0384


友達とノリで3Pした時の体験談。



彼女は『まり』。

俺と同じでまだ二十歳。

お互い同じ大学。

そんで俺が「しばらく田舎帰る」って言ったら、まりも「一回、ご両親に挨拶しときたい。

そういうのなんか大人じゃね?」とか言い出してついて来た。


そんなんマジ勘弁って思ったんだけど、まりって結構そういうとこ真面目。

見た目は結構今風、若干ギャル入ってる。


家族に彼女紹介とか初めてだから、俺超緊張。

まりはかなり人当たり良いもんだから、オヤジやオカンにめっちゃ気に入られてんの。

最初はまりだけビジネスホテルに泊まってたんだけど、オヤジ達がマジでまりのこと気に入ったもんだから実家に泊まらせる始末。

二日や三日の滞在で、もう俺以上の扱い。

娘って感じ。

まりも普通に「お義父さん」「お義母さん」って呼んでるし。


「こういうの慣れてんのな?」

「いや初めてだって、彼氏の両親とか。

きゃはっ。

でも良い人達でマジ助かった」

まりは余程じゃなければ他人を嫌いになったりはしない。


「お義父さんになんか、『早く初孫見せてくれ』って言われたよ」

(クソオヤジ、普通にセクハラだろ、まだ二十歳だぞ)と思いつつも、まりとこのままってのも、割りと現実的に想像できた。


まりがオヤジの釣りについてったり、オカンに料理とか教わったりしつつ数日が経つ。

その間、俺が家でごろごろしてると両親の目が冷たい。


「あんたもまりちゃんくらい可愛げあったらねぇ・・・」と、豚を見るような目でため息つかれた。


居た堪れなくなって、地元の友達がちょっと離れた街で一人暮らしをしていると言うので遊びに行く。

当然まりもついて来た。

三人で飲み会。

友人がすぐにいびき掻いて寝だしたので、俺はその場でまりを押し倒す。

さすがに実家では手を出せなかったから溜まってた。


ちなみに、まりの身体は超エロい。

手足とか細いのに出るとこ出てて、典型的なムチムチぼんきゅっぼん。

特に腰つきがやばい。

なんだろう、細いのに肉付き良いってなんなのって感じ。

その上唇も血色よい上に厚めで、若干馬鹿っぽいけどそれもなんだか色っぽい。

とにかく、まりは抱きたくて仕方ない女って感じ。

そりゃまぁそれなりに可愛い方だとは思うが、特別美人では全然無い。

でも身体がヤバい。

もう男の本能くすぐりまくりって感じ。

2年付き合ってるけど一向に飽きる気配が無い。

毎晩でも余裕。


とにかく俺は溜まってた。

ソファーでいびき立ててる友人を尻目に、ベッドでまりとセックス。

まりはさすがに恥ずかしがって服を脱ぐのは嫌がっていたが、強引に脱がす。

正常位で突くとGカップの胸が左右に広がりながらぷるんぷるん揺れる。

乳輪はそれなりに大きいが、元々地黒でやや褐色気味な上、乳輪の色素が超薄いから乳輪と肌の境目があんまり分かんない。

乳首は超勃起するので、それを強めに指で摘まみながら入り口を擦られるのが弱い。


最初、まりは一生懸命耐えてた。

両手で口押さえたり、脱いだTシャツ噛んだりしてた。

でもそれが俺の本能を掻き立てた。


(絶対喘がせてやる!)って燃えた。


「辰也だめだめっ!」

まりが必死に俺の名前を呼んできた。

よしよしって思ったけど、よくよく見るとまりの視線が若干おかしい。

俺の少し横を見てた。

振り返るとニタニタと起き上がってる友人。


「あ・・・ちわーっすw」って。


俺、まりと合体したまま照れ笑い。


「おいーっすw」って。


友人も会釈。


「もう・・・マジ最低・・・マジ恥ずかしい」

まりだけTシャツで身体隠そうとする。

でも俺は止まらない。


「続行いいっすか?w」

友人は黙って親指を立てた。

ノリの良い友人、最高です。

まりだけ、「ないない!マジない!」って嫌々してたけど、正常位再開。

巨乳がたぷたぷ揺れる。


「うわすげえwまりちゃんすごいね。

グラビアいけんじゃない?」

友人のそんな言葉に優越感に浸りまくり。

彼女の身体見られて嫉妬とかは無かった。

普段のデートとかは嫌。

露出の多い服とかは着させない。

まりはそのへん結構従順で、俺の言うことは大抵聞く。

でもこの友人は幼馴染みと言っていいくらい仲が深いので、自慢したいって気持ちのが強かったのかも。

オナニーも一緒に憶えた。

小学校の時、どっちが早くイクかで競争してたのは良い思い出。


「まり。

バックしよ」
「は?ないってマジで。

もう無理。

無理でーす」

「いいからいいから」
「ちょwマジで・・・」

無理やりバックに。

バックのが顔とか胸を見られないと分かったのか、案外大人しくなる。

でも声は超我慢してる。


「んっ、んっ、んっ」って感じ。


一回ガンガン突きまくったら、すぐに手を伸ばしてきて、「ちょwやめwマジで」と笑いながら逃げようとする。

しょうがないので普通のピストン。


友人が俺の耳元で、「3Pいいすか?w」と耳打ち。


今までそんな願望無かったんだけど、なんか酒もあったし、ノリでOK。

パンパンパンとバックで突く俺の横で、いそいそとズボンとパンツ脱ぐ友人。

そしてまりの頭にそれを近づける。

久しぶりに見る旧友のちんこが成長してたのか感慨深かった。

目の前にそれを突き出されたまりは、思わずといった感じで笑い出した。


「え?w何してんの?w」

「いいじゃん3P、3P!」

後ろから俺が声を掛ける。


「え?マジで」
「マジでマジで」

「無理無理w」
「手でやってやれって」

まりは義理難いので、部屋をラブホ代わりにしてしまった負い目とか絶対感じてたと思う。


「あーもうw」と笑いながらも手コキを始める。


後ろからパンパンしながら、「太くね?w」と俺。


「太いwまじ無理w」

「舐めてやれって」

まりはヤケクソって感じでフェラを始めた。

そん時は嫉妬とか無かった。

やっぱり挿入してるほうが支配権というかランク上だろって感じだから。

でも羨ましいなって素直に思ったくらい。


「俺もフェラして欲しい」って言ったらすぐに振り向いてフェラしてきてくれた。


その時、俺を一回ちらりと上目遣い。

『こんなのいいの?』って問いかけるような目だった。

怒ってるわけでもなく、ただ俺の機嫌を窺ってるだけみたいな感じ。

んで、フェラさせてる時に四つん這いにさせた。


「え?なんで?」

「いいから」

友人に向かって腰を突き上げさせる。

友人無言で『いいの?』って感じ。

俺は指でOKサイン。

正直、ただのノリだった。

まりが他の男としてるところを見たいっていうんじゃなくて、親友と彼女と三人で楽しみたいっで純粋に思った。


友人(以下、正雄とする)がゴムを着けてると、その音が聞こえたのか、まりはまた俺を上目遣いで見上げた。

フェラを続けるまりの頭を優しく撫でる。

正雄がまりのくびれた腰からのむっちりした尻を両手で掴む。

その瞬間、まりは顔を見られたくなかったのか、慌てて顔を俺の下腹部に顔を埋めた。

陰毛でも噛み千切りにきたのかって勢い。

まりの尻から“ぬちゃ”って音と、正雄の気持ちよさそうな顔から「おお」って声が同時に出た。


そこまではまだ俺もただの勢いって割り切れてた。

でも正雄が動き出して、まりのメロンみたいになってるGカップが揺れ出すと、(あ、これはイカンですよ)ってなった。

その上、「んっ・・・んっ・・・んっ」と悩ましげな吐息。

これがガツンと来た。

他の男のちんこを舐めさせるのと、喘がされるのは全く別物だった。

延長線上だと思っていた俺の予測は大間違い。

よくわからん嫉妬とか辛いとか滅茶苦茶掻き混ぜって、何て言っていいかわからん感情。

でもすげえ興奮したのは確か。


俺の下腹部でまりが「やば・・・」と呟くと、慌てるようにフェラを再開した。

こっちがフェラだと敗北感が半端なかった。

でも、「代わってくれ」とも言えなかった。

このまま、正雄にやられてるまりの背中を見たいって思った。

きゅっと引き締まった背中から、むちっと丸くなってる腰が、正雄のピストンで微かに揺れる。

そして少しずつそれが汗ばんでいく。

もう俺は錯乱状態。

この状況を脱したいのか続けたいのかすら分からん。

でも俺はフェラされながら両手でまりの乳首を摘まむ。

まりは当然身体をくねらす。


そして、「こいつ、入り口辺りが好きだから」と勝手に口走る俺。

なんでそんな事言ってたんだってマジ不思議。

まりも口には出さなかったけど、「えぇ!?」って感じで見上げてきた。

正雄はニヤつきながら「マジで?」と、言う通りの腰使いをしてきた。

まりはもはやフェラどころでは無い感じ。

俺のちんこから口を離して俺を見上げると「馬鹿?w」と笑った。


その直後に顔を蕩けさせて、「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」って普通に喘ぎだした。


もうこの興奮をなんと表現していいかわからん。

俺は泣き笑いみたいな表情になってたと思う。

正雄とまりの結合部からはぬっちゃぬっちゃ凄い音が鳴ってた。


「んっ、んっ、やんっ、駄目。

無理無理w」

まりは俺の両膝をがっと掴むと、「うー」って唸った後、「あっ!あっ!あっ!」って滅茶苦茶切なそうな声で喘いだ。

そしてすぐに慌てて顔を上げた。


「辰也!辰也でイキたい!お願い。

無理無理!」

もう完全に雌の表情って感じだった。

そのあまりに切羽詰まった感じに、正雄と顔を合わせて言う通りにすることに。

俺が挿入すると、「ひゃぁん」と今まで聞いたことないような、甘えるような声を出して、すうって大きく息を吸うと、「やばい。

あたし、やっぱ辰也大好きだ。

どうしよう」って早口で捲し立てた。

色々もう我慢出来ない俺はガンガン突く。

まりの中はほぐれきっていた。

あっという間に昇天。

まりはたぶんイケなかったと思う。


俺が離れると、なんだか打ち合わせしていたかのように、まりがそのままの体勢で正雄が挿入。

まりは俺の手を掴んできて、「ごめん。

声出ちゃうかも」と申し訳なさそうに呟いた。


「部屋、出てった方がいい?」

「・・・ごめん」

一度キスして部屋を出ていく。

中断するという選択肢が誰にも全く無かったのが不思議。

独特の勢いというか空気が漂ってた。

そのままアパート出ようと思ったんだけど、すぐにギシギシベッドが揺れるし、「あんあん!」聞こえるし。

で、玄関で聞いてた。

うわすごいって思った。

今更ながら、その時初めて、やばいことになってるって気付いた。


「あっあっあっあっあっ!すごい!ああっ!そこっ!」
「ここ?」

「そこっ!ああっ!やばいっ!イキそっ!イッていい?イッていい?」
「いいよいいよ」

「あっ!あっ!あっ!あっ!正雄君は?正雄君は?」
「やばいかも」

「やっやっ。

イキそイキそ。

ああマジで・・・すっごい」
「俺も俺も」

「あんっ!あんっ!あんっ!」
「ああイク」

「マジやばい!あっあっあっ!ごめん、ごめん、ああイクっ!イックっ!」

ギシギシアンアンの音が途端に止む。

数秒立って、まずは正雄の声。


「ふぅ・・・」
「・・・やばいってこんなの」

「すっげかったwまりちゃん」
「やばくない?wてか、ちょっと・・・辰也?」

呼ばれたけどすぐに返事出来なかった。


「辰也?」

もっかい呼ばれてようやく声が出せた。


「お、おう」

裸のまま足早に俺に抱きついてきたまりは、「ごめんね?」と上目遣い。

頭撫でながら、「大丈夫大丈夫」と俺も早口で慰めた。


「なんかやばいねw」

「・・・な?」

まるで語彙の無い馬鹿っぽい会話。

でもたぶん頭の良い人でもこうなると思う。

やばいとしか言いようがない。


「どうしよう?」

「いや・・・別に」

「ごめんね?」

もっかい謝ってくるその表情はちょっと照れ笑いも入ってるが、若干涙目。


「マジで大丈夫」とキス。


「本当?」

「本当、本当」

ていうか、悪いのは俺だし・・・。

サンプル