0460


友人の妻とSEXした時の体験談。



今年5月の金曜日の夜です。

私(サラリーマン、33歳)は、友人の奥さん(美紀、32歳)と都内のホテルの一室で二人きりで会いました。

友人の浮気が発覚したらしく、相談したいと言われていて、プチ家出でホテルにいるみたいでした。


美紀は教育関係で働いていて、清楚でマジメな見た目ですが、巨乳で脚線美のナイスバディでした。


そのアンバランスさに私もKOされ、美紀で何度もオナニーしていました。

友人の妻でオナニーする禁断の行為に萌えでした。

その美紀が信じられない発言をしました。


「私を抱いて欲しい!」

友人と離婚するつもりはない。

しかし悔しい。

だから自分も他の人に抱かれて痛み分けにしたい、との事でした。

私にとっては夢のような話でした。


(あの美紀を抱ける!)

しかし良い人を演じないといけません。


「自分を大切にしないと・・・」

などカッコいい事を言いながらも、美紀に近づいてキスをしました。


「二人だけの秘密にして・・・」

「分かってる・・・」

今度は舌を絡めたキスをしました。

ブラウス越しに初めて触れる美紀の巨乳!
凄い弾力でした。

ブラウスを脱がすと巨乳を包んでいるブラジャーが現れました。


(凄い・・・早くブラジャーの中を見たい)

しかし楽しみを残しておいてタイトスカートを脱がせました。

ベージュのストッキングに包まれた脚線美!
小さくて可愛い純白のパンティ。

すでに私は勃起です。

美紀の下着姿を楽しみながら、耳たぶ、首筋、脇、背中、など上半身愛撫です。


「あ・・・あん・・・」

美紀の吐息を初めて聞いてさらに興奮しました。

あのインテリの美紀が旦那以外と・・・。

攻撃を下半身に移しました。

美紀の綺麗な足をストッキングの上から舐め回しました。

付け根、太もも、ふくらはぎ、爪先美紀の脚線美を堪能しました。

私の手がブラジャーに移行すると美紀がビクッとなりました。


(いよいよ美紀の巨乳を拝める!!どーなっているんだ?!乳首と乳輪の色と形は!?)

その時、美紀のスマホが鳴りました。


「あっ!あの人だ!」

友人からでした。


「出なくていいの?」

「大丈夫・・・」

友人の奥さんの巨乳を見る!
私は興奮で震えました。

飲みの席で何度も友人から自慢された巨乳!

「美紀は凄い巨乳なんだぜ!羨ましいだろ~。

どんな乳首してるかはナ・イ・ショ!」

友人はそう言って私をからかっていました。

その巨乳を見れる!
ブラジャーのホックを外すと大きなおっぱいがプルン!と飛び出しました。

凄い!!!待望の乳首は薄茶色でした!

「美紀ちゃん・・・こんなおっぱいしてたんだ・・・。

こんな乳首の色してたんだ・・・」

「ああ・・・言わないで・・・恥ずかしい・・・」

美紀の巨乳を揉みまくり、乳首を何度も吸いまくりました!

(ああ!美紀の巨乳!友人の自慢の美紀の巨乳!!)

ストッキングを脱がせ、乳首を吸いながらパンティに手を入れると大洪水でした。


「美紀ちゃん・・・凄い濡れてる・・・」

「だって・・・だって・・・」

ゆっくり美紀のパンティを脱がすと薄目のヘアが現れ、そして夢にまで見た美紀のアソコが見えました!

(これが美紀のアソコ・・・こーなってたんだ・・・)

感激でした。

最初で最後の美紀のアソコ!
色、形、味を記憶に留めるようにじっくりとクンニしました。


美紀のアソコに自分のモノを挿入する時、さすがに友人の顔が浮かび申し訳ないと思いましたが、背徳感がさらに興奮を呼び二回戦やりました。

パイズリもしてもらい、それが三回目の放出でした。


その2週間後、友人と飲みました。


「美紀とケンカしちゃってさ~、やっと許してくれたよ。

今日エッチしよ~かな~、やっぱり美紀の体は最高なんだよ。

ま、お前は分からないと思うけど!(笑)」

友人の宝物を知った喜びに、また勃起しました。

サンプル