0720



妻子持ちの上司とのセックス体験談です。

出張の帰りに、上司とデパートへ行きました。

上司は妻帯者です。

ちょうど夏前の時期で、私は新しい水着が欲しかったので水着コーナーに行きました。

上司は体裁が悪そうで照れてました。


可愛い欲しかったタイプのものがありました。


ピッチリした感じのハイレグタイプです。

ピンク色♪
ローライズ全盛でハイレグタイプってなかなか無いんです。


私の3サイズは上から82・53・84。

身長は155cmです。

ちょっと自慢かな(笑)
ゴマキに似てるって言われます。

彼氏は半年程いませんでした。


早速試着室に行きました。


「課長。

ちょっと待ってくださいね」

「うん」

なぜか男性に水着姿を見てもらいたい衝動に。


「課長。

見てもらえますか?」
「え?いいよ」

「遠慮しないでアドバイスお願いします」
「ちょっとだけだよ。

でも嬉しいな」

試着室のカーテンを開けました。

課長は照れていますが、しっかり見てる!
なんだかエッチな気分に。


(ああ、抱かれたい。

このままこの男に犯されたい)

凄く大胆な行動に出てしまいました。


「課長。

こっちへ入ってください」
「え?」

「いいから。

お願いします」
「ああ。

どうかしたの?」

課長が入ってきました。

試着室という密室に2人だけ。

私は水着。


「好きにしてください」

「おい。

冗談だろ。

からかってるの?」

「本気です」

そう言って課長の右手を胸に・・・。

課長は一瞬手を引こうとしましたが、モミッと私のおっぱいを揉みました。


「ぁふ」

声が漏れてしまいます。

こんなことで気持ちいい。

課長に火が入ったみたいです。

左の手が私のお尻に・・・。


「M美くん。

とても似合ってるよ。

綺麗だよ。

いいのかい?」

(欲しい。

この男の肉棒で私の中を掻き混ぜて欲しい。

満たして欲しい)

課長はジッパーを下げて半勃ちのおちんちんを取り出しました。


大きい♪
先っぽから先走り汁が出てる。

ちょっと汗臭い。

私は跪いて舌で彼の亀頭をクルリと一周舐め回すの。


「うっ」

課長の顔が歪む。

気持ちいいのね。

みるみる元気になるおちんちん。

猛り狂ったように真上を向きました。


(20cm近い?太さも5cmありそう。

こんなの見たこと無い)

口に咥えました。

お口が裂けちゃう。

大きい♪

クプックプッとピストンすると・・・。


「もういい。

出そうだ。

出していいかい?」

(え~。

私まだ気持ち良くない。

こんなの挿れてみたい!)

「だめっ。

セックスするんです」

おちんちんを口から離します。


「M美くん。

挿れるよ」

「はい」

壁に向かって手をつき、立ったままお尻を突き出します。

課長は水着のパンティを下げました。

新品なのに絶対濡れてる。

あそこにおちんちんの頭が当たる。


(いやん気持ちいい、早くぅ)

「ぁ」

「挿れるよ」

「はい」

ずりゅりゅ、ぐちゅぐちゅ・・・。


「あ。

あんっ。

あぁ」

一度に入らないの。

痛い。

一旦カリ首の辺りまで引き抜きました。


(きゃ~イキそう)

その後、思い切り突き上げられたの。

乱暴ね。


ずちゅう、ぬぷぬぷ・・・。


全部入りきらない。

奥に突き当たっちゃって。


「あ~いやあ」

腰を鷲掴みにされてる。

犯されてる。

交尾してる。


ずっぷずっぷずっぷ・・・。


「あ~ん」

足先が地面から浮き上がる程突き上げられる。


ずぷずぷずぷずぷ・・・。

ぱんぱんぱんぱん・・・。


「いやあん。

だめえ。

おかしくなっちゃう~」

「シー。

声聞かれちゃうよ」

(そんな~)

ブラジャーをずらして、おっぱいを鷲掴みにされる。

乳首を摘まれると体に電気が・・・。


「もうだめ。

イッちゃう~」

「う。

出る。

中に出すよ」

「一緒、一緒に!」

膝がガクガクして膣壁が痙攣して中イキしているのが分かる。


(この男の赤ちゃんが欲しい)

「イクイク、イックゥ~、あああぁ~」

ドクドクドクドク脈打ってる。

受精してる。

抜いたおちんちんをお掃除してあげました。

ビクンビクンしてた。


「M美くん。

最高だったよ」

「はい」

いいえ、最高なのは課長のおちんちんです。

水着はそっと返して同じのを買いました。

店員さん、ごめんなさい。


その後、課長とはまだ続いてます。

会社のトイレ、営業車、満員電車(笑)、プールでもしました。

いつも生で中です。

いいんです。

愛してるから♪

サンプル