00171



土建屋のオヤジに彼女が寝取られた話。



俺が24歳ぐらいの時。

当時、俺には美咲(19歳、美巨乳、加藤あい似)と言う可愛い彼女が居た。

バイト先で知り合い、人気は高かったが俺が口説き落とし、処女も俺がもらった。

色々と仕込み、可愛いしエロいし最高の女で、結婚も考えてた・・・。



付き合いも順調だったのだが、美咲がバイト先を変えてしばらくしてから様子がおかしくなった。


バイトは普通の定食屋で、夕方までだったのが夜までやる様になり、「疲れてるから」とセックスも断わられる事が多くなった・・・。


さすがに怪しかったので、有休を取り、美咲を尾行する事にした。

日中は定食屋でバイトをしていたが、夜までのはずが夕方になったら出てきて、なんとマセラッティに乗り込んだ・・・。

車で様子を見てたので、そのまま追跡すると車は美咲のマンションへ入った。


(お父さんかな?)

俺はまだとかどこかで信じてた・・・。

とりあえずメールをしてみた。


俺『今日は何時に終わるの?飯行こうよ!』

美咲『ごめん!今日は閉店までやってくから遅くなっちゃうんだよね』

目の前が真っ暗になった。

完全に嘘をついてる、浮気確定だった・・・。

怒りや悲しみなどで気が狂いそうになり、俺は乗り込む事を決意した。


メールをしてから一時間後、合鍵で部屋に入った。

物音を立てない様に奥まで行くとチュパチュパと濡れた音が聞こえ、部屋を見ると美咲が跪いて太ったおっさんのチンポを舐めてた。

俺はその瞬間、「何やってんだゴルァー!」とオヤジに殴りかかった。


美咲は俺を見て固まってた・・・。

殴りかかった瞬間に俺はぶっ飛び、逆にボコボコにされたみたいだった。

しばらく気を失い、目が覚めた時は手は縛られ、痛みで身体が動かなかった・・・。


「お!目が覚めたか?」

美咲を足を広げて抱え、逆の駅弁みたいな体位でアナルにチンポを入れながら、全身に刺青を入れたデブオヤジが居た・・・。

ズチュッズチュッって音と、美咲の「あんっあんっ」と言うとろける様な甘い声がした。

美咲は完全に顔もとろけてた。


オヤジは、「いや~、この女のマンコもケツも最高だな!俺のお気に入りの便所だよ」と笑いながら言い、美咲も、「あ~ん、高橋さんのおチンポ最高!美咲は高橋さんの便所です♪」と回らない呂律で感じまくってた。

するとオヤジが激しく動かし始め、「イクぞ!」と言うとアナルに精子を出した。

美咲はヨダレを垂らしながら、「あ~出てる出てる♪」と言いながら「んっ!イクっ!」と叫び、イッてしまった。


オヤジは射精するとチンポを抜き、「おい!掃除しろ」と美咲に言った。

美咲は丁寧に掃除をした。

俺の位置からはアナルから出てくる精子が丸見えだった。

そして美咲が舐めてるチンポは、それなりに自信があった俺のチンポよりも太く、長く、亀頭も半端じゃなく大きかった・・・。


オヤジ「こいつは一ヶ月前から俺の便所だからよー、俺のチンポ無しじゃ居られなくなったぞ」

オヤジはバカにしたように笑った。

オヤジのチンポ掃除が終わる美咲は、クパァとパイパンになった自分のマンコを広げて、「今度はこっちの穴にお願いします!」とうるうるした目でオヤジを見て、股を開いてた・・・。


オヤジ「しょうがねーな」

オヤジはマンコに入れ、俺とは比べ物にならない激しいピストンをし、乱暴に巨乳を揉み、「おら!またイクのか牝豚!」と乱暴なピストンをすると、「ひぎぃ~!イキそうです!ダメダメ!」と叫びながら、美咲は激しく潮を吹いた。

オヤジはその後も激しく突き、20分後ぐらいに中に出した。

美咲は完全に失神してた・・・。


俺は泣きながらオヤジを睨んでいた。

オヤジは俺を嘲笑うようにカバンから札束(200万)を出し、「ホラよ!これでこの女もらってやるから消えろ!」と言われ、おまけにDVDまで渡された・・・。

もう、すべてに完敗だった。


後日談・・・。

俺は喧嘩もセックスも自信があったのに完敗し、そこそこの給料だったけど、金でも負けた。

ショックで家に帰り、ボーっとしてたらDVDに気付き、観始めた・・・。

当然、映ってたのは美咲で、全裸だった。


オヤジ「この間は凄かったな~、そんなに俺のチンポが良かったか?」

美咲「あんなの初めてです・・・彼氏も凄いと思ったけど、高橋さんは凄すぎです♪失神したのは初めてだもん」

オヤジ「じゃあ、今日もヒィーヒィー言わせてやるからな」

そう言うとねっとりとしたキスから愛撫が始まった。

これがまたねちっこい・・・。

全身を舐め、乳首やクリなどの敏感な部分は焦らし、じわじわ攻め、焦らしながらイカせない様に愛撫をしてると、「おマンコ触って!もうダメ!狂っちゃう」と美咲がおねだりを始めた。

オヤジはおっぱいを鷲掴みにし、乳首を摘みながらもう片方の手でマンコを掻き回しながらクリを舐めると、「ヒィーーっ」と仰け反り、美咲はイッてしまった・・・。

この後も執拗に攻め、美咲はクンニやアナル舐めで数回イカされてた。


美咲「チンポ入れて!早くその大きいの入れてください!」

息も絶え絶えになり、目も虚ろな美咲がオヤジのチンポに擦り寄り、舐め始めた。


オヤジ「なに勝手に舐めてんだよ!おねだりしろよ!」

美咲「高橋さんの立派なチンポを舐めさせてください」

オヤジ「おう!袋もケツの穴も舐めろよ!気持ち良かったらすぐに入れてやるから」

オヤジが言うと、俺にもした事がない丁寧なフェラをし、玉もアナルも丹念に舐め、指がギリギリ回らないチンポを扱きながら、太い亀頭をピチャピチャ音を立てながら上目遣いで舌を這わせてた・・・。

オヤジは美咲の頭を押さえると、「もっと奥まで舐めろよ!」と強引にイラマチオさせた。


オヤジ「もっと舌使え!お!いいぞ!そろそろ入れてやるから尻向けろ!」

美咲は素直に四つん這いになり、尻を向けた・・・。

美咲の綺麗な程よいボリュームの尻がカメラに向けられ、股間からはマン汁が溢れてた。

美咲は確かに感じやすいし濡れやすいが、本当に滴るぐらい汁が出てた。


オヤジ「エロいマンコだな~、グチャグチャじゃねーか!」

笑いながら一気にチンポを入れた。

美咲は「ひぎぃ~!」と叫び、オヤジはパンパンパンパンと凄い勢いで腰を振り出した。


オヤジ「お~、2回目だけどキツくて絡みつくし、最高のマンコだな!」

そう言いながらオヤジは腰を振り、美咲は甘い声で喘いで、「凄い!奥までくるし、擦れるし!あ~~!コツコツぶつかってる!それしゅごい!ヒィーーっ!」とイッてしまった。


オヤジ「またイッたのかよ?じゃあもっと凄いのやってやるよ」

今度は松葉くずしになって突き始めた。

美咲は、「何?奥が凄い!」と喘ぎ、オヤジはガッツンガッツン腰を動かし、「奥が感じるならこれ凄いだろ?子宮口に当たるから、そこが効く女なら失神するぞ」と笑いながら腰を振っていた。


美咲「ダメダメ!壊れちゃう!ヒィーーっ!ンガーっ!」

美咲が叫ぶ。

派手に身体が痙攣し、本当に失神したみたいだった。

オヤジもすぐに中に射精し、「んっ!あーーっ本当に気持ちいいマンコだな!絞り取られるわ」と呟き、チンポを抜くと大量の精子が美咲のマンコから溢れてきた。


倒れてる美咲を放ってオヤジはタバコを吸い、ビデオカメラを持ち上げると美咲をマジマジと写した。


オヤジ「彼氏君・・・ご馳走さーん!今日で2回目だけど、前回は丸1日抱いてやったら一発で落ちたぞ!エロいし可愛いし、最高だよな~」

そう言いながらビデオカメラを持ったまま、また正常位でハメだした。


「あっあっ!また?」と喘ぐ美咲。


しかしすぐにビデオに気付き、「あっ!撮っちゃイヤ!」と言うと、オヤジはチンポを抜き、カメラを停めた。


次の映像が出た時には再びハメ撮りだった。


美咲「あっあっ!好きなだけ撮ってください!だから抜かないでください!」

そう美咲が喘いでるのを見たら、薬とか脅迫じゃなく、単純にセックスで落とされたんだなと思った・・・。

その後も激しいハメ撮りは続いた。


オヤジ「これからもこのチンポが欲しいか?」

美咲「はい!欲しいです!」

オヤジ「じゃあセフレって言うか便所だな・・・」

美咲「それでも良いです!あーーっ!」

美咲がまたイッて、オヤジはまた中に出した。


そこでビデオが終わった。

俺はショックなのに自分が勃起していることに涙が出てきた・・・。

酒を浴びるように飲んで、そのまま寝てしまった。

翌日は休みだったので昼ぐらいまで寝てると電話があった。

着信を見ると美咲からだった。

出る気は無かったが、出てしまった・・・。

すると、「会って話がしたい」と言うので、(復縁できんのか?)と甘い考えを持ち、すぐ会う事にした。


ファミレスで待ち会わせ。

キャミワンピとレギンスでスタイルを強調してる美咲に、みんなの目が集まる・・・。

話し始めると「ごめんなさい・・・」と謝られた。


(やっぱり俺に戻りたいのか!)

・・・と思ったら、「高橋さんの雄としての魅力に負けました・・・けい君も好きだけど、もうあの人から離れられない」と言われ、目の前が真っ暗になった・・・。


オヤジの仕事は、土建屋の社長って肩書きらしい。

ひと通り話をし終わった美咲は、顔も目も赤くなってる。

そして、「これを渡して来いって言われたの」とDVDを数枚・・・。


俺が「もう無理なの?」と聞くと、「無理!」と即答された。


黙ってると“ヴィーーン”という機械音が聞こえ、美咲が「んっ」と色っぽい声を出し、「あの人が呼んでるから帰るね!」と一万円を置いて去っていった・・・。

しばらくすると“ガオンガオン!”と派手な車の音がして、あのマセラッティが駐車場から出てった。


その夜、美咲からメールが届いた。

添付ファイルを見ると、全裸で縛られ、『牝豚』『精子便所』『チンポ大好き』などの落書きをされて、マンコとアナルからは精子が出てる画像だった。

メールには、『もう二度と連絡をしないので、これで全部忘れてください』と書かれてた。

サンプル