きながら、(これが仰向けだったら最高なのに・・・)とよからぬ妄想をしていました。

カナがだいぶ気を許している事が分かり、もう一歩踏み込んで見ようと思った僕。


僕「もういいよ、ありがとう!次は俺が肩揉んであげるよ」(←下心アリアリ)

カナ「えっ、私のもしてくれるの?」

結構ノリ気な返事に、(これは本当にイケるかも・・・)とエロい気持ちを抱きつつ、今度はカナをベッドの上に座らせ、その後ろから僕が肩を揉む状態に。

揉んでる最中、透けてるブラに何度も目が行っては、(このまま手を下にさげていきたい)と思い、徐々にエロモードになってきてる自分がいました。

そして・・・、気付けば後ろから抱き締めてました。


(さすがにこれは拒否られるか?)

そう思いましたが、「どうしたの突然?」と言って、カナが僕の手を掴んできました。

今しかないと!

僕「襲っちゃっていいですか?」

カナ「襲いたいの?(笑)」

可愛い反応のカナ。

もうそこからは逸る気持ちを抑えきれず、後ろから胸を揉み、洋服を徐々に脱がしていき、気付けばお互い裸の状態になって舐めてもらってました。

予想以上の展開に嬉しい悲鳴を上げていると・・・。


カナ「彼女に怒られちゃうかな?(笑)」

僕「お前も彼氏に怒られるぞ」

カナ「どっちもマズいね~(笑)」

とか言いつつ、再び咥えられました・・・。

カナのフェラは男の気持ちいいツボをしっかり捉えていました。

絶妙なリズムで上下に扱かれ続け、エッチに突入する事もなくそのまま口の中でイッてしまいました。


その後はカナを攻め、その流れでゴムを付けて挿入。

久々に彼女以外のオンナの身体を抱き、それが彼氏持ちのカナである事にかなりの興奮を覚え、ただただその気持ちよさに没頭していきました。

そして気がつけばカナは、「アッ・・・イッちゃう・・・イッちゃう・・・!」と声を出し、その数分後にはカナの中で出してました。

エッチが終わって我に返った後。


僕「しちゃったな・・・」

カナ「しちゃったね・・・(笑)」

照れ気味に言うカナを見て、(やばい・・・もう一度抱きたい)と思ってしまう自分。


僕「もう1回しよっか?」

カナ「何か、うちらいけない事してるよね?(笑)」

そう言いながらカナは僕の攻めを受け入れてました。

そして再びカナの身体で果てた頃には、病み付きになりそうな予感がしてました・・・。

カナもカナで、完全マンネリ状態で欲求不満が溜まってたらしく、それからというものお互いのパートナーとはほとんどエッチをする事なく、浮気相手の身体を貪る関係が続きました。


しかし、そんな関係が長く続くはずもなく、半年後にはその関係がバレて修羅場&泥沼化しました・・・。

サンプル