00235


介護士の私はお年寄りに性的なサービスをしてあげてます。



去年の春、私は介護士の資格を取得しました。

両親の仕事が忙しい事もあり、小さい頃は祖父母に可愛がられていました。

特におじいちゃんは私をわが子とばかりに愛情を掛けてくれました。

その影響なのかな?
お年寄りの男性が大好きでした。

そんな訳で、お年寄りに関わる仕事がしたくて資格を取得した次第です。



資格を取って間もなく、私は訪問介護の仕事を見つける事が出来ました。

体が不自由な方の世話や、健康でも1人暮らしで大変な方の世話をする仕事は、私にとって望んでいた事でした。


仕事を始めて2ヶ月も過ぎ、慣れてきた頃です。

新しく1人暮らしの男性(67歳、平吉さん)の家を訪問する事になったんです。

まだまだ現役といった彼でしたが、数年前に妻を亡くし、内面的には凄く淋しい思いをしている方だと思いました。

そんな彼の部屋を掃除していると、彼はお茶を飲みながら話し掛けてきたんです。


平吉「ねぇちゃんは何歳なんだい?」

私「私ですか?もう28歳ですよ」

平吉「若いねぇ・・・」

私「そんな事無いですよ」

平吉「肌、白くてもち肌だね・・・うちのばぁさんも綺麗じゃった・・・」

私「そうなんですか?」

平吉「良い尻してるし、いい子産めるよ」

私「え~そうですか?」

平吉「ちょっと触らせてくれないか?」

私「え~、それは・・・」

平吉さんの顔を見ていると何だか可哀想にも見えて、(触らせるくらいなら・・・)って事でOKしちゃったんです。


平吉「柔らかいねぇ・・・若い子はいいねぇ」

胸だけで済むはずもなく、だんだん平吉さんは私の太腿に手を伸ばしてきました。


私「淋しいんですか?」

平吉「ばぁさんが居た頃は、まだやってたからなぁ・・・」

私「え~そーなんだ」

平吉「変かな?わしはまだまだ現役じゃ」

そう言うと平吉さんは私の体を抱き締め、至る所をスリスリ・・・。

なんだか私もムラムラしてきて、「あ~」と声を上げてしまいました。


平吉「何じゃ、感じるのかい?」

私「いえ・・・違います」

そんな言い訳、バレるに決まっていました。

平吉さんはグイグイアソコを触り始め、乳首も同時に刺激するから愛液が出始めていました。


平吉「わしも、もうこんなになってしまった・・・」

彼のズボンは股間の辺りが盛り上がっているのが分かりました。


平吉「頼む!抜かせてくれないか?」

平吉さんの言葉に一瞬戸惑いましたが、彼の為になるならと思い、「いいですよ」と答えました。


彼は、ズボンを脱ぐと大きくなったチンポを出したんです。

さすがに67歳のチンポは勃起していると言ってもフニャっとした感じでした。

舌先で刺激しながら先端を中心にペロペロすると、透明な汁が糸を引いて舌に絡みついてきました。

口の中に含んでペロペロすると、「お~気持ちいい・・・」と平吉さん凄く気持ちいい顔をするんで、タマタマもペロッとすると、「うっ!」と可愛い声。

もっと気持ち良くしてあげようと、舌をお尻の穴に・・・。


平吉「そんな所まで・・・最高じゃ・・・」

正直自分でも行き過ぎだと思っていたんですが、彼の喜ぶ顔を見ていたら・・・。

彼が出す瞬間に口を離し、ティッシュに出すと、「はぁ~ありがとう」って最高の笑顔で言われました。


その日を境に私は、数人の訪問宅で性処理サービスを行っています。

お年寄りと言っても男性には変わりありません。

特に体が動く人にとって一番苦労なのは性処理なんだと思います。


平吉さんは初めは口だけで満足してくれましたが、回数を重ねるうちに私の体を求める様になってきました。

私も平吉さんに責められて感じていたので、受け入れました。

お年寄りは優しくて、女の感じる所を知り尽くしているので、私もイカされます。

限られた時間内で彼らの性欲を満足させるのは大変ですが、終わった後の彼らの感謝の言葉に嬉しくて、また私は足を運ぶのです。

サンプル