hadaepu001002
私は40代の中年です。
数年前から出会い系サイトにはまり利用しています。
私が使うのは携帯サイトが多く、仕事の合間でも利用しやすいのです。
今まで何十人もの女性と出会い、美味しい体験もさせてもらいました。

2人ですが女の子の初体験の相手にもなったこともあります。
と言っても私も既婚者。
不倫ということになるので長続きはしませんが・・・。

で、最近になって女性を落す手段として発見したことがあるのです。
それはまずはメル友になることなのです。
この方法は時間はかかりますが、主婦には効果的でした。
主婦は交友関係が狭まりますので、色々な人と交友したがってるからです。
そこで紳士を装い、メル友募集を書き込みます。
すると2、3通は返事が来ますので全員とメル友になるのです。
やりとりしながら親しくなり、直アドをGETしたらデートに誘います。



このやり方で既に3人と肉体関係になりました。
今も4人とメル友になり、やりとりを開始しています。

その4人の中で先月会うことができた日のことをお話しします。
彼女は28歳の結婚3年目の人妻。
旦那さんの収入がいいのか専業主婦の女性でした。
年上の異性と知り合いたくて出会い系でメル友を探していたのです。

直メールし始めて4ヶ月くらいになり、そろそろかな?と思いランチに誘いました。
今まで我慢して極力エッチなメールはせず、軽いエッチ話で彼女の反応を探りました。
彼女も嫌がることもなかったので誘ってみることにしたのです。
平日のランチに誘えるのも自営の強み。
1時に待ちあわせることに。
今までのやりとりで紳士的とでも思っているのでしょう、彼女は二つ返事で待ち合わせを約束しました。

待ち合わせ場所に来たのはどこかお嬢様風な女性でした。
その日は終始紳士を装い、次は洒落たレストランに行くことにしました。
彼女と2回目に会ったのが先日のことです。
夕方に待ちあわせ、予約していたレストランに。
そこでワインを飲ませ、ほろ酔いにしたところで近くの公園に。
そこでムードを盛り上げ口説きました。
自然と唇は重なり、ソフトだったキスは、舌を差し込むと同時に激しさを増します。

抵抗のない彼女を連れ、ホテルに向かいました。
部屋に入り、先程とは違う欲情的なキスをしました。
唇を塞いだまま服の上から乳房を揉み、スカートの中にも手を差し込みました。
熱く湿った下着。
私は彼女の服を脱がせ下着だけの姿に・・・。
そこに現れたのはショッキングピンクのTバック。

「いつもこんな下着を身に着けてるの?それとも、君もしたかったの?」

彼女は恥ずかしそうに俯いていた。
下着姿を堪能しながら布地の上から愛撫を開始する。
足を開かせるとTバックの細い布地は溢れ出る愛液を隠すことも出来ず、太ももの付け根を濡らしていた。
言葉で苛めながら、そして少し乱暴に・・・。
その日は2度、彼女の身体を奪った。

朦朧としている彼女の恥ずかしい部分を写メに収め、別れました。
その日のうちに彼女からメールが届きました。

『不倫は初めてでした。そして、あんな気持ちいいのは初めてでした』

そんな意味合いの文章でした。
その彼女とは来週も会う約束をしています。

まぁ言ってみればメル友は女性にとって不倫してしまった言い訳に過ぎず、内心は色々な男を知りたいと思っているのです。
サンプル