3cf488-middle
中2の暑い夏休み、性欲が爆発しそうで、毎日のようにオナニーばっかしてた。
プール開放でスクール水着の先輩や同級生をおかずに妄想が膨れ上がり、とうとう意を決して開放時間の2時間前、つまり誰もいない筈の女子更衣室に忍び込んでしまった。

(もしも人が来たらどうしよか?)

色々考えたけど、すでに冷静な判断はぶっ飛んでしまっていた。

女子更衣室は男子更衣室と違って汗臭い匂いではなく、甘い、いい香りに満たされていた。
更衣室の一角に水泳部専用のコーナーがあり、そこに部員のバックがたくさん納められていた。
欲望でパンパンになった僕は、吸い寄せられるようにそこまで足を運んだ。
一つひとつバッグを開け、中身を取り出し、確かめては仕舞う行為を繰り返した。


4つ目のバッグを開けた時、着替え用の可愛い花柄のパンティが出てきた。
声を上げそうになるくらい興奮した。
僕はすぐに鼻に押し付け、匂いを嗅いだ。
ほんのりと柔軟剤の匂いがしただけだった。
でも僕は、パンティのあそこが当たる部分に薄くシミがついているところを咥えながら、カチカチに膨らみきったちんぽを取り出し、しごきながら更衣室を歩き回った。

ふいに、本当に突然、ガラッと更衣室の入り口を開ける音がした。
一瞬にして自分がしでかしたことに醒めた。
ほとんどパニックに近いくらい自分を恥じた。
しかし逃げ場はなかった。
足音が近づいてくる。
一歩一歩が長く感じた。
その間、醒めて悔いる自分から、何としてでもこの場を切り抜けないとっていう思いが頭を支配した。

「えっ・・・誰・・・」

その瞬間、自分でも分からないくらい咄嗟に彼女を後ろから羽交い絞めにして、手で口を押さえていた。
気がついたときには、彼女が押さえられた手の中で一生懸命声にならない声で叫び、身体を震わしていた。
そして僕はしきりに、「ごめん、ごめんなさい・・・」と何回も謝っていた。

どのくらいその体勢でいたのかは分からない。
ずいぶん長く感じたけど、実際には2~3分ぐらいなのだと思う。
後悔と興奮と贖罪の入り混じった思いで荒々しい息を立てながら、その密着した彼女から匂ってくる若く甘い匂いと、Tシャツから伝わる彼女の弾力に、再び荒々しい性欲が勝ち始めた。

確かに狂っていたのだと思う。
僕という人間ではなく、性欲に支配された、発情したオスでしかなかったんだと思う。

「ごめん、ごめん・・・」

謝りながらも口を押さえた手は離さず、もう片手で彼女のおっぱいやお腹、お尻を手当たり次第に撫で回していった。

「ぐっ・・・ぐゃ・・・」

声にならない声で抵抗し、必死で逃げようと硬直した体。
でも僕は鋼鉄のような性欲で押さえ込んだ。
Tシャツの下に手を差し込み、ブラを荒っぽくずり上げ、生のおっぱいを揉みくちゃにする。
さっきから出しっぱなしのカチカチにそそり立ったちんぽからは我慢汁がタラタラと溢れ、密着した彼女のゴム紐のホットパンツに擦りつけられている。
口を押さえている手に彼女の涙が伝ってきたが、もはや贖罪の気持ちは起こらなかった。

(早く済ませなきゃ、早く逃げなきゃ)

それだけしかなかった。
彼女をそのまま壁の方に押しやり、身体を押し付けるようにしながらホットパンツごとパンティを膝ぐらいまで下げると、足を使って彼女の足首まで下げた。
手がずれた時、「お願い、やめて・・・」って一瞬だけはっきりと聞こえた。
しかし僕はとにかく彼女に僕のちんぽを差し込みたくて、我慢汁を膣のまわりに擦り付けていた。
何度か擦りつけているうちに、ついにカリ先がにゅっと入り口を探り当て、膣口を押し広げカリ首の半分くらい入った。

「あっ・・・」

声をあげる彼女。
そのまま一気に腰を押し付けるとぐぅーって入ったが、カリ首より少し入ってそれ以上入らない。
さらに強引に、もう一度さっきよりも強い力で腰を入れる。

「痛っ・・・いたいっ・・・」

悲鳴に似た声。
しかし、その声の理由を理解する余裕も知識もなく、さらにグイグイと腰を入れると、ぐぐぅって根元まで入っていった。

そのままピストンをはじめる。
何度も膣からちんぽが抜ける。
その度に手を宛てがい、突っ込み直す。

ふと自分の右手を見ると血がついていて、初めて彼女が処女なのを理解した。
だからといって一旦猛り狂った性欲は射精するまで収まるわけもなく、何度も何度もピストンを繰り返す。
深く突き上げるたびに、「痛っ、やめて・・・お願い・・・」って涙声で訴える彼女。
射精することに集中してピストンを繰り返す僕。
彼女の口を押さえる事もやめ、両方の手でおっぱいを揉みまくりながら立ちバックの姿勢で突きまくった。

そして欲望のままに彼女の膣の一番奥で、音が聞こえるくらい勢い良く、濃い精子をぶちまけた。
彼女も中に出されていることは分かったみたいで、「なんで・・・いやっ・・・」ってお尻をよじるが、それは僕の射精を促すに過ぎない行為だった。
本能的に彼女の膣は収縮と蠕動を繰り返し、僕に最後の一滴まで放出させた。

そして、性欲を吐き出した途端に、後悔と贖罪の想いに襲われる。
本当に勝手なもんだと思うが、オスの性欲はそういうもんだと今も思う。
慌てて彼女を放り出し、更衣室から飛び出すように僕は逃げた。

それから数日間、僕はビクビクして過ごしたが、彼女は誰にも訴えなかったようだ。
本当にごめんなさい・・・。
サンプル