27



大学の頃に寝てる女友達のおっぱいを揉んでたことがある。



そいつは同じ学科のR子という同級生で、たまに一緒にレポートやったりする仲だった。

乳がデカくて気さくな性格。

俺は大学1年の頃からの彼女がいたんだけど、そうじゃなければ狙っていたかもしれない。


最初の話は大学2年の夏。

R子とその友人、俺の3人でレポートを一緒にやった時の事。

完成したのは午前5時で、提出期限は当日正午。


一番大学に近い俺の部屋で仮眠する事に。


女2人は即爆睡したが、俺1人だけは男の本能のせいで目が冴えていた。



軽く体を揺すったりして起きない事を確認しつつ、R子の胸に手を伸ばす。


あれほど神経を張り詰めた経験は初めてだったと思う。


(ちなみに友人の方はブサいので放置)
最初は服の上から軽くタッチするだけだったが、全くもって起きる気配がないので、腹側から服の中に手を突っ込む。


が、ブラジャーの隙間に指が入らない。


ホックを締めたブラがあれほど窮屈なものだとは知らなかった。


結局、その日は辛うじて生乳を指でプニるのが精一杯。


あんなに爆睡していたのだから、もっと大胆に攻めれば良かったと後悔した。



しかし再チャンスは案外早くやってきた。


約1ヶ月後、再びR子と俺の部屋で課題をやる事になり、同様の事情で寝ていく事になった。


前回の経験から、R子はかなり寝起きが悪い事が分かっている。


しかも今度はEがいない。


R子が熟睡したのを見計らい、慎重かつ大胆におっぱいを狙う。


ブラジャーのディフェンスは織り込み済みなので、今回は背中に片手を忍ばせて上手くホックを外す。


(実はこの1ヶ月間、自分の彼女で練習していた。


我ながら最低な男だ)

相変わらず寝起きの悪いR子の生乳を、今回はたっぷり堪能した。


たぶん30分くらいは揉ませてもらったと思う。


それなりに巨乳だとは思っていたが、触った感じではEかFくらいで、かなり張りがあった。


自分の彼女はCカップの柔乳だったので、R子の巨乳にはかなり燃えた。


さすがに乳首コネクリだけは起きると思ってやめたが、親指で押し込むくらいは楽しませてもらった。


乳頭が触って分かるくらいハッキリした円柱型だった事に、妙に興奮した記憶がある。


無念なのは、体勢の都合上、ほとんど左乳しか揉めなかった事。


ブラまで外したのに服装の関係でナマ乳が見れなかった事だ。



これ以降はしばらくそういう機会が無かったが、およそ1年後の初夏に、今度は俺がR子の家に行く事になった。


理由はちょっと忘れたが、R子が1時間ほど家を空ける事になり、俺1人でお留守番状態に。


当然タンスの中をゴソゴソするのがお約束。


ブラのサイズを見るとCカップだった。


意外に小さいなーと思って他のブラを見ると、BやDもあった。


結局、タンス内のブラジャーには、A~Eの全サイズが揃っていた。


CやDならまだしも、R子のおっぱいにAのブラを巻くのはあまりに無理がある。


性格のガサツさゆえなのか、古い物を捨ててないだけなのか、もしくは他人のものなのか・・・真相は謎だ。


この日は泊まったわけではなかったので、お触りは出来なかった。



それから少ししてR子に彼氏ができた。


相手は2コ下の後輩で、俺もよく知ってる男。


時々飲みに行ったり相談に乗ったりする程度だが、2年差の縦関係の割には親しい方だった。


どちらかと言うと後輩の方がR子にベタ惚れだったが、R子も満更でもなく、微笑ましいカップルだった。



R子と後輩の付き合いも順調な大学3年の冬、同期数人で俺の部屋で飲んだ。


お開きの後、徒歩圏内に家がある奴は各自帰り、遠い奴は俺の部屋に泊まる事になった。


最終的にR子に加えて女1人、男1人が俺の家に残ったが、女が終始起きていたため、R子に手は出せず。


明け方6時頃、女が「酔いが抜けたから」と言って原付で帰っていった。



男とR子は爆睡のままなので、当然R子にイタズラを始める。


なぜか今回はすでにブラのホックが外れていて、以前にも増して好き放題できた。


左右の巨乳をたっぷり揉ませてもらったのはもちろんだが、初めて乳首を服の外に出してじっくり眺めた。


乳首は薄めの赤色で、巨乳に加えてなかなかの美乳だった。


もちろん俺の後輩でもある彼氏の事は気になったが、むしろ軽い寝取り感が心地良かった。



ここでようやく、少し前に買ったデジカメの存在を思い出す。


せっかく乳首までオープン状態なのだから、写真に収めようと思った。


が、このタイミングでなぜかインターホンが鳴る。


原付で帰ったはずの女が携帯を忘れたらしい。


この騒動でR子も寝ていた男も起きてしまい、カメラに収める作戦は頓挫した。



4年になると、各々が卒論のため研究室に配属され、友人とレポートや飲みで集まるという事もなくなった。


あの日、携帯の忘れ物に目ざとく気づいていれば・・・などという後悔をする日々を過ごしていた俺に、最後の幸運が舞い降りてきた。



ある日、R子の彼氏である後輩から、「ノートパソコンの調子がおかしいから見て欲しい」と頼み事をされる。


コイツはかなりのIT音痴で、PCスキルは全くなかった。


今風に言えば『情弱』である。


詳細は省くが、もはやリカバリするのが最善の状態という末期症状。


が、「リカバリしろ」と言っても“???”という顔なので、俺が一式を預かってリカバリする事に。


大事なファイルは全て『マイドキュメント』にブチ込んであるという事で、バックアップは楽だった。



リカバリが終わってバックアップデータを移動させている時に、大量のJPGファイルがある事に気付く。


期待に胸膨らませて、それらのファイルを拝見すると、予想通りR子の卑猥な写真が出てきた。


上裸で涼む写真、フェラしてる写真、ヤった後なのか汗ばんで横たわる写真もある。


おっぱいを揉まれてる写真は片手で撮ったせいかちょっとブレていたが、逆にリアリティがあった。


散々見るのに苦労し、あと一歩で写真に残せなかったR子の巨乳が惜しげも無く写っている。


ただ、ほとんど上半身の写真で、尻やマンコの写真は全然ない。



アイツも俺と同じでおっぱいフェチか?
じゃあパイズリの写真くらい撮っとけよ!
あの巨乳なら出来るだろ!
・・・などと贅沢な文句を言いつつ、しっかりコピーさせてもらう。



俺を頼ってPCを預けた後輩が本当に可哀想に思えた。


自分はなんて悪人だろうとも思った。


だが女友達の裸写真があって、それを要らないなんていう男は恐らくいないだろう。


自分を正当化する気はないが、そんなヤバい写真をマイピクチャーに直置きしてる情弱も悪い。



そんなこんなで月日は流れ、俺は当時から付き合っていた彼女と結婚した。


R子は、その後輩と結婚した。


後輩とR子、それから嫁には悪いが、あの時揉みしだいた巨乳の感触と写真で、今でもしっかり抜かせてもらっている。


サンプル