2


体調が悪くなって倒れた女性社員とセックスした時の話です。



仕事で営業回りをしています。

これは、俺ともう1人最近入った新卒の女の子の営業の子と外回りをしている時に、急に彼女の体調が悪くなった時の話です。


出社した時から気分は悪そうだったけど、外回りしているとますます体調が悪くなってきて、顔も真っ赤でどうやら高熱があったみたい。

とりあえず会社に連絡をして帰らせる事になったが、フラフラでとても1人で電車に乗って帰れる状態ではなかったので、その日は俺も仕事もそんなに立て込んでなかったからそのままアパートまで社用車で送っていく事になった。


他に女性社員がいれば良かったが、営業所へ戻るより一刻も早く家に返した方がいいと判断したし、今日は女性社員は休みで誰もいない日だった。


彼女のアパートに着き、部屋まで肩を貸して、鍵を借りて中へ入って、服を着たままベッドへ寝かせる。

今までは気力で何とか意識を保っていたが、ベッドに寝た瞬間にもう何も話せないくらいグッタリしていた。

救急箱が見つかったので、体温計を脇の下に挟んで測ってみると39.5℃。


とりあえずスーツの上着を脱がせてやる事にしたが、いくらこんな状況と言えども女の服を脱がせていると変な気分になってくる。

汗で下に着ていたブラウスやスカートもかなり湿ってきていた。

このまま布団に寝かせては汗でさらに熱も上がりかねない。


「おい、服が汗でビショビショやから着替え出来るか?」

一応聞いてみたが「ん~、ん~」と唸っているだけで聞こえていない。

とても1人で着替えなんて出来る状態じゃなかった。

とは言え、もしも俺が着替えさせたら、ここに連れてきたのは俺なわけだから、裸を見たことがバレる。

後々気まずくなりそうで嫌だ。

しかし、一人暮らしみたいだったので看病出来る人もすぐにはいないだろうし、せめて服くらいは替えてあげないとと思って、仕方なく着替えさせてあげる事にした。


適当にタンスを漁ってTシャツっぽいのと寝巻きにできそうなズボンを発見した。

よし、これで後は脱がせるだけだ。


「今から服着替えさせるからな」

そう言って服を脱がせた。

ブラウスを脱がすと白いブラが出てきて、そこには形の良い胸が見えた。

そしてスカートを脱がすと今度は白いパンツが。

若い子のこんな白い肌を見るのは久しぶりだった。

いくら看病とはいえ、なんか異常な光景だった。

服を着させようとしたがなかなか上手くできない。

途方に暮れていると、そのブラとパンツだけになっている姿を見て良からぬ考えが浮かんだ。


(今なら少しくらいイタズラしてもバレないんじゃないか?)

かなり迷ったが、意識が朦朧としている今しかないと思い、俺も上着を脱いで彼女と同じ布団に入り覆い被さった。

大学を出たばかりの若い娘が今、俺の下にいる。

そのまま抱き締めた。


「今から看病してあげるからね。

その代わり少しだけ気持ちいい事させてね」

そう言いながら首筋にキスをした。

全身から良い匂いが漂ってくる。

それに興奮した俺は抱き締めながら、同時に股間も彼女のパンツの上から何度も擦り合わせていた。

それでも全く彼女は目を覚まさない。

正確には言えば、起きてはいるが意識がハッキリしていないので全く抵抗してこない。

恐らくこうしている事も分からないのだろう。


(よし、こうなったら少しだけ入れてやるか)

一応コンドームだけは普段から1つは常備していたが、まさかこんな時に役立つとは思わなかった。

生はいくらなんでもまずいのでゴムを付けて入れる準備をした。


「ごめんね。

君みたいな可愛い子の裸見て我慢できないよ」

パンツを脱がして、汗で湿っていたアソコにぐいっと押し当ててみると、ズリっと案外簡単に入った。


「あぁ~、最高。

凄い気持ちいいな」

そうやって5分くらい彼女の腰に打ち付けていたらすぐに絶頂を迎えた。

終わった後、なんて大変な事をしてしまったんだと後悔もあったが、こんなチャンスは2度とないと思い、自分の胸に仕舞って置く事にした。


後日、彼女も回復して会社に戻ってきた。


「先日はありがとうございました。

あと、ご迷惑かけてすみません」

「いやいや、そんな事ないよ」

すれ違いざまに彼女が耳元で囁いてきた。


「私、気持ち良かったですか?無抵抗な女とやった感想は?」

恐ろしいほど冷静な声だった。

全身から嫌な汗が大量に出てきた。

意識は無いように思っていたが、やはりバレていたようだ。

被害届は出されなかったが、それからの俺は彼女の言いなりだった。

サンプル