0061


姉妹喧嘩が原因で小姉ちゃんとセックスした体験談。


大姉ちゃんと小姉ちゃんは普段は仲がいいけど、キレたり、一度スイッチが入ると大喧嘩になる。

俺がすごく覚えているのは、大姉ちゃん(中3)、小姉ちゃん(中1)、俺(小5)の時。

原因は何かわからない、どうでもいい。

リビングで掴み合いの喧嘩になった。


二人とも気が強くて体育系だった。


部活もバレー部とバスケ部(関係ないけど)。

相手の髪を掴んだり、引き回したり、ケリを入れたりしている。

二人ともギャアギャア何を言っているのかよくわかない。


これでも手加減してると俺は思った。

一度始まると俺に止められるはずがない、何を言っても駄目。

父母がいれば間に入るが、いなければ決着がつくまで終わらない。


大姉に突き飛ばされて小姉がテーブルの角に後頭部を打った。

当たったのはわざとじゃないけど小姉がマジギレした。

大姉のおっぱいを鷲掴みにすると爪を立ててぎゅっと握った。

大姉も反撃に出た。

小姉のあごをガッと押さえて小姉の手を振りほどこうとしている。


夏だったのでTシャツとタンクトップが捲り上がって二人のおっぱいが露出している。

大姉のロケットみたいなおっぱいが、むぎゅと潰されている。

小姉の円錐型のおっぱいも揺れている。


最後は大姉が小姉に『電気あんま』攻撃をかけた。

小姉のおっぱいが小刻みにぷるぷる震えている。

大姉のおっぱいもぶるんぶるん揺れて飛んでいきそうだ。

小姉が「ああっっ」と叫んで、力を抜いてぐったりした。

大姉が「ふんっ」と勝ち誇ったように小姉の脱げかかっていたズボン(みたいな短パンかスパッツ?)を脱がした。

小姉のパンツが濡れてシミが広がっていた。

お漏らししたようだ。

大姉が「ぷっ」と小さく笑うと、小姉のパンツに手をかけて一気に膝の辺りまで下ろした。

小姉が「いやぁー」と叫んで、その後シクシク泣き始めた。


どちらか「ごめん」と言うか、泣けば終了という暗黙のルールがあった。

普段ならパンツなんか簡単に脱がされない。

大姉は小姉のパンツを脱がして完全勝利したかったのだろう。

大姉は部屋を出て行き、小姉は放心状態で泣いている。


俺は小姉のマンコをガン見していた。

毛がぽよぽよ生えている。

薄いのでワレメは隠れていない。


小姉が俺に気づいて、「なに見てんのよ、スケベ、エッチ、ヘンタイ、エロガキ」と、その時に思いついた言葉を全部言ったようだ。

こんな時に俺が反論したり小姉の気持ちを弄ると事態が悪化することを俺はこれまで十分学習済みだった。


俺は無言でキッチンに行って冷蔵庫からジュースを出してコップに注いだ。

リビングに戻って小姉の前にコップを差し出した。

小姉は小さく「ありがとう」と言って、ほとんど一気に飲み干した。

俺は空いたコップを受け取って、「まだ飲む?」と聞いた。

小姉は首を振った。


小姉はまだパンツを膝まで下げた格好だった。

あれだけ言ってたのに・・・。

お漏らしで濡れたパンツを穿き直す気はなかったのだろうか。

小姉は落ち着いたのかパンツを脱いだ。

親指と人差し指でパンツを摘んで(汚いものを摘む感じ)立ち上がった。

俺は小姉がパンツを脱いでいる時も面白半分に、わざとガン見していた。

別に何とも思わなかった。

小姉も何も言わなかった。


パンツを持って部屋を出る時、照れ隠しなのかお尻をぽりぽり掻いていた。

その時、俺の目の前に小姉がマンコを突き出すように向けた。

ぽよ毛とふっくら、ざっくりのワレメがよく見える。

俺はふざけた感じで人差し指を出して突くように触ろうとした。

その瞬間、小姉からバシッと手で叩かれた。

俺はブッと笑い、小姉もクスクス笑いながら出て行った。


お漏らしパンツを持ってリビングを出て行った小姉。

俺は小姉がこれからどうするのか興味があって、顔だけ廊下に出した。

小姉は上はTシャツ、下はすっぽんぽんの姿でお尻がぷりぷりしていた。

洗面所でパンツを洗い、手で絞って広げ、洗濯機の中に入れた。

えらいじゃん、と俺は思った。

その後トイレに入った。

小姉はトイレから出ると、Tシャツの裾を引っ張り、ふと一瞬考えた。

そしてTシャツを脱ぐと洗濯機の中に入れた。

全裸になってしまった。


俺コナン君は推理した。

大姉とのバトルでTシャツはヨレヨレだ。

下着や衣類は自分の部屋にある。

部屋に戻って着替えても、そのTシャツを再び洗濯機の所まで持っていかなければならない。

それは面倒だ。

かといってヨレヨレTシャツを部屋に置いたままでは、見るたびに敗北を思い知らされて悔しい。

それならここで脱いでしまおう、と思ったに違いない。


俺は廊下に出て洗面所に向かった。

全裸の小姉と目が合った。

小姉が「いやーん」と腰を引いて、片手でマンコを、一方の手でおっぱいを隠した。

さすがにマッパは恥ずかしいのか・・・って全然違う。

わざとそういう仕草をしたのだ。

小姉が俺にそんな態度をするわけがない。

しかも俺が本気にしてないことを十分知っていて、からかっているのだ。


俺のところはマンションだから、トイレ、洗面所、洗濯機、脱衣場、風呂場は1ヶ所に集中している。

俺は「シャワーをする」と言って脱ぎ始めた。

俺が小姉の裸を見たくて来たわけじゃないというアピールも含んでいた。

俺は全裸になった。

小姉はさっさと部屋に戻るかと思ったら、そこに立ったまま俺を見ている。

俺はチンコを小姉の前に突き出した。

小姉が摘むような手つきで触ろうとした。

その瞬間、俺は小姉の手をバシッと叩いた。

小姉はクックックッと笑いをこらえていた。

お約束のコントのようだ。


その時、小姉が「私もシャワーを浴びたいな」と独り言のように言った。


俺「ボクが先だからね」

小姉「一緒に入ろうよ」

俺「嫌だ」

小姉「いいじゃん、ちょこっとシャワーで流すだけだからぁ」

俺は無視して浴室に入った。

すぐに小姉が入ってきた。

元々全裸だから気軽なものだ。

大姉との闘いで汗をかいたのだろう。

俺は何を言っても絶対に入って来ると思ったので無視したのだ、やっぱりな。


小姉の円錐型のおっぱいは大姉みたいにロケットおっぱいになるのかなぁとか、ぽよぽよの毛とワレメの部分だけ見ていると子供っぽくて可愛いなとか。

小姉の体格と性格に合わないアンバランスさがおかしかった。


小姉はシャワーヘッドを取ると、「洗ってあげる」と言った。

俺は「いいよ」と断ったが、優しく首筋から肩にシャワーを流しながら素手で洗い始めた。

俺はいつもの小姉の様子と違うので何か魂胆があるなと直感した。

少しずつシャワーと手が下におりて、俺のチンチンを揉むように洗い始めた。

むしろ弄られているように感じた。

普段はそんなこと絶対にしない。

普段は「見せるな、しまえ」とか言っているくせに。


俺コナン君は再び推理した。

なぜかその時、小姉は俺のチンチンを触りたくなっていた。

理由はよくわからないが、負けた気分転換?うさ晴らし?面白半分?
俺のチンチンは小姉にとって癒し系のオモチャかよ。


俺は小姉に、「チンチンばっか触るなよ」と怒った。

小姉は平然とした顔で、「違うわよ、洗ってあげているのよ」と答えていたが、見え見えの言い訳だ。

ここで俺が調子に乗って小姉の体を触り返したりすると事態が思わぬ方向へと悪化することを俺はこれまで十分学習済みだった。


俺はチンチンを触られて面白くない。

しかも俺はここまで小姉に対してかなりポイントを上回っている。

小姉はこれまでの流れで、俺に何か反撃されてもある程度は許容しようと考えていたことは俺コナン君を登場させなくても明らかだった。


俺は洗ってもらえたので先に上がろうとした。

小姉はまだシャワーを浴びている。

俺は浴室から出る時、「カンチョー!」と言って小姉を突いた。

小姉の「ゲッ!」という声を背中で聞きながら出た。

追いかけられることはなかった。


俺が脱衣場でバスタオルで拭いて服を着ている時、小姉が上がってきて言った。


「もぉ、モロはやめな、マンチョ(小姉の言葉)に入ったじゃん」と。


顔は笑っていたので怒ってはいないようだ。

実は小姉へのカンチョーはわざとだった。

もちろんモロなので軽く突こうとした。

しかし、マジにストライクさせるなら、俺と小姉の背の高さ、角度や位置などが難しい。

それにモロに入ってウンチなんか付いたら最悪だ。

俺はタイミングを計っていた。

マンコなら的は長くて突きやすい。


俺は小姉の背後にいて、小姉が少し屈んだ時、むにゅっとしたマンコが見えたのでカンチョーしたのだ。

わざわざ「カンチョー!」と言ったのは、『これはカンチョー、外れたのは偶然』というつもりだ。

軽く突いたつもりだったが、意外にずぼっと入って少し驚いた。

マンコの奥は深いのかな、なんだろう?と、その時は素朴に感じた。

小姉も俺も遊び半分だったのでエッチな気持ちは全然なかった。


小姉は「ったく(今日は)電気あんまとカンチョーかよ」とブツブツ呟いていた。


俺は笑いをこらえるのに必死だった。


ずっと後になって、ふと思い出して小姉に聞いたことがあった。

婚約者がいて結婚間近な頃だ。

ほとんど憶えていないようだった。

もちろん、「わざと」は伏せた。


小姉は、「へぇー、初体験の時に血が出なかったのは、あん時に◯◯君(俺)が破ったせいだな」と腹を抱えて笑っていた。

サンプル