pic-0212001143
ひょんな事から従妹の由起子(23歳)とベッドを共にすることになった。

「何もしないでよ」

「何もしないよ」

そんな会話をしながらベッドに横になってると、しばらくして微かな寝息が聞こえました。
そっと由起子の胸に手をやると、見た目と違いペッタンコでした。
分厚いパットに包まれたそれは、手のひらサイズの可愛らしい乳房でした。
僕が触っているのを気付いた由起子は、「何もしないって約束したのに」と言って泣き出しました。

「ごめんゴメン、あまり可愛い寝顔だったから、つい・・・」


「嫌っ、新ちゃんの嘘つき」

「泣くなよ、謝るからさぁ」

触られたショックなのか、パットで誤魔化していたのがバレたのが悲しいのか、なかなか泣きやまない。

「本当に悪かった、ごめん」

「・・・ゆ、る、す。許してあげる」

「良かった」

「でも、私のオッパイ小さかったでしょう・・・、中学の時からそのまんまなの」

「胸なんか関係ないよ、由起子ちゃんは可愛らしから」

「可愛くなんかないもん」

「いや~可愛いし、俺好きだなぁ~」

「好きだなんて~」

「好きだよ、大好き」

由起子は、「嬉しい」と言って僕に抱き付いてきました。

「由起子?」

「ん!」

「キスしてもいいか?」

「・・・キスだけ?」

由起子を押し倒し、唇を合わせました。
胸に手をやり、ブラジャーの上からでしたが胸を揉みました。
長~いキスの後、唇を離し・・・。

「脱がしてもいい?」

「恥ずかしいな」

ゆっくり服とブラジャーを脱がし、Gパンも脱がしました。
寝ていると乳房は広がり、微かな膨らみと乳首だけがピョコンと目立って、その乳首を口に含みました。
一気に硬くなる乳首を唇で挟み、舌でなぞるとため息が聞こえました。
乳首を愛撫しながらパンツの中に手を入れ、陰毛を少し触りワレメに指先を入れました。
すでに愛液で濡れてるワレメを指先で開き、親指でクリトリスを擦りながら人差し指を膣穴に差し入れました。

「新ちゃん、凄く気持ちいい・・・」

溢れ出る愛液、手はビチョビチョに濡れていました。

「由起子、入れるぞ」

「ゴムは着けないの?」

「イク時は絶対に外に出すから」

「うん、わかった」

チンポで数回マンコのワレメをなぞり、膣穴に挿入しました。
スッポリ収まったチンポ。

「由起子入ったよ」

「うん、気持ちいい」

ゆっくりリズミカルに腰を振り続け、由起子の喘ぎ声を聞きながらピストンを速め・・・。

「由起子俺、イキそう」

「私も・・・来て・・・いっぱい出して」

「もう駄目だ、イク!」

さらにピストンの動きを速め・・・。

「イ、イク!」

「私もイク、出して中に、イクッ~」

その言葉通り、膣中に放出しました。

「由起子、中に出しちゃったけど大丈夫?」

「わかんないけど、新ちゃんの子供だったら産んでもいい」

「お前、本当可愛い」

繋がったまま由起子にキスをしました。
何があっても僕は由起子と一緒になる。
そう決意をした日でした。
サンプル