1024x0


姉の妊娠中に義兄とセックスした体験談。



私の姉夫婦は実家の近くのアパートに住んでるんだけど、うちの父は単身赴任で週末だけ家に帰る感じ、母は祖父宅によく介護に泊り込むので、実質私一人で家にいる時間が凄く長い。

そんなわけで、年明けくらいから姉夫婦が実家に来て、よく一緒に御飯食べるようになった。

たぶん母がそうしてやってくれと言ったんだと思う。


義兄は3交代のお仕事らしく、朝勤、夕勤、夜勤と不定期な人。

ちなみに私は18歳、姉は22歳、義兄は25歳。



ある日の夜中、義兄から私にメールがきた。


『ごめん、起きてるなら何か飯作ってくれないかな?簡単なのでいいから』

姉は妊娠中で、仕事明けでも夜中に起こすのは心苦しいらしく、たまにこうしてうちで御飯を食べて帰ることもあった。

私は夜更かしすることが多いと知ってのことかな。

だからその日も、義兄の夜食用にと姉が買い置きしてあった材料で親子丼を作って待っていた。

待つこと数分後、車の音がして義兄が来た。

私も義兄の夜食に付き合って、コーヒーを飲みながら色々楽しく話したりした。

義兄が疲れた顔をしてたので、私は仕事と家庭で疲れてるんだなぁと思った。


私「お兄さん(と呼んでた)、お風呂も沸いてるし入ってちょっとゆっくりしてったら?」

義兄「お、いいかな?アパートの風呂だと狭いし、足伸ばせないから嬉しいよ」

私「疲れた顔してるもん。

もし出た時に私が寝てたら勝手口から帰っちゃっていいよ」

義兄「おう、ありがと。

んじゃ遠慮なく」

そういうやりとりをした後、義兄はしばらくお風呂に入ってた。

うちでお風呂に入ることは珍しくもなく、義兄は長風呂派だったので私はタオルと家にあるお泊り用の義兄の着替えを用意して自分の部屋に帰った。

夜も遅かったので、私はそのまま布団に入った。


どのくらい経ったのか、私は上半身が寒くてふと目を覚ました。

ぼーっとする視界に義兄の姿が映った。

あれ、と思ってちょっと頭がはっきりしてくると、私のパジャマの前が全部肌蹴て胸も露わになってることに気づいた。

義兄は私の胸のところに顔を持っていって、舐めるように眺めている。

眼鏡を外した義兄は、私が目を覚ましたことには気づいていないようだった。


どうしようか迷った。

いいお兄さんだったし、私は大好きだ。

時々姉に嫉妬したくなるくらい優しい人だった。

色々考えた挙句、私は寝たふりを続けて様子を見ることにした。

いくら何でも一線は越えないだろうと義兄を信じていたこともあって。


義兄は、しばらく私の胸を眺めていたのだろう。

乳首に吐息が掛かってくすぐったかった。

私は、ちょっと恥ずかしいのとくすぐったいのがあって、寝返りを打つふりをして体勢を仰向けから横向きに変えた。

義兄はちょっと驚いたようだけど、私が規則正しく呼吸をしてるのを確かめて安心したようだった。

これで帰るかと思って私も少し安心した。


ところが義兄は私のお腹の辺りに顔を持っていって向かい合うように横に寝ると、そのまま頭を私の胸の辺りまで滑らせてきた。

結果、私の両肘の間に義兄の頭が入る形になって、胸に顔を埋められるような体勢になった。

これはマズいと思うのと同時に驚いた。

あの穏やかな義兄が、こんな大胆な行動に出たことに。


そんな驚きも束の間、義兄は乳首に唇を当てて、優しくゆっくりと吸い始めた。

私は、何か思うよりも気持ち良さと興奮が勝ってしまって、声を出さないようにしながら、されるがままだった。

もう、起きてることを悟られそうなくらい心臓はバクバク。

息も荒くなってるんじゃないかと自分でも気が気じゃなかった。

義兄の行為はだんだんエスカレートしてくる。

乳首を吸うだけじゃ飽き足らず、片手でもう片方の胸を揉み始めた。

私は、どうなってもいいと思う気持ちと、私の胸を子供のように必死に吸う義兄が可愛くて仕方がない気持ちで、おかしくなりそうだった。

もう気持ちよさで声を我慢する自信がなくなってきた。

私の足に義兄の熱くなったモノが当たってるのもわかる。

私は勇気を出して声を掛けた。


「ん・・・お兄さん?」

義兄の動きが止まった。

その後、ゆっくりとこっちを見上げる。


「あれ、起きちゃったか」

少ししどろもどろだったけど、ちょっと開き直ってるようにも見えた。

上半身を起こして、こっちを見た。

私は胸だけ隠して、横になったままだった。


「ハルカちゃん(私の名前。

仮名)に、帰るよって声掛けようと思ったらもう寝ててね。

寝顔見てたら可愛くて、つい手を出しちゃったよ。

みんなには内緒な」

その時、すでに私は最後までしたい状態になってた。

長い間胸だけ弄ばれて、理性が吹っ飛んでたんだと思う。


「ううん、いいんだけど。

凄く気持ちよくて、その・・・」

「え?気持ちよかった?」

義兄がちょっと笑ったように見えた。


「うん。

気持ちよくて、だから、もうちょっとしてて欲しいなって・・・ダメかな?」

恥ずかしくて俯いてしまった。

最後の方は声になってないかもしれない。

義兄は黙って、また私の横に寝そべった。

そのまま背中に片手を回して抱き締めてくれた。


「絶対、内緒に出来る?」

耳元で義兄の声が聞こえた。

私はもう頷くしか出来なかった。

義兄がふふっと笑った気がした。


そこからはもう記憶が曖昧。

キスを何度かされた。

そのまま義兄の顔が下に下におりていく。

胸と乳首を凄く舐めてくれた。

私の胸をキレイだと褒めてくれて凄く嬉しかった。

私の乳首を吸う義兄の肩に爪を立てたい衝動を必死でこらえたのも覚えてる。

義兄の手が下着に掛かった。

そのままこっちを見上げる。


「・・・いいかな?」

「うん、お兄さんの好きにしていいよ。

私、もうおかしくなりそう・・・」

「それじゃ、ちょっと味見させてよ(笑)」

そう言って片足だけ下着を脱がせた。

太股に引っかかった下着が妙にいやらしく見えた。

義兄の顔が、私の熱いところに埋まる。

私は恥ずかしくて、「いや、ダメ。

恥ずかしい」としか言えなかった。

義兄はそんな私の声は無視してあそこを舐め始める。


「凄いな、こんなに濡らして。

実は最初から起きてたんじゃないの?いやらしいなぁ」

顔を埋めたまま、そんな言葉で私を苛める。

私は何も答えられなくて、ただただ喘ぎ声を出すばかりだった。

ピチャピチャ、ぐちゅぐちゅ、という音と、自分の声で頭がいっぱいだった。

(恥ずかしながら私はクンニはこの時が初でした)

「んー、なかなかイカないね。

イカせたら帰ろうかと思ってたけど・・・。

仕方ないなぁ(笑)」

笑いながら義兄は服を脱ぎ始めた。

私はすでに下半身は裸、上半身はボタンが開いてる状態だった。

むっちりと肉がついた義兄の体が私に重なってきた。

義兄はお世辞にも格好良いとは言えないけど、体を重ねた時の安心感は誰にも勝ると私は思う。

ちょっと体を起こして私の足を開く。

セックスは初めてじゃないけど、足を開くことに何故か抵抗を感じてしまった。


「ん、入れるのイヤかな?」
「そうじゃないけど・・・、なんか緊張しちゃって」

「何言ってるんだよ、ハルカちゃんの十倍くらい俺の方が緊張してるよ・・・。

あんまりオッサンをからかわないでくれよ(笑)」
「からかってないよー、私もお兄さんとしたくてうずうずしてるの。

ただ、お姉ちゃんのことが・・・」

「ここまでしちゃってそりゃないだろー。

俺、もう我慢できないよ」

そう言いながら片手でモノを持って私のアソコの入り口にぐちゅぐちゅ擦り当ててくる。


「あぁぁ・・・。

もう入れちゃってぇ」

「あれ。

お姉ちゃんがどうとか言ってなかった?」

そう言いながら、先っぽだけ入れては抜いたり、ぐちゅぐちゅと擦り当てたり、意地悪な義兄はなかなか入れてくれない。


「もう、いいから。

お兄さんお願い、お願い、入れて。

我慢できないよぉ」

喘ぎながら私は腰をくねらせて自分から身を沈めようとした。


「素直でいい子だ(笑)。

ほら、これでいいのか?」

ぐぐっと、義兄が奥まで入ってくる。

痺れるような気持ちよさで私は震えた。

ゆっくりと腰を前後する義兄。


「ハルカ、ハルカ」と名前を呼ばれていた気がする。


私は姉の夫としてる罪悪感と背徳感と優越感で、頭がおかしくなりそうなくらい興奮していた。

彼氏とするのとは違う、ゆっくりだけど凄く気持ちのいいセックス。

義兄は入れながら、乳首を舐めたり、胸を揉んだり、キスをしたりした。

ふいに義兄が上半身を起こした。

入れたまま片手をクリトリスに持っていく。


「そろそろ限界近いよ。

ハルカも気持ちよくなって」

そう言うとクリを軽く摘んだり撫でたりし始めた。

腰も同時に動かしてくる。

今までより激しい。


「ああ、お兄さん・・・。

凄くいいよぉ、気持ちいいよ」

突然激しく攻められて、私のアソコはヒクヒクしてた。

生だったのがまたさらに興奮を煽った。


「ほら、早くイカないとハルカの中に出しちゃうよ。

出ちゃうよ。

ああ・・・」

我を忘れてる私は「中出し」という言葉に興奮を覚えた。


「ああ、お兄さん、中に出しちゃってぇ。

もうダメ、イキそうっ、お兄さぁん」

腰がガクガクするのがわかった。

義兄も極度の興奮状態にあったのか、私がイクのと同時に私の中に射精した。

ビクビクと脈打って中に射精されるのが手にとるようにわかるほど膨張してた。

一息ついて冷静になると、自分のしたことの恐ろしさがわかった。

それは義兄も一緒だったらしく、しばらく二人とも無言だった。


「中に出しちゃったなぁ。

さすがにマズいよな。

ハルカちゃん、次の生理予定日いつ?」
「えっと、いつも月始めだからそろそろだよ」

「あー、そうなんだ。

それじゃセーフかな・・・。

とにかく、生理来ることを願おう。

ごめんな、こんなことしちゃって」
「ううん、私もごめんね。

でも、凄く気持ちよかった。

お兄さん、大好きだよ」

そう言って義兄の腕にしがみついて俯いた。

そんな私の肩を掴んで、義兄はぎゅっと抱き締めてくれた。


「俺もハルカちゃんが好きだ。

でも、あいつのことも大切なんだ。

ずるくてごめん・・・」

「ううん、私もお姉ちゃんが悲しむの見たくないし。

時々こうしてくれるだけでいいんだ」

明け方まで義兄は側にいてくれた。


こんな感じで先月末から関係が続いてます。

生理は予定通り来ました。

夕勤の時は必ずと言っていいほど私の所へ来ます。

今では中出しはしてません。

姉に対する罪悪感は物凄くあるけど、それ以上に義兄が好きです。

3人でいる時などは姉に物凄く嫉妬します。

どう頑張っても私は奥さんじゃないしね。

私も彼氏とは別れてないし、それは義兄もわかってるので、うまく関係は続いてます。

姉にバレないことを願うばかりです。

サンプル